新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 履歴書をミスしてしまった時の訂正方法とは?

履歴書をミスしてしまった時の訂正方法とは?

公開日:

最終更新日:

履歴書をミスしてしまった時の訂正方法とは?の画像

【このページのまとめ】

  • ・履歴書は基本的には修正をしてはならない
    ・修正液や修正テープ、砂消しゴムなどは使用しない
    ・どうしても時間がない場合は、二重線を引いて訂正印を押す
    ・間違いを減らすには鉛筆で下書きをしてから清書するのがオススメ
    ・誤字脱字がないか提出前に必ず見直しをする
    ・証明写真はまっすぐに、字は丁寧に、書類は折れやシワがないように心掛ける
    ・履歴書の内容をもっと充実させたい方は、ハタラクティブをご利用ください!

履歴書を間違えずに書くのは難しいことです。
「簡単に訂正できればいいのに…」「修正液は使ってもいいのだろうか」と考えたことがある人も多いのではないでしょうか。
こちらのコラムでは、履歴書のミスは訂正していいのか、訂正方法とはどのようなものなのかを紹介します。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

履歴書のミス、修正液で直して良い?

履歴書は基本的にミスが許されないため、修正液や修正テープを使ってはいけません。
修正したと相手に伝わってしまうと印象が悪くなったり、志望度が低いと思われたりと、それだけで不採用になる可能性もあるでしょう。
修正液や修正テープを使用した場合、それが本人によって修正されたのか第三者によって行われたのかが見分けがつかないという事態も。
また、砂消しゴムも履歴書が毛羽立ってしまうので使用してはいけません。
志望動機ではなく応募書類に修正跡があるという理由で選考に落ちてしまうというのは、誰もが避けたいケースだと思います。
修正が必要な箇所を見つけた場合には、面倒だと感じても最初から書き直すことがオススメです。

しかし、どうしても時間がないときや提出する直前に気づいたときは、二重線を引いて訂正印を押すことで間違いを正しましょう。
訂正印は公的な書類に使うものなので、履歴書の修正にも使用可能です。
線が歪んでいると更に悪い印象に繋がる可能性もあるため、二重線を引くときはものさしを使って綺麗な線を書くことをおすすめします。
また、水性ボールペンや消えるボールペンは最初から使用しない方が良いでしょう。
水性ボールペンはにじみやすく、書いた直後に触れると紙が汚れてしまうのが難点。
消えるボールペンは温度によって色が消えるため、履歴書が少しでも熱いところに置かれたら白紙になってしまいます。
間違えるリスクを軽減したい場合は、鉛筆で下書きしてからボールペンでなぞるのがおすすめ。その際、下書きの線を必ず消すように心掛けます。
手書きで履歴書を仕上げるのは大変ですが、時間に余裕をもって訂正箇所のない書類を作成しましょう。

基本の注意点をおさらいしよう

応募書類は提出前に必ず見直しをし、誤字脱字がないかチェックしましょう。
誤字が多いと注意力がなく、「仕事にも問題が出るのでは?」と思われてしまうかもしれません。
身近な人に見てもらうことで自分では気づかなかったミスを発見できる場合も。
また、証明写真はまっすぐに張り、字は丁寧に書き、書類は折れやシワがないように気をつけましょう。
適当にしてしまうと、だらしない人や意欲がない人と思われてしまいます。実際、履歴書で人柄を判断する担当者は多いので、注意が必要です。

学歴や職歴の年号を書く時は、西暦か元号のどちらでも良いですが、必ず統一します。
自己PRや志望動機は、小さ過ぎる字でぎっしり書くと読みにくくなるので気をつけましょう。
伝えたいことを簡潔にまとめ、適度な改行や箇条書きを用いるなど、「相手が見やすい」ことを重視することが大切です。
また、文字の開始位置や余白を揃えると、書類全体が綺麗に見えます。
細すぎるペンを使ってしまうと見えにくいため注意が必要です。
応募書類は返却されないケースもあるので作成した履歴書のコピーをとっておくと、選考が通ったときどのような書類を送ったのか振り返ることができます。

また、パソコンで履歴書を作成するのも一つの手です。
間違いがあった場合でも簡単に修正できるので、時間の短縮になります。
しかし、パソコンで作成した履歴書を歓迎している企業もあれば手書きが推奨されている企業もあるので、企業の傾向や募集要項をしっかり確認しておきましょう。

書類作成の指導はハタラクティブへ!

「書類を一人で作成するのが不安…」「もっと内容を充実させたい」と考えている方はハタラクティブを利用してみませんか?
若年層に特化した就活支援サービスであるハタラクティブでは、履歴書の書き方や面接対策など、プロの就活アドバイザーがマンツーマンでサポート。
自己分析や志望動機のお手伝いはもちろん、あなたに合った求人を紹介しています。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ