フリーターが辛い理由とは?就職するメリットや年齢別の行動ポイントを解説

フリーターが辛い理由とは?就職するメリットや年齢別の行動ポイントを解説の画像

この記事のまとめ

  • フリーターが辛さを感じるのは、金銭面が明確に感じる部分である
  • フリーターから正社員になることで、辛いと感じる原因のほとんどが解消される
  • フリーターと正社員では、結婚に対しても辛いハードルの差がある
  • フリーターから正社員を目指すなら、求人数が多い若いうちに就活を始めよう

フリーター生活を続けていて「辛い」と感じている方はいませんか?年齢を重ねると収入や将来に不安を感じ、これからの生活に悩む方もいるでしょう。フリーター生活が辛いなら、早めに行動して就職を目指すのがおすすめです。
このコラムでは、フリーターでいるのが辛いと感じる理由を解説。また、正社員として就職するメリットや、フリーターから脱却するためのポイントも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

フリーターでいるのが辛いと感じる理由

フリーターは、正社員に比べると自由なイメージがある反面、「辛い」という声もあります。実際、フリーターが辛いと感じる理由には、下記のような原因が多いようです。

金銭的に厳しくなる

フリーターとして生活をしていくなら、金銭的に厳しい思いをすることになるでしょう。フリーターの場合、どうしても正社員と比べて収入が少なくなります。若いうちは、稼いだお金を好きなことに使って生活をしても問題はないでしょう。しかし、ライフステージの変化や予期せぬ事態のために備えておかないと、苦しい思いをすることになりかねません。もし、フリーター生活を今後も続けていくなら、将来の生活におけるリスクを把握しておく必要があるでしょう。

フリーターと正社員の収入格差

一般的に、正社員とフリーターの収入は約3倍の差が存在すると言われています。そのため、フリーターが生活を切り詰めて貯蓄をしていくのは非常に厳しいといえるでしょう。また、フリーターは正社員と異なり、年齢や経験を重ねていっても収入が増えることは少ないため、安い給料のままで仕事を続けることも。
また、日給・時給制のフリーターは、出勤日数に応じた収入が得られます。若い時であれば、ある程度乗り越えられるものの、年齢を重ねていくにつれて体力が低下してしまい、収入が安定せず辛い生活に陥ってしまう恐れもあるでしょう。

将来の保障がない

フリーターと正社員は給与面だけでなく、年金についても大きな差があります。正社員が得られる厚生年金に対して、国民年金の老後年金は約5万円程度です。また、フリーターは企業の福利厚生の対象に当てはまらないことが多いため、各種手当や退職金などが出ないぶん、将来に向けた貯蓄もしにくいといえます。

社会的信頼度が低くなる

フリーターは正社員と比較すると、社会的信頼度が低くみられてしまうことがあります。そのため、フリーター生活を続けていく場合、結婚が難しくなる可能性も。経済的な不安は、結婚生活にも大きく影響するものです。「将来は家族を持ちたい」「マイホームを持ちたい」と考えているのであれば、早めに正社員を目指すことをおすすめします。

フリーター生活を続けていくことについては、「【安定よりも自由】一生フリーターで良い?」もあわせてご覧ください。

未経験OK多数!求人を見てみる

フリーターから正社員として就職するメリットはある?

正社員になることで得られるメリットは、意外と大きいものです。辛いと感じるフリーターから正社員になることで、下記のようなことが期待できます。

金銭面が安定する

正社員は昇給やボーナスの支給があるほか、会社によっては退職金制度が設けられていることも。各種手当の恩恵を受けられるケースも多く、金銭面でのメリットが大きいのが特徴です。
先述したように、フリーターは勤務日数が少ないと給与に影響が出ますが、正社員は月給制が一般的なので、休日が多い月でも給与に影響が出ることはありません。

社会的信用度が増す

正社員は安定した収入を得られるため、社会的信用度が高くなります。住宅やマイカーを購入する場合も、ローンの審査を通過するのは難しくありません。
一方でフリーターは、安定した収入源があるとは言い難く、ローンの審査を通過するのは困難です。思い描いた人生設計を実現するためにも、社会的信用を得ることは重要であるといえます。

交友関係が広がる

フリーターの場合、学生時代の友人は正社員になり、引け目を感じて気が付いたら疎遠になってしまったということもあるようです。
正社員になると、社内はもちろん、同じ業界の人や取引先など多くの人に会う機会があるため、交友関係が広がったという人は少なくありません。

辛いフリーターから就職を目指す際の年齢別ポイント

フリーターから正社員としての就職を目指すのならば、若いうちから行動するのがおすすめです。ここでは、就職を目指す際のポイントを年齢別で紹介します。

20代前半は第二新卒で採用率が上がる

20代前半の場合、幅広い選択肢のなかから就職先を探すことができます。多くの企業は、将来伸びしろのある若い人材を求めています。そのため、フリーターでも20代前半なら正社員になれるチャンスは十分にあるといえるでしょう。自分の理想的な職場に就職することも、それほど難しくない可能性があります。やりたいことが明確に決まっているのであれば、積極的に挑戦してみるのもおすすめです。

20代後半はビジネスマナーやスキルが求められる

20代後半の場合は、社会人としてのマナーやスキルが必要です。この年代は、大学等を卒業してから3〜4年が過ぎているため、若手にはない経験や知識などが求められます。そのため、面接する際は、学生時代にどのような経験をしたかということよりも、これまでどのような働き方をしてきたのかという点を重視してアピールしましょう。
また、「フリーターとして働くうえでどのような経験を得たのか」も明確に伝えられると、企業側に好印象を与えられます。

30代は資格やスキルを身につける

30代の場合は、就職先を探す前に資格を取得しておくことがおすすめです。たとえば、難易度の高い国家資格に合格すれば、中途採用で雇ってもらえる可能性が高くなります。若いうちに資格を取得しておくことで、キャリアを重視する30代の就活の大きな力となるはずです。気になる資格や講座などがあれば、時間があるフリーター生活のうちに挑戦しておきましょう。

正社員になりたい人は、自己PRや志望動機の内容も重要です。「正社員になりたい人は知っておこう!志望動機や理由を伝えるコツを紹介」もあわせてぜひ参考にしてください。

フリーターの辛さから脱却する3つの方法

フリーターが辛いと感じる状況を打破するためには、以下の3つを行うことがおすすめです。これらを実践すれば、自分自身や人生について考える機会になるでしょう。

1.自己分析をして自分のやりたいことを考える

フリーターが辛いと感じるなら、「今自分がやりたいことは何か」を考えてみましょう。自己分析を徹底することで、現在の自分が持つ価値観や考え方をきちんと把握できるようになります。自分のことが理解できれば、将来望むものややりたいことなど、今まで気づかなった多くのものが見えてくるはずです。

2.就職先を選びすぎない

フリーターを脱却して就職を目指すならば、就職先を絞りすぎないようにするのもポイントの一つです。たとえば、大企業や有名企業などで働きたいと思っていても、実際それらの企業は新卒採用が中心になることが多いもの。そのため、中小企業で力と経験をつけていくことをおすすめします。

3.社会人としてのマナーを学び直す

社会人としてのマナーやスキルを学び直すことも重要です。フリーター生活では、アルバイトなどを通じてマナーやスキルは身についていると考えているでしょう。しかし、正社員とフリーターでは仕事内容や責任の違いから、すべて同一ではありません。正社員を目指すのであれば、基本的なことから学び直すこともおすすめです。

フリーターから脱却するためには、「フリーターから人生を逆転する方法」のコラムもぜひチェックしてみてください。

フリーターに辛さを感じたら早めに行動しよう

フリーターから正社員になるには、できるだけ早めに行動することが大切です。柔軟性があり、将来の活躍に期待が持てる若いうちであれば、内定をもらえる可能性は高くなります。採用ニーズが高く、求人数が多いのも若年層の特権といえるでしょう。また、若い年齢なら未経験の求人も多く、内定をもらいやすくなるので、タイミングを逃さないように就活を始めてみてください。

「フリーター生活から抜け出したいけど、どのように就活をしたらよいのかわからない…」という方は、就職エージェントを利用してはいかがでしょうか。
若年層向け就職・転職エージェントのハタラクティブでは、経験豊富な専任アドバイザーがマンツーマン体制で支援しています。求職者の適正をカウンセリングで把握し、希望に合ったお仕事をご紹介。応募書類の添削や面接対策のほか、面接日時の調整といったサポートもばっちりです。
アルバイトをしながら、1人で就職活動を進めることに不安を感じている方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

フリーターでいるのが辛い理由に関するQ&A

フリーターとして仕事をしていくなかで、このままで良いのか不安に感じて辛くなる方もいるでしょう。ここでは、フリーターの方が感じる疑問をQ&A方式で解決していきます。

フリーターでいるのが辛くなったら?

まずはどのような点で辛いと感じているのか、考えてみましょう。給与の低さや将来の不安定さからくる不安、周りと比べてしまう…など、辛いと感じるものの原因がフリーターであるかどうか見つめ直してみてください。もしフリーターであることが原因であれば、正社員になることも検討してみましょう。「フリーターから正社員になるには?就職成功のコツやおすすめの職種を紹介!」でも、フリーターから正社員になるコツを解説しています。

フリーターを続けているとどうなる?

フリーター生活を続けていると、老後にかけて経済的な不安が続きます。特に「年金暮らし」になった際、会社員に比べて少額しか支給されません。また、病気や怪我をすれば働けなくなるので、その間の生活費の工面などに困る恐れがあります。詳しく知りたい方は「フリーターのまま老後を迎える4つのリスクとは?安心できる対処法も解説」をご覧ください。

いつまでフリーターでいても良い?

将来的に正社員を目指すつもりであれば、フリーターでいられるのは一般的に20代までとされています。30代を超えると収入に大きな差が出るほか、未経験で30歳を超えると正社員として採用してもらうのが難しくなる可能性もあるでしょう。「フリーターでいられるのはいつまで?」で詳しく理由などを紹介しているので、ご一読ください。

フリーターから正社員になれる?

フリーターからでも正社員になることは可能です。「正社員経験がない」「就活は何から始めたら良いか分からない」と就活に不安を感じる人は、就職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。ハタラクティブでは、フリーターや高卒、第二新卒などの若年層を対象に就職・転職支援を行っています。ぜひお気軽にご相談ください。

ハタラクティブ
のサービスについて

こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ