面接に行きたくないときはどうするべき?当日辞退はあり?

面接に行きたくないときはどうするべき?当日辞退はあり?の画像

この記事のまとめ

  • 面接に行きたくないときは、その理由を明らかにしよう
  • 面接に行きたくない理由次第で、やるべき対処法は異なる
  • 面接が苦手なら、話す練習や想定質問が効果的
  • どうしても面接に行きたくないときは辞退するのも手

面接までたどり着いたものの、行きたくないという気持ちを抱えている方は多いのではないでしょうか。就職活動を行ううえで、面接は避けては通れません。しかし、面接に苦手意識があったり志望意欲が高くなかったりすると、面接に行きたくないと思うことも。このコラムでは、面接をポジティブに捉えられるようにする対処法や、面接辞退の方法を紹介しています。就職活動中でモチベーションが下がり気味の方は、一読ください。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

なぜ面接に行きたくないのかを考えよう

応募したのは良いものの、面接日時が近づいてくると「行きたくない」と感じる人は多いものです。まずは、自分はどうして面接に行きたくないのかを明らかにしてみましょう。理由が分かれば、自ずと対策や解決策が見えてくるはずです。

緊張してうまく受け答えができない

面接に緊張していたり、うまく受け答えする自信がなかったりすると、行きたくないと感じてしまうものです。「悪い印象を与えてしまったらどうしよう」「落ちたらどうしよう」と自分ではコントロールできない未来のことをあれこれ心配していると、緊張はどんどん高まってしまうでしょう。

面接に落ち続けている

面接に落ちてしまうと、自分の人間性を否定されたように感じてしまうこともあります。不採用の通知が続くと「自分を必要とする会社なんてないのでは」と悪い方に考えてしまいがちです。面接自体に恐怖心を持ってしまい、行きたくないと思ってしまうこともあるでしょう。

面接対策に自信が持てない

自分の面接対策が十分だと確信できず、不安に思ってしまうことも少なくありません。筆記試験のように明確な合格基準が設けられているものではないため、どれだけ準備しても納得できず、行きたくないと感じてしまうこともあります。

そもそも行きたい企業ではない

面接試験まで進んだものの、実際に入社して働くイメージがわかず、面接に行きたくないと感じ始めることもあるでしょう。面接で答える志望動機や自己PRを考えているうちに、「なぜ応募したのだろう?」「この会社に入社したいのかな」と不安や疑問が生まれ、面接に行きたくないと思うパターンもあるようです。

面接に行きたくないときはゴールを決めよう

一口に「面接に行きたくない」といっても、「面接には行きたくないけど選考は進めたい」というポジティブな思いを持っている場合と、「選考を受けたくない」と考えている場合が考えられます。面接に行くのか行かないのかのゴールを決め、それに合わせた行動を取りましょう。ここでは、面接に行くかどうかを判断する3つの考え方を紹介するので、参考にしてください。

企業の志望度や優先度を考える

面接へ行きたくないと思っているときは、その企業への志望度や優先順位を考えてみましょう。第一志望だからこそ緊張して行きたくないと思ってしまっているなら、気持ちを切り替えて面接へ臨んだほうが良いこともあります。一方、そこまで重視していない希望条件に当てはまったから応募しただけの企業であれば、辞退したほうが良いこともあるでしょう。
面接に行かないということは、その企業の選考を辞退することになります。全く同じ条件の求人は現れないでしょう。さらに、一度辞退してしまうと、もう一度その企業の選考を受けるのは難しいものです。志望度や自分が優先したいことを改めて確認し、受けるべき面接かどうかを判断しましょう。

面接に行かなかったときの未来を想像する

面接に行きたくないと思っているなら、面接予定日に面接に行かなかった場合のことを考えてみましょう
面接をしているはずだった時間を、ほかのことに有意義に使えるのなら、辞退する意味があるといえます。しかし、特にやることもなく過ごしてしまうと、「面接に行かなかった」という後悔や不安でネガティブな気分になってしまうこともあるでしょう。

さらに、将来のことも考えてみてください。その企業の面接を辞退して就職活動を続けても、この企業より志望度の高い企業を見つけられない可能性があります。ほかの企業に就職した後に、面接に行かなかった企業と関わる可能性も否めません。

面接予定日の予定や将来のことなど、面接に行かないことのメリットとデメリットを天秤に掛けて、面接に行くべきか判断してみてください。

就活のコストパフォーマンスを考える

コストパフォーマンスとは、費用対効果のことです。面接にたどり着くまでに、説明会への参加や応募書類作成など、多くの時間やお金を使ってきたことでしょう。面接に行きたくないという思いに従って辞退すれば、これまでの努力が水の泡になってしまいます。さらに、就職や転職を目指すのであれば今後も求人を探して応募書類を作成し続けなくてはなりません。これまで掛けてきた時間やお金を無駄にしたくないと感じれば、面接に参加したほうが後悔が少なく済むでしょう。逆に、面接に行かなくても後悔はないと思うなら、辞退しても良いといえます。

面接に行きたくない気持ちを少なくする方法

面接に行きたくないと思いつつ、選考は進めたいというポジティブな気持ちがあるのなら、面接に行きたくない理由に合わせて対策を行いましょう。不安や緊張が解消されれば、面接に行きたくないという気持ちが抑えられるはずです。

想定される質問の答えを用意する

面接にうまく答えられるか不安で行きたくないなら、うまく答えられるように準備すると良いでしょう。
面接でよく聞かれる質問は、自分の言葉で分かりやすく答えられるように回答を練っておきます。「面接で聞かれることとは?よく質問される項目と回答例を紹介!」のコラムも参考にしてください。自信を持って答えられる質問が多くなれば、面接中も普段どおり落ち着いて対応できるようになります。

それでも不安が拭えない場合は、リラックスすることも大切です。「今自分にできることだけに集中しよう」「分かりやすくはっきりと自分の考えを伝えよう」「焦らない」など、緊張しそうになったら自分自身に掛ける言葉を用意しておくと良いでしょう。

過去の面接を振り返る

面接に落ち続けて自信がなくなってしまっている場合は、過去の面接を振り返ってみましょう。

二次面接や最終面接に行きたくないと感じている場合は、一次面接での受け答えを振り返ってみてください。志望動機を話してから面接官の反応が悪くなったと感じたら、志望動機が企業の事業方針にきちんと沿っていなかった可能性があります。前回の回答と矛盾しないよう注意しつつ、より企業の考えにマッチした回答を用意してみましょう。逆に、面接官の反応が良かった質問も確認しておいてください。次回以降に類似の質問をされたとき、自信をもって答えられるはずです。

過去に不採用となった面接があれば、何が悪かったのか反省するのも良いでしょう。もちろん面接の結果以外も採用結果に影響するので一概にはいえませんが、自分の改善点が見つかる可能性はあります。

また、相手に良い印象を持ってもらうためには、社会人としてマナーをしっかり守ることも大切です。失礼な言葉遣いをしていないか、姿勢や表情も鏡でチェックしてみましょう。面接の反省点や収穫を整理したら、面接のことは一旦忘れてリラックスすることも大切です。気持ちの切り替えが上手くなると、面接中の小さなミスを気に病むことも少なくなります。

面接練習をする

面接対策に自信が持てないがために面接に行きたくないと思ってしまう人は、とにかく面接の練習をしましょう。

一人で面接の練習を行なっていると「本当にこれで良いのか」と不安になってしまうことも。そんなときは家族や友人など第三者からアドバイスを受けてみるのが効果的です。面接練習は、ハローワークや就職エージェントでも行えます。ハローワークでの面接練習については「ハローワークの面接練習を活用しよう!申込方法や服装はどうする?」を一読ください。自分に合った方法で、面接練習をしてみましょう。

モチベーションを上げる

選考は進めたいものの、どうしてもやる気が出ず面接に行きたくないこともあるでしょう。そのようなときは、面接に対するモチベーションを上げることが効果的です。ここでは、面接のモチベーションを上げる方法を3つ紹介します。

企業について詳しく知る

面接準備をしているうちに、「そもそもこの企業に行きたくない」「なぜ志望したのか分からない」という思いが芽生えることも少なくないでしょう。そのような場合は、もう一度企業について詳しく知り、入社意欲を高めてから面接に臨んでみてください。

OBOG訪問や懇親会など、疑問点を質問できる場を設けている企業もあります。そのような場がなくても、採用担当者に自分の不安を素直に相談することで、気持ちがスッキリする場合もあるのです。

直接企業にコンタクトを取ることがはばかられる場合は、企業研究や業界研究を改めて行ってみましょう。自分がその企業のどのような点に魅力を感じたのか、面接前に確認すると、モチベーションが維持しやすくなります。

入社後をイメージしてみる

面接に行きたくないときは、その企業に採用されたあとのことをイメージしてみましょう。どんな仕事をしたいのか、お給料はどんなことに使いたいのか、細かくイメージしてみるのも有効です。明確なイメージを持っていれば、前向きな気持ちになり、堂々とした態度で面接に臨めるでしょう。叶えたいビジョンをはっきりと持つことで、気持ちを前向きにシフトしやすくなります。

面接後のご褒美を考える

自分にとって苦手なことや憂鬱に感じることに挑む場合は、モチベーションを保つ方法として終わったあとの楽しみを作ることが有効です。「面接後に美味しいケーキを食べる」「面接のご褒美に好きな映画を見る」など、自分のテンションが上がることなら何でも構いません。ご褒美を用意しておくことで、面接に行くことが楽しみになり、面接に行きたくない気持ちは薄れていくでしょう。

当日の場合は面接会場の近くまで足を運んでみる

面接当日に「行きたくない」と感じてしまっている場合は、とりあえず面接会場近くまで出向いてみましょう。家で悶々と考えていても、不安や緊張は解消されません。深く考えずに行動に移すことで、徐々に気合いが入りモチベーションが上がることもあるでしょう。

面接に行かない方法

面接に行きたくないと思いながら企業へ出向いて面接を受けても、あなたと企業の貴重な時間を奪うことになります。面接へのモチベーションが低下して面接辞退を決めた場合は、誠意を持って連絡しましょう。

当日キャンセルは電話

面接当日にどうしても行きたくないと思ってしまった場合は、電話で連絡をいれましょう。メールで連絡をしても、面接の時間までに担当者が目にするとは限らないためです。行けなくなった事実とお詫びの気持ちを、自分の言葉で失礼のないように伝えましょう。

面接辞退の理由としては、急な体調不良が無難です。理由を聞かれなければ詳しく答えなくても問題ないでしょう。

後日面接に行きたい旨も伝える
体調不良などの理由でやむを得ず面接に行けない場合は、後日改めて面接を受けたい旨も伝えてください。日程変更をお願いして印象が悪くなることはないので、丁寧にお願いしましょう。対処法や例文は、「面接当日に体調不良に!キャンセルや日程変更はどうすれば良い?」のコラムを参考にしてください。

面接まで日数がある場合はメールでもOK

面接まで日数があるときに辞退を決めた場合は、メールの連絡でも良いでしょう。面接まで時間があれば、面接日時までにメールを読んでもらえるためです。ただし、数日経っても返答がない場合は、念のため電話でも連絡を入れておくと良いでしょう。一番企業に迷惑を掛けるのは、無断で面接に行かないことです。面接辞退のメールについては、「面接を辞退したい!連絡手段は電話?メール?基本のマナーと例文を紹介」のコラムも一読ください。

「いろいろ工夫してもどうしても面接に行きたくない」「失敗ばかりで面接が苦手」といったお悩みがある方は、転職エージェントのハタラクティブをご活用ください。ハタラクティブでは、専任のエージェントがあなたの転職活動をサポートします。面接対策や面接練習も行っているので、面接が苦手な方でも就活に前向きに取り組めるでしょう。就職活動全般に関する相談も可能です。サービスはすべて無料ですので、お気軽にハタラクティブへご相談ください。

面接に行きたくない人のよくある質問Q&A

ここでは、面接に行きたくないと憂鬱になってしまった人のよくある質問に回答していきます。

就職はしたいけど、面接を受けたくありません

面接に行きたくない理由は人それぞれです。まずは、「なぜ面接に行きたくないのかを考えよう」も参考に、自分がなぜ面接に行きたくないかを明らかにしてみましょう。理由が分かれば、対策しやすくなります。ときには、就職活動を休止してリフレッシュすることも大切です。

面接会場に足が向きません。どうすれば良いですか?

このコラムの「面接に行きたくないときはゴールを決めよう」を参考に、面接を受けたいのか受けたくないのかをはっきりさせましょう。面接を受けたいけど行きたくないなら、面接対策をするなどして、面接に対するモチベーションを上げる必要があります。逆に、面接を受ける気がないなら企業の迷惑にならないよう、丁寧に辞退の連絡をしてください。

どうしても面接に行きたくない!辞退はどうすれば良いですか?

面接を辞退することを決めたら、早めに採用担当者に連絡しましょう。前日や当日の場合は、採用担当者に確実に伝わるよう、電話で連絡するのがベターです。時間に余裕があるときは、メールで連絡しても構いません。辞退を連絡する際は、ここまで選考を進めてもらったお礼と面接を辞退するお詫びの気持ちを伝えましょう。辞退の仕方は、「面接を辞退したい…正しい伝え方とは?」のコラムも参考にしてください。

面接が苦手です。どうすればうまくなりますか?

人と話すのが苦手、面接の雰囲気が苦手、考えがまとまらないなど、面接に苦手意識を持つ理由は人によって異なります。「面接への苦手意識を克服したい!」のコラムも参考に、できることから対策していきましょう。転職エージェントのハタラクティブでは、専任のアドバイザーが面接練習や想定質問への回答を添削いたします。一人で面接対策ができないとお悩みなら、ぜひご相談ください。

関連タグ

  • arrow