ニートから就職して正社員になるのは無理?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・ニートでも就職して正社員になることは可能
    ・多くの企業は人手不足のため、未経験OKの正社員求人も多数存在する
    ・仕事選びのポイントは、自己分析と自分軸を見つけること

ニートから就職して正社員になるのは無理?の画像

ニートだから就職できないと思っている方は少なくないですが、本当にそうでしょうか?
当コラムでは、「ニートを脱したいけどどうすれば良いのか分からない」という方や、「働く気はあるけど、どんな仕事を選べばいいのか分からない」という方が知っておくべきことをまとめました。興味のある方はぜひご一読ください。

ニートだから就職は無理って本当?

「ニートは正社員として働けない」と思っている方は多く、インターネットなどでも「ニートだから就職できない」という書き込みやブログが多数見受けられます。
しかし、実際はニートから就職して正社員になれた人は多いです。中には30歳で初めて就職したという人もいます。
もし、ニートを脱し正社員として働きたいというのであれば、ネットの情報を鵜呑みにするのはやめましょう。多くの企業は人手不足で、未経験歓迎の正社員求人は多数あります。

仕事をしたくないわけではない、でも求職をしていないという方は、社会からの疎外感から、自分自身で「今から就職なんて無理」と決めつけているのかもしれません。最初からできないと決めつけず、まずは行動を起こしましょう。

ニートに限ったことではありませんが、就職や転職は年齢が上がるほど厳しくなる傾向があるので、就活は可能な限り早く始める方が有利です。

仕事探しのポイント

仕事を探す上で最優先させるべき事柄は、自己分析をすることと自分軸を見つけることです。
就職できればどこでもいいという姿勢では、就職後仕事を続けるのが厳しくなってしまう場合があるので、自分の得手不得手から向いていそうな仕事を考えてみましょう。

例えば、「人付き合いが苦手だが運転が得意」というのであればドライバー系の仕事、「一人で黙々と細かい作業をするのが好き」というのであれば、ものづくりや電子系の仕事などが挙げられます。
ただし、業界や職種に先入観を持たず、幅広い求人の中から探す方が就職成功の確率は上がりますので、はじめから志望業種を絞りすぎないようにしましょう。

また、企業選びの際は、自分が仕事に求めるものや勤務する上で譲れない点を明確にしておくと、就職後に後悔せず済みます。自分が何を重視しているのか、どの部分であれば妥協できるのかを考えておきましょう。
あまりピンと来ない方は、仕事内容・社風・給与・福利厚生・勤務時間・立地といった基本的な項目から優先順位を付けてみると、自分の希望をある程度把握できるかもしれません。

ニートから就職できる?就職の不安に答えるQ&A

仕事探しの方法や履歴書・面接対策など、就職希望のニートの方が抱く疑問をQ&Aで解消します。

ニートから就職できた人はいますか?

ニートから正社員になった人は沢山います。
若手を求める企業や人手不足の業界では、未経験者を積極的に採用しています。十分な選考対策をして入社意欲を示せば、職歴なしのニートも就職できるでしょう。いきなり正社員になるハードルが高ければ、アルバイトから仕事に慣れる方法もあります。
詳しくは、このコラムの「ニートだから就職は無理って本当?」をご覧ください。

具体的にどうやって仕事を探せば良いですか?

就職エージェントやハローワーク、地域若者サポートステーション、ジョブカフェといった支援機関が活用できます。
これらのサービスでは、求人の紹介や選考対策のサポートをしてくれるので、1人の就活が不安な方はぜひ利用を検討しましょう。就職エージェントのハタラクティブでは若年層の就職をバックアップしています。
支援機関については、「ニートを支援する機関にはどんなものがあるの?」も参考にしてください。

ニートの履歴書対策はどうすれば良いですか?

空白期間や職歴はごまかさずに書きましょう。ニート期間にどこかに勤めていたように記載すると、職歴詐称になってしまいます。
正社員経験がない人は、アルバイトや学生時代の経験が自己PRの題材になるでしょう。書くことがなければ、これから資格取得の勉強をして話題をつくることもできます。志望動機は使いまわさず、応募企業だからこそ入社したい理由を書きましょう。
履歴書の対策方法は、「ニートからの脱却を目指す方に履歴書の書き方を解説!」を参考にしてください。

ニートの面接対策はどうすれば良いですか?

面接でよくある質問は決まっているので、あらかじめ回答を考えておきましょう。ニートの方は、「どうして就職するつもりになったのか」を聞かれやすい傾向にあります。企業は「長期的に勤めてくれそうか」を見ているので、仕事への意欲を示せるかが重要です。
面接対策の詳細は、「ニート期間を聞かれたら?面接で気をつけたいポイント」をチェックしましょう。

就活の不安は一人で抱え込まない!

「社会人としての経験がないので怖い」「ブランク期間が長かったので社会復帰できるか分からない」「就職できてもブラック企業なのでは」と就職を不安に感じる方も多いでしょう。

また、就職活動を始めるにあたっては、履歴書や職務経歴書などの応募書類を作成しなければなりませんが、そこで書ける経歴がなかったり、自己PRできることが思いつかなかったりすると一気に消極的な気持ちになってしまうかもしれません。
面接でも、「何故ニートになったのか」「ニートの期間に何をしていたのか」「何故就職したいのか」など、必ず聞かれることになるので、これまでの自分とも向き合う必要が生じます。

もし、一人での就活が難しいと感じたら、就職支援サービスを活用しましょう。
就職支援サービスでは、自己分析や書類の書き方、面接対策などのサポートが受けられるので、不安なく就活を進めることができます。

ハタラクティブは、高卒、既卒、第二新卒、フリーターなどの若年層に特化したサービスを提供しています。
未経験歓迎求人も豊富で手厚いサポートが受けられるほか、取り扱い求人は実際に足を運んだ企業のみなので、ブラック企業に応募してしまうかもしれないという不安もありません。
まずはお気軽にご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

関連する記事

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ