進退伺いの意味とは?書き方のポイントを例文付きで紹介

進退伺いの意味とは?書き方のポイントを例文付きで紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・進退伺いとは、会社に損害を与えるレベルの重大なミスを犯したときに提出する文書
  • ・業務上で何らかの過失を犯したときは、進退伺いを書く前にトラブルの対応をする
  • ・進退伺いでは、自分の責任を認めて最終的な処分は会社の判断に任せるのがポイント

進退伺いの意味や書き方が分からない人は多くいるでしょう。進退伺いとは、会社に損害を与えるレベルの重大なミスを犯したときに提出する文書のこと。このコラムでは、進退伺いの意味や他文書との違いなどを紹介しています。また、書き方のポイントを例文付きで紹介しているので、進退伺いの提出が必要になったときはこのコラムを参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

進退伺いとは?

進退伺いとは、業務上で何らかの過失を犯したときに提出する文書。提出基準は、会社に損害を与えるレベルの重大なミスを犯した場合です。進退伺いを提出する目的は、トラブルを犯した本人もしくはその上司が、処分の指示を上司に仰ぐため。なお、進退伺いを書くときは、退職の意思表示を含めません。自らの過失を認めたうえで処分はすべて会社の判断に任せます。

辞表(退職届)との違い

進退伺いと辞表(退職届)の違いは、「辞職の判断を相手に委ねるか自分で決定するか」です。進退伺いは、自身の過失を認めたうえで最終的な処分を会社の判断に委ねる文書のこと。一方、辞表(退職届)は労働者が退職の意思を一方的に伝える文書を指します。

一般的に、労働者が重大なミスを犯して会社にダメージを与えた場合、会社は懲戒解雇の判断を下すことが多いようです。処分の決定前に辞表を出していれば、懲戒解雇を免れられる場合もあります。ただし、基本的に辞表は受理されないと考えておいた方が良いでしょう。

始末書との違い

進退伺いと始末書の主な違いは、記入者です。基本的に、進退伺いはミスを犯した者の上司、始末書はミスを犯した本人が書きます。

始末書を簡単に表現すると「反省文」です。過失が起きた経緯や謝罪、今後の対策などについて、ミスを犯した本人が記入します。
進退伺いは、過失を犯した者の上司が監督不行き届きだったことへの責任を負う目的で提出するのが一般的です。処分の判断はすべて会社に委ねます。

始末書の意味や書き方を詳しく知りたい方は「始末書ってどんな書類?顛末書や詫び状との違いとは」をご参照ください。

進退伺いを書く前に行うべきこと

業務上で重大な過失を犯してしまったら、進退伺いを書く前にトラブルへの対応をしましょう。トラブルへの対応とは、過失が起きた状況や背景を整理し、ありのままの状況を上司に報告することです。トラブルの原因が誰にあるのかはっきりしていない状態で進退伺いを作ると、不当な処分に繋がる場合があるので気をつけましょう。
上司へトラブルの状況を報告する際は、以下の順に話すと要点が伝わりやすくなります。

・1.結論:どのようなトラブルが起きたか
・2.状況の説明:トラブルに対して現在どのように対応しているか
・3.解決策:実現性のある解決策は何か

上司に状況を報告するときのポイントは、事実に沿って簡潔に話すことです。ありのままの現状を簡潔に伝えることは、実際に進退伺いを書くときにも重要なポイントとなります。言い訳やうその情報を伝えると状況を悪化させる可能性があるため注意してください。

進退伺いの書き方

進退伺いは手書きでもパソコン作成でも構いません。重要なのは、進退伺いとしての体裁が整っているかです。この項目では、進退伺いを書くときに必要な項目や書き方のポイントなどを紹介します。進退伺いを作成する際はぜひ参考にしてください。

必要な8つの項目

進退伺いに必要な項目は以下の8つです。

・1.提出日
・2.宛先(社長が一般的)
・3.タイトル(「進退伺い」)
・4.提出者の情報(氏名、役職)
・5.過失内容
・6.自分の責任を認める文章
・7.謝罪の言葉
・8.いかなる処分も受ける旨を伝える文章

必要な項目を書き込めたら、最後は「以上」と書いて本文を締めましょう。

書き方の3つのポイント

進退伺いの書き方で重要なポイントは、「簡潔に書く」「自分の責任を認める」「処分は会社に任せる」の3つです。

1.本文は簡潔に書く

進退伺いの本文は、要点を押さえて書きましょう。余計な情報が入っていると、読み手が状況を的確に判断できなくなる可能性があるため注意してください。

2.自分に責任があることを書く

進退伺いでは、自分の責任を認めましょう。本文内で言い訳をしたり弁解しようとしたりすると、余計に処分が重くなることも考えられます。

3.処分は会社に任せる

過失を認めたうえでの最終的な処分は、会社の判断に任せましょう。進退伺いは、あくまでも「伺い(指示を仰ぐこと)」です。自分の意思表示をしてしまうと書類の意味が変わってしまうので注意しましょう。

進退伺いの例文

ここでは、進退伺いを書くときに役立つ例文を紹介します。自分がミスをした場合と部下がミスをした場合に分けて紹介するので、書き方に悩んだときは参考にしてみてください。

自分がミスをした場合の進退伺いの例文

「令和○年○月○日に起きた○○○(トラブルの概要)は、ひとえに私の責任です。会社に多大な損害を与えたこと、心よりお詫び申し上げます。今後、いかなる処分も謹んでお受けいたしますので、進退につきましてご指示をお待ち申し上げます。」

自分がミスを犯して進退伺いを書く場合は、初めに自分の責任を認める文章を書きます。その後、謝罪理由を明確にしたうえでお詫びの言葉を述べましょう。最後は、処分の判断を会社に委ねる文章で締めます。

部下がミスをした場合の進退伺いの例文

「令和○年○月○日の○○○(トラブルの概要)は、私の監督不行き届きによって起こったものです。会社に大変な損害を与え、さらに、多くのお客様へご迷惑をお掛けしたことに対して深くお詫び申し上げます。いかなる処分も謹んでお受けいたしますので、進退につきましてご指示を賜りますようお願い申し上げます。」

部下のミスによって進退伺いを書く場合は、部下への監督が行き届いていなかったことに対しての責任を認めましょう。そのあとは、謝罪の言葉を述べて処分の指示を仰ぎます。

会社で起こった何らかのトラブルによって退職を余儀なくされた方や再就職が難しいと悩んでいる方は、就職・転職エージェントのハタラクティブを活用してみませんか?

ハタラクティブでは、経験豊富なアドバイザーがマンツーマンで就職をサポートします。
トラブルを起こしたことについて、履歴書へどのように書けば良いのか分からない場合も丁寧に指導するので安心です。
ハタラクティブは、あなたの社会人としての再スタートをお手伝いします。
再就職でお困りの方は、ぜひ一度ハタラクティブにご相談ください。

進退伺いって何のこと?進退伺いの疑問を解消するQ&A

「進退伺い」と聞くことはあっても、詳しい意味を知らない人は多いでしょう。進退伺いを書くことになったときに必要な知識を、Q&A形式で分かりやすくまとめました。

進退伺いとは何でしょうか?

業務上何らかのミスがあったときに、過失に対する自分の責任を認め、「自分は会社を辞めた方がいいか?」と上層部に尋ねる書面です。進退伺いを提出するのは、会社に深刻な損害を与えるミスをしたとき。主に中間管理職以上の社員が提出します。処分としては、減給や左遷など何らかのペナルティを課せられる場合と、退職に話が進む場合、特におとがめがない場合があるようです。詳しくはコラムの「進退伺いとは?」をご覧ください。

進退伺いは辞表とは別物ですか?

進退伺いと辞表は別物です。辞表は会社を辞める意思を伝えるものですが、進退伺いは「私は会社を辞めた方がいいか?」と今後の処遇を尋ねる書面。辞表は受理された時点で退職が決定する一方で、進退伺いは提出しても退職処分になるとは限りません。

進退伺いでの退職は「自己都合退職」と「会社都合退職」のどちらになりますか?

進退伺いでの退職は自己都合退職となります。進退伺いを出した後の退職は、「懲戒解雇」として手続きしますが、懲戒解雇は雇用保険法で自己都合退職になると決まっています。
一般的に、リストラなどの会社からの働きかけによる退職は会社都合退職となります。しかし、懲戒解雇は過失に対するペナルティとしての解雇なので、自己都合退職として扱われます。詳しくは、「自己都合退職。会社都合との違いは?」をご覧ください。

進退伺いにはどんなことを書くのですか?

進退伺いには、過失の内容や自分の責任を認める文章、謝罪、いかなる処分も受け入れるという文章を記述します。進退伺いには感情的な内容や言い訳は入れず、事実関係について正確かつ簡潔に記すのがポイント。
詳しくはこのコラムの「進退伺いの書き方」を参考にしてください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION