本日面談できます!

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 最終面接の逆質問!印象アップするポイントとは?

最終面接の逆質問!印象アップするポイントとは?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・最終面接の逆質問では、事前に調べればわかることや、待遇に関する質問は避けるべき
  • ・事前に調べた情報だけでは「どうしてもわからなかった」ことを質問すると効果的
  • ・企業の今後を担っている重役クラスの社員の考えや思いをたずねる時のポイント
  • ・入社後を見据え、自分に何が必要か、どんなスキルを活かせそうかたずねるという方法
  • ・逆質問を始め面接対策に悩んだらハタラクティブへ

NGな質問例

最終面接での逆質問は、単に疑問を解消するだけでなく自分の意欲をアピールするチャンスでもあります。

質問を投げかけるということはそれだけその企業に興味があるということですし、強い印象を残すこともできるでしょう。

しかし質問の内容によっては悪い印象を与えかねませんから、「とりあえず聞いておけばいいだろう」という態度は避けましょう。

例えばもし自分が面接官だったとして、「企業理念は何ですか」と聞かれたらどう思いますか?「ホームページに書いてあるだろう」と思ってしまうのではないでしょうか。
同様に「従業員数は」「事業所の数は」といったような、事前に調べればわかるようなことを聞いてしまうと、あまり志望度が高くないのではないかと思わせてしまうことがあります。
また、福利厚生に関する質問も最終面接では避けるべきです。
福利厚生は労働者の権利ですから、その実態がどうなっているかを知る権利は当然あるのですが、そこが強調されてしまうと「仕事よりも制度に魅力を感じている」と思われかねません。
面接官からすれば、そのような応募者に対しては自社で採用する必然性は感じなくなってしまうでしょう。

事前情報を膨らませよう

面接官は企業のことをよく知った上で、「ここで働きたい」という意欲を持った応募者を求めています。

そのため、逆質問では“会社のことをよく調べている”ことがアピールできると良い印象が持たれやすいでしょう。

例えば「ホームページで○○という経営戦略について拝見したのですが、もう少し詳しく教えていただけますか」、「会社説明会で今後の社員育成についてお話されていましたが・・・」といった風に、“可能な限り自分で調べたけど、どうしてもわからなかったこと”ということをアピールできると効果的な逆質問になります。
事前に得ている情報を基に、一歩踏み込んだ質問をしてみましょう。

また、最終面接では社長や重役クラスの社員と話すことが多くあります。
すなわちこれからの会社の経営を担っていく人たちですから、そのような人たちの想いや考えを聞くことで、会社の将来を考えているという印象を与えることができるかもしれません。 
その際には「差し支えない範囲で教えていただけますか」という一言を添えると更に印象がアップします。
個人の考えとはいっても、社外の人間に話せることとそうでないことがあります。この一言を添えれば、「それをわかった上で質問している」というビジネスパーソンとしての気遣いを見せることができるでしょう。

御社で活躍したい!というアピールも○

「入社までに勉強しておくべきことを教えてください」「どのような資格・スキルが御社で活かせますか」こういった質問も逆質問の例でよく挙げられます。
入社後にその会社の役に立つには何が必要で、自分に何が足りないか、ということを質問すれば、やる気アピールと共に謙虚な姿勢を見せることができるでしょう。
最終面接に残るような人材ならば、「やる気」はあって当たり前です。それだけではなく、プラスαで何かを見せることで印象アップを目指しましょう。
また具体的にやるべきことを聞くことで、仕事への意欲が口先だけではないことが伝わりますし、自分にとっても有益な情報を得ることができます。

このように、逆質問は単に聞きたいことを聞く場ではなく、最後のアピールチャンスでもあります。
最近では会社と応募者の相互理解のために逆質問の時間を長くとっている企業もありますから、2~3個は質問できるように準備しておきましょう。

面接対策を始め、就活や転職活動のお悩みは、ハタラクティブにご相談ください。
6万件のカウンセリング経験を持つプロの就活アドバイザーが、マンツーマンでサポートさせていただきます。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    カウンセラーの人が親身になって下さり、コロナ禍でもありながら、内定…

    2020/09/29

  • Jun

    担当して頂いた方の丁寧かつ迅速な対応でスムーズに転職活動がすすみ、…

    2020/09/18

  • 羽場健二

    カウンセラーの方が親身に最後までサポートしてくれたおかげもあり無事…

    2020/09/18

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

 

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?