フリーター生活の将来が不安…正社員になるには?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・フリーターのメリットは、時間に融通が利くことや方向転換しやすいこと
    ・雇用が不安定で、昇給や賞与のチャンスが少ないのがフリーターのデメリット
    ・応募書類や面接の対策をしっかりすれば、フリーターから正社員になれる
    ・アルバイト経験が活かせる職種を希望する場合は、積極的にスキルをアピールしよう
    ・いきなり正社員になるのが不安な人は、正社員登用制度のある企業でアルバイトから始めるのも1つの方法

「フリーターとして働いているけれど、将来が不安…」という方はいませんか?
このコラムでは、フリーターのメリット・デメリットや正社員を目指す際のポイントをご紹介します。フリーター生活を続けるか迷っている方は、ぜひ読んでください。

◆フリーターのメリット

この項目では、フリーターのメリットをご紹介します。

【時間に融通がきく】

都合に合わせてシフトを組めるため、プライベートの時間を確保できます。アルバイトによっては曜日や時間が固定制の場合もありますが、状況に応じてフルタイムで働いたり時短勤務にしたりできるのがフリーターのメリットです。

【方向転換しやすい】

チャレンジしたい職種がある場合、アルバイトであれば比較的気軽に始められるでしょう。また、正社員よりも辞めやすいことから、より多くの仕事に挑戦したい人にとって非正規での働き方はメリットとなります。

「新卒時の就活がうまくいかなかった」「実現したい目標がある」などフリーターになる理由は人によって異なりますが、柔軟な働き方ができることからアルバイト生活を続ける人が多いようです。



◆フリーターのデメリット

フリーターのデメリットは、以下のとおりです。

【雇用が不安定】

正社員は雇用期間の定めがありませんが、アルバイトの場合は有期雇用です。
正社員に比べて社会的信用度が低いため、収入によっては賃貸の契約やローンを組む際に審査の通過が難しくなることがあります。

【昇給や賞与のチャンスが少ない】

20代のうちは正社員と同等の収入を得られたとしても、年齢を重ねるにつれて差が広がると言われています。
結婚や育児などの将来を考えたときに、収入アップしづらい状況は不安要素となるでしょう。

【研修制度が適用されない】

企業によって異なりますが、「研修制度は正社員のみに適用する」という会社も。スキルアップできないとやりがいを感じられず、モチベーションを維持しづらいでしょう。

自由な働き方ができるフリーターですが、雇用面や経済面に関しては上記のようなデメリットがあります。



◆フリーターから正社員になれる?

先述したように、フリーターは雇用や収入が不安定なため、将来を心配する人は多いでしょう。
「フリーター生活が長い」「アピールできるスキルがない…」といった理由から就職を難しく思う方がいるかもしれませんが、応募書類や面接の対策をしっかりすれば、フリーターから正社員になれます。

アルバイト経験が活かせる職種を希望する場合は、積極的にスキルをアピールすることが大切。経験を活かしてどのように貢献できるか伝えることで、採用担当者は入社後に活躍する姿をイメージしやすくなるでしょう。

「いきなり正社員として働くのは不安」という人は、正社員登用制度を導入する企業でアルバイトから始めるのも1つの方法。
正社員登用制度は、アルバイトや契約社員などの雇用形態から正社員に転換する制度です。仕事内容や職場環境を事前に知れるため、正社員になってからのミスマッチを防ぐことができます。
ただし、登用実績は会社によって異なるため、事前の確認が大切です。

「正社員になりたいけれど、就活は何から始めたら良いかわからない」「面接が不安」という人は、エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブは、フリーターや高卒、第二新卒などの若年層を対象に就職・転職支援を行うエージェントです。
経験豊富なアドバイザーがカウンセリングで適性を把握し、希望に合うお仕事をご紹介。応募書類の添削や面接対策のほか、面接日時の調整といったサポートをマンツーマン体制で実施します。
当サービスのご利用はすべて無料のため、お気軽にご相談ください。




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ