ニートから正社員を目指すには?

ニートから就職できた人はいますか?

ニートから正社員になった人は沢山います。 若手を求める企業や人手不足の業界では、未経験者を積極的に採用しています。十分な選考対策をして入社意欲を示せば、職歴なしのニートも就職できるでしょう。いきなり正社員になるハードルが高ければ、アルバイトから仕事に慣れる方法もあります。 詳しくは、このコラムの「ニートだから就職は無理って本当?」をご覧ください。

ニート歴が長いと就職は厳しいですか?

ニート歴が長いほど就職は難しくなる傾向がありますが、できないわけではありません。社会人経験がない場合、年齢が若いうちは人間性や可能性を評価する「ポテンシャル採用」がありますが、30代を過ぎると経験や能力が重視されます。ニート歴が長いなら、できるだけ早い行動がおすすめです。詳しくは、「ニート歴10年でも就職できる!就活のポイントを知ろう」をご覧ください。
 

ニートから目指せる仕事はありますか?
 

採用の可能性が高いのは人手不足の業界です。 どんな仕事でも目指すことは可能ですが、採用の可能性を考えたときに候補となるのは、介護福祉や建築、ITといった人手不足の業界でしょう。人手不足の業界はとにかく働き手が必要なので、経歴やスキルについてそこまで問われないことも。詳しくは「ニートから正社員に就職するには?おすすめの仕事や面接のポイントを紹介!」をご覧ください。

具体的にどうやって仕事を探せば良いですか?

就職エージェントやハローワーク、地域若者サポートステーション、ジョブカフェといった支援機関が活用できます。 これらのサービスでは、求人の紹介や選考対策のサポートをしてくれるので、1人の就活が不安な方はぜひ利用を検討しましょう。就職エージェントのハタラクティブでは若年層の就職をバックアップしています。 支援機関については、「ニートを支援する機関にはどんなものがあるの?」も参考にしてください。

就職したいのでとりあえず専門学校に通おうと思うのですが

中途半端な気持ちや「とりあえず」で通うのはおすすめできません。 専門学校は、その名のとおり専門分野について学ぶ学校です。しっかりと学べば知識やスキル、資格を得られるので就職に有利になることもあるでしょう。  しかし、それは「専門分野以外の就職が厳しくなる」ということ。さらに、卒業するまでにはお金も時間もかかります。「ニートから就職したい!専門学校に通うメリットは?」を参考に、専門学校に進むべきか、改めて考えてみてください。

ニートの履歴書対策はどうすれば良いですか?

空白期間や職歴はごまかさずに書きましょう。ニート期間にどこかに勤めていたように記載すると、職歴詐称になってしまいます。 正社員経験がない人は、アルバイトや学生時代の経験が自己PRの題材になるでしょう。書くことがなければ、これから資格取得の勉強をして話題をつくることもできます。志望動機は使いまわさず、応募企業だからこそ入社したい理由を書きましょう。 履歴書の対策方法は、「ニートからの脱却を目指す方に履歴書の書き方を解説!」を参考にしてください。

ニートの面接対策はどうすれば良いですか?

面接でよくある質問は決まっているので、あらかじめ回答を考えておきましょう。ニートの方は、「どうして就職するつもりになったのか」を聞かれやすい傾向にあります。企業は「長期的に勤めてくれそうか」を見ているので、仕事への意欲を示せるかが重要です。 面接対策の詳細は、「ニート期間を聞かれたら?面接で気をつけたいポイント」をチェックしましょう。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION