フリーターが将来設計を早目にした方がいい理由

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. フリーターが将来設計を早目にした方がいい理由

公開日:

最終更新日:

現在フリーターをしている方の中には、将来について漠然とした不安を抱えている人もいるのではないでしょうか。雇用が比較的安定している正社員に比べて、フリーターのキャリアプランは設計しにくいという現状があります。 ここでは、フリーターと正社員には長期的にどのような違いがあるのか、将来的にフリーターを続けることのリスクは何かについてご説明します。

◆フリーターの将来、正社員と比べてどう違う?

フリーターが将来のキャリアや人生設計を考えるとき、正社員と比較してどのような違いあると考えられるでしょうか。

まず、正社員の場合、定期的に働きぶりや成果が評価され、昇給やボーナスに反映される傾向があるのに対して、フリーターは年齢を重ねても大きく年収が増えることが期待できない傾向であるのが現実です。
会社の制度によっては、住宅手当や家族手当などの手当や、営業成績に応じたインセンティブ、退職金などが支払われることがありますが、これらは正社員に限られる場合が多いと考えられます。

また、正社員は勤務した期間を経験と見なされ、中長期的に専門的なスキルが身につくことが期待できますが、フリーターの経験は「職歴」として見なされないという傾向にあります。

そのため、長く勤務しても知識や技術を身につけてそれを武器に転職する、ということが考えにくいのがフリーターの特徴です。さらに、フリーターの社会的信用は残念ながら高いとは言えません。
これは一般的に正社員に比べて雇用が不安定であることや年収が低いことが原因であり、マンションなどのローンを組むときに断られる可能性もあります。

◆フリーターの仕事は一生続けられる?

フリーターの仕事と言ってもさまざまな種類があり、中にはもちろん自らの意志でフリーターの道を選んでいる人もいるでしょう。生涯フリーターでいることも無理ではありません。

しかし、正社員ではなくアルバイトという雇用形態で人材を募集している雇用主の多くは、定年まで働いてくれる人を探しているわけではありません。飲食業や販売業の場合、すぐに働ける人を募集することが多く、特別なスキルや資格が必要ではない代わりに早く仕事を覚えてくれる人や明るく接客ができる人、シフトの融通が利く人などが好まれる傾向にあります。
必然的に学生や若手のアルバイトを採用することが多いため、フリーターにとっては年齢が上がるにつれて求人件数が減少し、転職活動が難しくなるという点が挙げられます。同時に、引越し業や運送業など体力が求められる仕事においても、年齢が上がると仕事を継続することが体力的に困難になると考えられます。

また、20代前半のうちは正社員と大きく変わらなかった年収は、20代後半以降からどんどん差が広がっていくことが予想されます。結婚を考える年齢になってもフリーターのままでいる場合、結婚資金や子どもの養育費、家や車の購入などの計画が立てにくいと考えられ、結婚相手やその家族から難色を示されるかもしれません。

◆正社員になるなら早めに行動すべき

このように、フリーターは年齢が上がるにつれてキャリア修正が難しくなり、将来的に金銭面での問題に直面する可能性があるといえます。

特に目的がないままにフリーターを続けているという方は、早い段階で正社員の道を考えてみてはいかがでしょうか。
20代の若手向けには、正社員経験がないという方でも応募可能な求人が多くあるので、早めに就活を始めることをおすすめします。ハタラクティブは、若手層や第二新卒を中心に就職活動の支援をしている転職エージェントです。
将来何をしたいかわからない、就活の始め方がわからない、といった漠然とした相談にも、ハタラクティブの就活アドバイザーが親身にアドバイスを行っています。未経験歓迎の求人も多く取り扱っていますので、初めて就活する方でも安心してご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ