面接に行きたくないときの解決法!当日辞退はあり?

面接に行きたくないときの解決法!当日辞退はあり?の画像

この記事のまとめ

  • 面接に行きたくないときはその理由を明らかにする
  • 面接に行きたくない理由によってやるべき対処法は異なる
  • 面接が苦手なら話す練習や想定される質問内容に合う答えをあらかじめ準備する
  • どうしても面接に行きたくないときは辞退するのも1つの方法

就職活動をしていると「面接に行きたくない」という気持ちになることがあります。面接は就職活動をするうえで重要なステップであり、避けて通れません。「面接に行きたくない」と感じる原因として、面接への苦手意識や志望意欲の低さなどが考えられます。このコラムでは、面接をポジティブにとらえる対処法や、面接を辞退する方法を詳しく紹介します。就職活動中で、モチベーションが下がり気味の方はぜひ参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 面接でどう答えたらいいの?
  • 履歴書の時点で落とされそう・・・
  • 仕事探したいけど、経歴が不安・・
履歴書も面接も、成功するまでサポートします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

面接に行きたくないと思う理由

面接に行きたくないと思う理由

  • 緊張してうまく受け答えができない
  • 面接に落ち続けている
  • 面接対策に自信が持てない
  • そもそも行きたい企業ではない

応募したのは良いものの、面接日時が近づいてくると「面接に行きたくない」と感じる人は多いものです。まずは、自分がどうして面接に行きたくないのかを明らかにしましょう。面接に行きたくない理由を明確にして、対策や解決策を考えることが大切です

緊張してうまく受け答えができない

面接に緊張していたり、うまく受け答えする自信がなかったりすると「面接に行きたくない」と感じてしまいます。「悪い印象を与えてしまったらどうしよう」「落ちたらどうしよう」と自分ではコントロールできない未来を心配してしまうのが、面接に行きたくないと思う理由でしょう。

面接に落ち続けている

面接に落ち続けていると、自分の人間性を否定されたように感じてしまうことがあります。不採用の通知が続くと「自分を必要とする会社なんてないのでは」とマイナスに考えて自信を失くしてしまうだけでなく、不採用通知がくるかもしれない恐怖心が、面接に行きたくないと感じる原因の一つとなるでしょう。

面接対策に自信が持てない

面接に向けて準備をしても、自分の面接対策を不十分に感じて安心できないときがあります。筆記試験のように明確な合格基準が設けられていないため、どれだけ面接対策をしても満足できず、行きたくないと感じることもあるでしょう。

そもそも行きたい企業ではない

面接試験まで進んだものの、実際に入社して働くイメージがわかず、面接に行きたくないと感じることもあります。面接で答える志望動機や自己PRを考えているうちに、「なぜ応募したのだろう」「本当にこの会社に入社したいのかな」と不安や疑問が生まれ、面接に行きたくない気持ちにつながるケースです。

未経験OK多数!求人を見てみる

どうしても面接に行きたくない…キャンセルの方法は?

面接に行きたくないと思いながら面接を受けても、時間が無駄になるだけでなく意欲も十分ではないため、良い結果にはつながりません。面接へのモチベーションが低下して面接辞退を決めた場合は、誠意を持って連絡しましょう。連絡の方法は、以下で詳しく解説するので参考にしてください。

面接の当日キャンセルは電話

当日にキャンセルする場合は、メールで連絡をしても、面接の時間までに担当者が目にするとは限らないため電話で連絡をいれましょう。行けなくなった事実とお詫びの気持ちを、自分の言葉で丁寧に失礼のないように伝えることが大切です。

面接の再調整を希望する場合

体調不良でやむを得ず面接に行けない場合は、後日あらためて面接を受けたい旨を丁寧に伝えましょう。面接当日の辞退や日程変更について詳しく知りたい方は「面接当日に体調不良に!辞退や日程変更はどうすれば良い?」のコラムを参考にしてください。

面接まで日数がある場合はメールでもOK

面接まで日数がある場合は、メールで連絡しても良いでしょう。ただし、数日経っても返答がない場合は、念のため電話でも連絡をすると確実なうえに印象も良くなります。無断で面接を欠席するのは、企業に迷惑をかけるマナー違反となるため、やってはいけません。

面接に行きたくないときは「行かないリスク」も考える

面接に行かなかったときに考えられるリスク

  • 企業からの評価が下がる可能性がある
  • 企業の志望度や優先度を考える
  • より大きな自己嫌悪に陥る可能性が高まる
  • これまで対策にかけたコストが無駄になる

面接に行きたくないと思ったら、行かない場合に起こりえるリスクを考えてみましょう。リスクが自分にとって大きいと感じるなら、気持ちを切り替えて面接に臨むべきです。

企業からの評価が下がる可能性がある

面接をキャンセルすることは可能ですが、企業も面接に向けて準備していることを理解しましょう。採用担当者は面接だけが業務ではありません。面接の時間を確保するためにほかの業務を調整したり、場所を確保したりといった準備を行っているため、キャンセルすることで「志望度は低い」といったネガティブな印象を抱かれてしまうリスクはあります

たとえ日程を再調整してもらったとしてもそのイメージは変わらないため、志望度が高い企業ほどキャンセルは控えましょう。

企業の志望度や優先度を考える

面接先の企業に対する志望度や優先順位を考えましょう。「第一志望の企業に受かりたい」というプレッシャーからの緊張で面接に行きたくないと感じているなら、気持ちを切り替えて面接へ臨んだほうが良いでしょう。

面接に行かないということは、その企業の選考を辞退することです。今後、全く同じ条件の求人が現れない可能性があるうえに、一度辞退した企業への再選考は難しくなります。志望度や自分が優先したいことを改めて確認し、受けるべき面接かどうかを判断しましょう。

より大きな自己嫌悪に陥る可能性が高まる

面接に行かなかったときの未来を想像して、面接の時間をほかのことで有意義に使えるのなら、辞退する意味があるでしょう。しかし、特にやることもなく過ごしてしまうと「面接に行かなかった」という後悔や不安から、自己嫌悪に陥る可能性があります。

また、面接の辞退後に同じ条件の企業を見つけられるとは限りません。ほかの企業に就職した後に、面接を辞退した企業と取引先として関わることも考えられます。自分の気持ちや将来のことを含め、面接に行かないことのメリットとデメリットを天秤にかけて、面接に行くべきか判断しましょう

これまで対策にかけたコストが無駄になる

コストパフォーマンスとは、費用対効果のこと。面接に至るまで、企業説明会への参加や応募書類作成・面接対策など多くの時間やお金を使ったはずです。

「面接に行きたくない」という思いで辞退すれば、これまでの努力が水の泡になってしまいます。さらに、就活を続けるためには、また求人を探して応募書類を作成しなくてはなりません。
これまでにかけた時間やお金を無駄にしたくないと感じるならば、面接に参加したほうが後悔は少ないでしょう。しかし、面接に行かなくても後悔はないと思うなら、辞退しても良いといえます。

面接に行きたくない気持ちを少なくする方法

面接に行きたくない気持ちを少なくする方法

  • 面接に対する考え方を改める
  • 想定される質問の答えを用意する
  • 過去の面接を振り返る
  • 面接練習をする
  • 気分転換の時間をつくる

面接に行きたくないと思う反面、選考を進めたい気持ちがあるなら、面接に行きたくない理由に合わせて面接対策を行いましょう。面接対策を行うことで不安や緊張が解消されれば、面接に行きたくないという気持ちが抑えられるはずです。面接に行きたくない気持ちを少なくする方法を4つ紹介します。

面接に対する考え方を改める

面接に行きたくないと思ってしまう理由として挙げられるのが、冒頭でも説明したように面接に対する怖さや自信のなさでしょう。面接に対して「怖い」と感じるのは、企業から評価されると考えているのが理由として考えられます。

しかし、面接は企業から評価される場であると同時に、応募者も企業を評価する場です。企業と応募者は対等な立場であると捉えましょう。「自分も企業に入るべきか確認している」という気持ちがあれば、面接に対する意識が変わりポジティブに取り組めるはずです。

想定される質問の答えを用意する

面接時の質問に対する回答に不安が大きいときは、うまく答えられるように準備しましょう。面接でよく聞かれる質問を事前に調べたうえで、自分の言葉で分かりやすく答えられるように回答を考えておけば、不安を払拭できるはずです。面接時の質問について知りたい方は、「面接で聞かれることとは?よく質問される項目と回答例を紹介!」のコラムを参考にしてください。

しっかりと面接対策をして自信を持って回答できる質問が多くなれば、面接中も普段どおり落ち着いて対応できるようになります。対策をしても不安が拭えないときは、リラックスできる言葉を用意しておくのも効果的です。「今自分にできることだけに集中しよう」「分かりやすくはっきりと自分の考えを伝えよう」「焦らない」など、緊張を和らげる言葉をあらかじめ準備しておき、リラックスできる状態を自分で作りましょう。

過去の面接を振り返る

面接に落ち続けて自信がなくなってしまっている場合は、過去の面接を振り返り、不採用となった原因を考えましょう。たとえば、志望動機を話した後に面接官の反応が悪くなったと感じたら、志望動機が企業の事業方針に沿っていなかった可能性があるため、企業についてきちんとリサーチし、共感できる部分を探すことが大切です。
また、面接官の反応が良かった質問も確認しておくと、次回の面接も自信をもって回答できるでしょう。

面接の反省点や収穫を整理したら、面接のことはいったん忘れてリラックスすることも大切です。気持ちの切り替えがうまくなると、面接中の小さなミスを気にすることも少なくなるでしょう。

面接練習をする

面接対策が不十分だと感じる人は、面接の練習を繰り返しましょう。一人で面接の練習をしても、「本当にこれで良いのだろうか」と不安になることもあるため、家族や友人など第三者からアドバイスを受けるのが効果的です。

ハローワークや就職エージェントでも面接練習ができます。面接準備について詳しく知りたい方は、「ハローワークの面接練習を活用しよう!申込方法やおすすめの服装は?」を参考にしてください。自分に合った方法で、面接練習をしてみましょう。

気分転換の時間をつくる

「面接に行きたくない」と気持ちが落ち込んでいる場合は、気分転換の時間をつくってリフレッシュするのもおすすめです。面接対策で頭がいっぱいになると、自分では気付かないうちに疲れやストレスが溜っている可能性があります。

気分転換の時間を意識してつくって頭をスッキリさせることで、気持ちにも余裕ができて面接に行きたくない気持ちが晴れて意欲的になれることもあるでしょう。

就職へのモチベーションを上げる4つの方法

就職へのモチベーションを上げる4つの方法

  • 企業について詳しく知る
  • 入社後をイメージしてみる
  • 面接後のご褒美を考える
  • 当日の場合は面接会場の近くまで足を運んでみる

選考を進めたい気持ちはあるのに、どうしてもやる気が出ず面接に行きたくないこともあるでしょう。そのようなときは、面接に対するモチベーションを上げることが効果的です。ここでは、面接のモチベーションを上げる方法を4つ紹介します。

1.企業について詳しく知る

面接準備をしているうちに「そもそもこの企業に行きたくない」「なぜ志望したのか分からない」という気持ちになってしまうこともあります。モチベーションが下がってしまったときは、もう一度企業について詳しく調べ、入社意欲を高めてから面接に臨みましょう。

自分が面接を受ける企業のどのような点に魅力を感じたのか再確認することも、モチベーションを維持する方法の1つです。

2.入社後をイメージしてみる

その企業に採用されたあとのことをイメージして「どのような仕事をしたいのか」「給料は何に使いたいのか」など、細かくイメージしてみるのも有効です。明確なイメージを持つと前向きな気持ちになり、堂々と面接に臨めるでしょう。叶えたいビジョンをはっきりと持つことで、気持ちを前向きにシフトしやすくなります。

3.面接後のご褒美を考える

自分にとって苦手なことや憂鬱に感じることに挑む場合は、モチベーションを保つ方法として終わったあとの楽しみを作ることが有効です。「面接後に美味しいケーキを食べる」「面接のご褒美に好きな映画を見る」など、自分のテンションが上がることならなんでも構いません。ご褒美を用意すると、面接に行くことが楽しみになるでしょう。

4.当日の場合は面接会場の近くまで足を運んでみる

面接当日に「行きたくない」と感じたら、とりあえず面接会場近くまで出向いてみましょう。家で悶々と考えていても、面接に対する不安や緊張は解消されません。深く考えずに行動に移すことで、徐々に気合いが入りモチベーションが上がることもあります。

面接に不安があるならエージェントを活用しよう

面接に行きたくない理由として、「対策が十分か分からない」「面接の独特な雰囲気がいや」などが挙げられるなら、エージェントを活用した対策がおすすめです。
就職エージェントを利用すれば、本番を想定した模擬面接や応募先企業に合わせた対策を行えるので、不安を払拭した状態で面接に臨めます。また、企業とのやり取りもエージェントが代行してくれるので、当日のキャンセルや日程調整なども依頼できるのがポイント。もちろん、面接に行きたくなくなってしまうという悩みを相談することも可能です。

「いろいろ工夫してもどうしても面接に行きたくない」「失敗ばかりで面接が苦手」といったお悩みがある方は、転職エージェントのハタラクティブをご活用ください。
ハタラクティブでは、専任のエージェントがあなたの転職活動をサポートします。面接対策や面接練習も行っており、面接が苦手な方も就活に前向きに取り組めるでしょう。就職活動全般に関する相談も受付可能です。サービスはすべて無料ですので、お気軽にハタラクティブへご相談ください。

面接に行きたくない人のよくあるFAQ

ここでは、面接に行きたくないと憂鬱になってしまった人のよくある質問に回答していきます。

就職はしたいけど、面接を受けたくありません

面接に行きたくない理由は人それぞれ。まずは、自分が面接に行きたくない理由を明確にして、対策方法をみつけましょう。
就活に疲れたときは、気分転換の時間をつくって気持ちをリフレッシュさせることも効果的です。面接に対して苦手意識が強い方は「面接が怖い!行きたくないのはなぜ?ニートやフリーターにおすすめの練習法」のコラムでも詳しく解説しているので、参考にしてください。

面接会場に足が向きません。どうすれば良いですか?

そもそも「面接を受けたいのか・受けたくないのか」をはっきりさせましょう。
面接を受けたいけれど行きたくないのなら、面接対策を強化して面接に対するモチベーションを上げる必要があります。しかし、面接を受ける気がないなら、企業の迷惑にならないよう早めに辞退の連絡をしてください。面接辞退の連絡手段については「面接を辞退するときの連絡手段は?電話やメールの基本マナーを例文で紹介」のコラムを参考にください。

どうしても面接に行きたくない!辞退はどうすれば良いですか?

面接を辞退すると決めたら、早めに採用担当者に連絡しましょう。
前日や当日の場合は、採用担当者に確実に伝わるよう、電話で連絡するのがおすすめです。時間に余裕があるときは、メールで連絡しても構いません。辞退を連絡する際は、ここまで選考を進めてもらったお礼と面接を辞退するお詫びの気持ちも伝えましょう。面接を辞退する際の対応について「面接を辞退したい…正しい伝え方とは?」のコラムで詳しく解説しています。

面接が苦手です。どうすればうまくなりますか?

「人と話すのが苦手・面接の雰囲気が苦手・考えがまとまらない」など、面接が苦手な理由は人それぞれです。
面接が苦手だと感じている人は「面接への苦手意識を克服したい!」のコラムを参考にして、自分ができることから面接対策していきましょう。転職エージェントのハタラクティブでは、専任のアドバイザーが面接練習や想定質問への回答を添削いたします。一人で面接対策に不安を感じてお悩みの方はぜひご相談ください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ

目次