思ったより気楽じゃない!フリーターでいるのが辛い理由

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 一生フリーターの悩み
  4. >
  5. フリーターの末路と将来
  6. >
  7. 思ったより気楽じゃない!フリーターでいるのが辛い理由

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・フリーターが辛さを感じるのは、金銭面、周囲の印象、社会的信用度の低さ、交友関係の狭さなどが原因であることが多い
    ・正社員になることで、辛いと感じる原因のほとんどが解消される
    ・正社員を目指すなら、求人数が多い若いうちに就活を始めよう

フリーターと聞くと、どんなイメージを思い浮かべますか?
「自由」「好きなことに時間を使える」「気楽そう」
このような印象を持たれることが多いフリーターですが、実際はどうなのでしょうか。
今回のコラムでは、フリーターが感じている辛さに焦点を当てています。フリーター生活を続けていることに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

◆「フリーターでいるのが辛い…」と感じる理由

フリーターは、正社員に比べると自由なイメージがある反面、辛いという声も耳にします。
実際、どのようなことで辛さを感じるのでしょうか?
フリーターが辛いと感じる理由は、下記のようなことが原因である場合が多いようです。

・収入が安定せず、給料に響いてしまうので休みづらい
・自分の肩書を恥ずかしく感じてしまう
・周囲からの印象が良くない
・社会的信用度が低く、各種契約や金銭的な申請が通りづらい
・友人が結婚や昇進し、疎外感を感じてしまう
・交友関係が限られ、これまでの友人とも疎遠になりやすい

どうすれば、辛いと思っている原因はなくなるのでしょうか?
次項では、フリーターから正社員になった場合、どのような変化があるのかをご紹介します。


◆正社員になれば、この辛さから解放される?

正社員になることで得られるメリットは、意外と大きいもの。フリーターから正社員になることで、下記のようなことが期待できます。

【金銭面】

正社員は、昇給やボーナスの支給があるほか、会社によっては退職金制度が設けられていることも。各種手当の恩恵を受けられるケースも多く、金銭面でのメリットが大きいのが特徴です。
フリーターは、勤務日数が少ないとその分給与に影響が出ますが、正社員は月給制が一般的なので、休日が多い月でも給与に影響が出ることはありません。

【社会的信用度】

正社員は、安定した収入を得られる為、社会的信用度が高くなります。住宅やマイカーを購入する場合もローンの審査を通過するのは難しくありません。
一方でフリーターは、安定した収入源があるとは言い難く、ローンの審査を通過するのは困難です。思い描いた人生設計を実現するためにも、社会的信用があるのとないのとでは大きな差が生まれます。

【交友関係】

フリーターの場合、学生時代の友人は正社員になり、気が付いたら疎遠になってしまったというケースも。自分がフリーターでいることに引け目を感じて会わなくなってしまうこともあるようです。
一方、正社員になると、社内はもちろん、同じ業界の人や取引先など多くの人に会う機会があります。正社員になって、交友関係が広がったという人は少なくありません。

正社員になると、フリーターのように自由に使える時間は減少するかもしれませんが、それ以上に得られるものは大きいはず。フリーターで感じる辛さの多くは解消できるのはないでしょうか。


◆フリーターに辛さを感じたら

正社員になるには、できるだけ早めに行動することが大切です。
柔軟性があり、将来の活躍に期待が持てる若いうちであれば、内定をもらえる可能性は高くなります。採用ニーズが高く、求人数が多いのも若年層ならではです。
年齢を重ねれば重ねるほど、求人数が減り、選択肢が減るのは言うまでもありません。

「フリーター生活から抜け出したいけど、どのように就活をしたらよいのかわからない…」という方は、就職エージェントを利用してはいかがでしょうか。
アルバイトをしながら、1人で就職活動を進めることに不安を感じている方でも、ハタラクティブなら経験豊富なキャリアアドバイザーがマンツーマン体制で支援させていただきます。
応募書類作成のコツや面接対策、面接の日程調整など、就活にまつわるあらゆるサポートを提供。まずはお気軽にご相談ください。




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ