1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 年収手取り一覧からわかる企業の働きやすさとは?

年収手取り一覧からわかる企業の働きやすさとは?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・求人広告に掲載されている年収は額面上のもので、実際にもらうことができる手取りとは異なる
    ・手取りとは額面給与から税金や保険料を控除したもので、額面給与の75%~80%になる
    ・転職や就職活動では手取り年収一覧などで手取りを比較することが大事なので、詳しいエージェントに相談するのがおすすめ

仕事選びの際にやはり気になるのは年収です。求人広告を見ても、まず底に目が行くという人も少なくないでしょう。しかし、基本的に求人広告に掲載されている年収は額面給与を元に計算されています。
「本当にもらうことができる金額」であるところの手取り年収を正確に把握しないまま、求人に応募するのはリスクが高いです。そもそも手取りとは何なのか、また、どのようにして算出されるのか詳しく解説します。

◆手取りとは?

手取りとは収入から税金や社会保険料等の諸経費を差し引いた残りの金額のことです。実際に手に入る金額と言っても良いでしょう。
求人広告に掲載されているのは基本的には基本給のため、手取りを正確に把握することが大事です。

額面給与は基本給、残業代、その他手当を足し合わせたものですが、ここから所得税、住民税、年金、健康保険料を控除として引いた金額が手取りとなるのです。それぞれの項目について詳しく見てみましょう。

【会社から支給されるもの】

・基本給
毎月支払われるように決まっている基本的賃金。残業代手当、役職手当等の諸手当、出来高によって支払われる歩合給はここには含まれません。

・時間外労働手当
基本的な残業代のことです。

・超過勤務手当
深夜残業、休日出勤などによる残業代で、金額が割増されています。

・資格手当
業務上必要とされる資格を持っている人に支給されます。

・住宅関連手当
住宅補助制度がある会社で特別に支給されます。

・出張手当
出張するともらえる手当です。

【控除として給料から天引きされるもの】

・健康保険
保険料は会社と社員で半額ずつ負担することになりますが、企業が加入している健康保険組合によって保険料率も異なります。

・介護保険
40歳以上になると加入義務が発生します。

・厚生年金
会社と社員で半額ずつ負担する、将来年金をもらうために払う掛金です。

・雇用保険
失業した時に失業給付を受けるための保険で、業界によって保険料率は異なります。

・所得税
給与から非課税となる諸手当をのぞいた部分にかかる税金です。給料支払い時に源泉徴収として天引きされますが、確定申告することで精算されます。

・住民税
前年の年収によって金額が決まる、居住地の都道府県・市町村に納める税金です。

◆年収とは

年収とは年間に受け取る給与のことですが、手取りではなく額面給与で計算されるのが一般的です。基本給、残業代、各種手当、交通費などすべて合算し、ボーナス等も込みで算出されます。
しかし、保険料や所得税などの総控除額が引かれる前の金額であるという点は注意が必要です。

毎月の給与明細を見ると総支給額から総控除額を引いた差引支給額すなわち手取りが掲載されています。
これを一年間合算した時にいくらになるかが「年収手取り」というわけです。

◆年収別の手取り給与はどれくらい?

一般的なケースで、手取りは額面給与の約75%~80%とのことです。配偶者、扶養者の有無によって違いもありますが、おおよそ以下のような金額になります。

【年収手取り一覧】※額面給与の8割で計算

年収200万円の場合→約160万円
年収300万円の場合→約240万円
年収400万円の場合→約320万円
年収500万円の場合→約400万円

【額面月収30万円の手取り】

独身→238,000円
扶養家族1人→242,000円
扶養家族2人→247,000円
扶養家族3人→252,000円
扶養家族4人→256,000円

年収手取り一覧を見てみると、額面給与がアップするほど手取りが少なくなることがわかります。これは、所得税は給与が増えるほど税率がアップする累進課税であるということに起因しています。

また、扶養家族が増えるほど所得税も住民税も優遇されます。扶養家族とは収入のない専業主婦、親、16歳以上の子どもなど、いわゆる収入を得ている人に養われている人たちのことです。
ただし、16歳未満の子どもは子ども手当てが支給されるので扶養家族にはカウントされない点に注意しましょう。

◆自分の年収、手取り収入を知るには?

自分の年収、手取り年収を正確に知るには、給与詳細は源泉徴収票をしっかりと見ることをおすすめします。
転職に際しては前職の年収を質問されることもあります。そのような時には手取りではなく額面上の年間総支給額を答えるようにしましょう。
交通費、経費精算分などを除いた基本給、残業代、ボーナス等の一年間に支給されたお金をすべて合算したものを答えるのです。

よく手取りを計算しても、やはり今の給与や待遇に納得できないという場合には、転職を視野に入れることもおすすめです。ハタラクティブなら、就活アドバイザーに相談しながら転職活動を進められます。

ハタラクティブは、既卒や第二新卒、フリーターなどの若年層を対象とする就職・転職支援サービスです。
これまで数多くの就職・転職に関わってきたアドバイザーが、求職者に対してマンツーマンで企業研究をサポートします。
「手取りはどれぐらいになるのか」といった自分では会社に聞きづらい内容など、何でも相談してみてください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる