1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 最終面接で決まる!転職成功のポイント

最終面接で決まる!転職成功のポイント

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・基本的なスキルやビジネスマナーを確認される1次2次面接と違い、社風とのマッチングを見られるのが最終面接
    ・面接官は社長や役員など、中枢部の社員が担当することがほとんど
    ・時間厳守、丁寧な言葉づかいなど、社会人として基本的な面接マナーはしっかり押さえておく。
    ・逆質問は企業への関心をアピールする上でも肝心。面接官の役職などに応じた適切な質問を心がける
    ・転職時は特に大切なのが「キャリアプラン」。中長期的なプランをしっかり立て、質問されたらブレない回答を

選考を通過し、無事に最終面接まで進まれたみなさん、おめでとうございます。
いよいよ転職活動の最終段階とあって、緊張する方も多い最終面接。当日を迎える前に、当コラムで改めて、面接時に注意する点をおさらいしてみませんか?

◆1・2次面接と最終面接の違いとは?

働く上で必要なスキルやマナー、これまでの経験などを見られる1・2次面接と違い、最終面接で見られるのは「社風とのマッチング」。
1・2次面接では部署の責任者が面接官となることが多いですが、最終面接では社長や会社役員が面接官を担当する企業が多いのが特徴。

事業運営の根幹となる役員が「応募者が社風に合うか」をチェックするのが最終面接における企業側の目的。事業の立ち上げ当初から関わってきた役員が、企業理念にマッチしているかどうかの判断をすることで、自社が求めている人材を採用したいと考えているようです。


◆第二新卒者が最終面接でチェックされるのはこんな部分

最終面接でチェックされるのは企業理念や社風を理解しているか、そこにマッチしているかです。
事前にwebサイトやパンフレットなどをよくチェックしておきましょう。
それに加えて、業界の専門誌などから市場動向の情報なども頭に入れておくと、事業戦略など一歩踏み込んだ分野の質問にも対応できるのではないでしょうか。

ただし、ここで注意したいのが、上から目線のような回答や逆質問にならないようにすること。企業や面接官に対して失礼にならない表現、距離感での話し方・伝え方になるように、いくつかシミュレーションしておくことをおすすめします。


◆基本的な面接マナーをおさらいしよう

先ほども触れましたが、最終面接は社長などの役員が担当することが多く、年配の方も少なくありません。
世代的にマナーを重んじる人は多いですし、第一印象を左右する部分でもあります。 
「新卒時代の就職活動でやったから大丈夫」と油断する第二新卒の方もいますが、改めて面接の流れに沿ってマナーを復習しておくのが良いでしょう。

【到着~入室】

・受付時間の10~15分前には到着する 
・受付から面接はスタートしていると捉え、丁寧な対応を心がける 
・ノックを3回してから入室。「失礼します」「よろしくお願いします」の挨拶を忘れずに

【面接中】

・面接官に促されてから着席する。背筋を伸ばし、姿勢良く座る 
・面接官の目を見て話す。複数人いるなら全員の目を見ること 
・緊張すると早口になりがちなので、普段より少しゆっくりしたペースで話すことを心がける 
・普段より1~2段階ほど大きな声で受け答えをする

【退室~帰宅】

・「ありがとうございました」と言ってから深く一礼。出る前にもドアを背に軽く一礼する 
・帰宅するまでが面接と捉え、立ち居振る舞いに気を遣う

特に、営業職の場合はビジネスマナーを重要視されていることが多いため、より一層注意が必要です。
第二新卒の方で、営業経験者の方は前職で得た経験を活かせるでしょう。 

また、最終面接ではリラックスさせるために、わざとカジュアルな対応をする面接官も。
その雰囲気をそのまま受け止めてしまい、自分まで敬語を忘れる、面接の場にふさわしくない話を長々とする、といった失敗をする応募者も中にはいるようなので、注意したいところです。
笑顔で対応しながらも、社会人らしい敬語やマナーを忘れないようにしましょう。


◆最終面接の要「逆質問」は面接官の立場によって変える

面接の最後、「何か質問はありませんか?」という問に「特にありません」と答えるのはNG。
逆質問は企業への志望度や関心をアピールする最後のポイントだからです。

そんな逆質問をするときに気をつけたいのが、面接官の立場や役職。
せっかく考えた質問でも、面接官にそぐわない質問ではマイナスな印象を与えてしまうことにもなります。

例えば、相手が人事担当者の場合。人事を担当する相手に現場での働き方を尋ねても、ピンとくる回答は得られないでしょう。また、役員面接で社長に人事や制度について質問するのも失礼にあたる場合があります。

人事担当者であれば「中途採用がどのように活躍しているか」、役員や社長であれば「創業理念の背景」など、相手にふさわしい質問をすることが肝心です。


◆質問される可能性大!「キャリアプラン」について整理しましたか?

正社員採用の最終面接でよく聞かれるのが「10年後の自分はどうなっていたいですか?」という質問。
“10年後の自分はどうなっていたいか”というのはプライベートの面ではなく、“会社でどのようなスタンスで仕事をしたいか”ということを聞いています。
転職活動では「内定をもらう」という短期的な目標に向かって動いているため、いざ聞かれたときになかなか回答が出てこない方も多いようです。

企業がこの質問をする意図ですが、以下の3つが代表的なものとして挙げられます。

・経営理念や事業戦略とマッチしたプランが描けているか 
・自分で目標設定する能力があるか 
・目標達成するために努力をしているか 

まず、企業が知りたいのは自社の事業方針とプランが合っているかどうか。あまりにもかけ離れた内容だと、モチベーションを維持して仕事ができるのか疑問に思われてしまいますし、自社にマッチした人材とはいえないでしょう。 

また、プラン内容で注意したいのが、現実的且つ具体的な目標かという点です。高い目標を設定したものの、そのプランで本当に達成可能なのかどうか冷静な目線でチェックしたいところ。「社会人として成長していたい」というような抽象的な表現も、結局どうしたいのかが伝わらないためNGです。 

そして、そのキャリアプランを叶えるために現在努力していること・しようと思っていることは何か、という点についても回答では触れるべきでしょう。目標を語るだけでなく、達成するために動くということを伝えなくては、意欲や熱意のある印象にはなりづらいからです。 

転職を成功させるためには、上記3つのポイントを押さえて、自分の価値を企業側に理解してもらえるように心がけましょう。 

今回は見本として、営業職の転職希望者という設定で以下のような回答例を作成しました。参考にしてください。 

【営業職を志望する場合の回答例】

「営業部のリーダーとして貴社の営業組織を支え、貴社の事業エリア拡大に貢献することが10年後の目標です。

貴社では、地域特性に対応した商品展開が強みで、首都圏に各支店を配置し、お客様の要望に対して細やかに対応されているのが魅力の1つと理解しています。
入社して数年は商品に関する知識や提案力を磨き、自分が担当する地域のお客様に製品の魅力を広めながらも、お客様が何を求めているのか、売上に貢献するために重要なのはどのようなことなのかを吸収していきたいです。
また、前職で培ったコミュニケーションスキルも活かしていけたらと思います。

そして、初期の目標をクリアする中でコンスタントに売上を伸ばしていき、成果を出すことを当面の課題にしたいと考えています。
エリアごとのチーム制ということもお聞きしていますので、チームとしても成果を出していくマネジメントスキルや経験を身につけていきたいです。
最終的には業務の中で培った力を営業部リーダーとして発揮できればと考えています。」


上記はあくまで一例です。
志望する企業の事業展開や職種、部署などによっても異なるため、事前にきちんと企業研究をして得た情報と自分が本当にやりたいことを整理してから、「10年後の自分」を考えてみてください。
例では「営業部リーダー」と役職を目標として挙げましたが、「こんな商品を開発したい」「こんな制度を作りたい」など、他の視点から考えてみるのもおすすめです。


今回は最終面接で注意する点を、基本的なマナーや質問などの項目別に詳しくご紹介しました。「就職活動の時と一緒でしょ?」と気を抜かずに、改めておさらいして最終面接までに備えることをおすすめします!転職活動の一助になれば幸いです。

20代向けの就職・転職サービス、ハタラクティブでは専任のキャリアアドバイザーが面接対策をフォローします。1人では準備できることに限界のある面接対策を、客観的な視点と最新の企業情報に基づいて提案することが可能です。

就活や転職活動が初めての方に対して手厚いサポート内容が魅力のハタラクティブ。第二新卒、高卒、既卒、フリーターなど、様々な方に合う正社員求人を数多く取り揃えています。

自分に合う仕事を探したい、最新の募集状況が知りたいという方も大歓迎です。ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。


関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる