1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 進退伺いって何?含まれる意味と書き方は?

進退伺いって何?含まれる意味と書き方は?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・進退伺いは、重大なミスを犯したときに、自分への処分について会社に指示を仰ぐための書類
  • ・進退伺いを書く際は、過失の内容と謝罪に徹し、余計な言い訳や弁明は入れないようにしよう
  • ・転職でお悩みの際は、ハタラクティブがおすすめ

進退伺いは、会社にダメージを与えるような重大なミスを犯したときに、始末書とは別途で作成する書類です。
できれば書かなくて済むに越したことはないですが、万が一のことが起きたときは、本コラムを参考にしてください。

進退伺いとは?

進退伺いは、業務上でなんらかの過失を犯したときに、責任を持って辞職すべきか上司に指示を仰ぐこと、またはその内容を記した文書のことを指します。
自らの過失を認めた上で、会社の判断を待ちますと言う意味合いを持っており、会社に損害を与えるレベルの重大なミスをしたときに提出する書類です。
過失を犯したときに提出するもののため、併せて「始末書」を求められる場合もあります。
また、部下が大きなミスをした際も、上司が監督責任を問われ、部下とともに進退伺いを提出しなければならない場合もあるようです。

進退伺いと辞表の違い

先述したように、進退伺いは、過失を犯した際に、それを認めた上で会社を辞めるべきか上司にお伺いを立てるものです。
対して、辞表(あるいは退職届)は、労働者が自らの意思で労働契約を解除することを会社に伝えるための書類となります。
労働者が重大なミスを犯して会社にダメージを与えた場合、基本的に会社は「懲戒解雇」という判断を下すことが多いようです。
懲戒解雇は、処分が下る前に辞表を出していれば免れる場合もありますが、辞表は受理されない可能性が高いと考えたほうが良いでしょう。
進退伺いは会社の処分に従うという意味合いがあると同時に、会社の穏便な対応を期待して提出する場合もあるようです。

進退伺いの書き方

進退伺いは、どのように書けばいいのでしょうか。
できれば書く機会がないことがベストな書類ですが、万が一書くことになってしまった場合は、下記を参照してください。

書くべき項目

・提出日
・宛先(社長が一般的)
・提出する本人の氏名、役職
・過失の内容
・自分の責任を認める文章
・謝罪の言葉
・いかなる処分も受ける旨を伝える文章

<文例>

平成○○年○月○日頃に起きた○○○は、ひとえに私の○○○によるものです。
会社に多大なる損害を与え、お客様にもご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。
今後、いかなる処分も謹んでお受けする所存でございますので、進退につきまして、ご指示をお待ち申し上げます。

・書き方のポイント
過失の内容と事実関係についての簡潔な説明に徹し、言い訳や弁明などといった、余計な感情を込めた文章は入れないようにしましょう。
また、基本的にパソコンではなく、手書きで丁寧に書くのが一般的なようです。

・トラブルの解決に尽力し、落ち着いてから進退伺いを書く
もしも過失を犯してしまった場合は、トラブルの解決を最優先にして仕事に臨みましょう。
進退伺いを書くのは、過失の処理が一段落してからでも遅くはありません。

以上を踏まえ、過失を起こしてしまった際は、しっかり向き合って適切な対処を取るようにしましょう。

進退伺いって何のこと?進退伺いの疑問を解消するQ&A

「進退伺い」と聞くことはあっても、詳しい意味を知らない人は多いでしょう。進退伺いを書くことになったときに必要な知識を、Q&A形式で分かりやすくまとめました。

進退伺いとは何でしょうか?

業務上何らかのミスがあったときに、過失に対する自分の責任を認め、「自分は会社を辞めた方がいいか?」と上層部に尋ねる書面です。進退伺いを提出するのは、会社に深刻な損害を与えるミスをしたとき。主に中間管理職以上の社員が提出します。処分としては、減給や左遷など何らかのペナルティを課せられる場合と、退職に話が進む場合、特におとがめがない場合があるようです。詳しくはコラムの「大進退伺いとは?」をご覧ください。

進退伺いは辞表とは別物ですか?

進退伺いと辞表は別物です。辞表は会社を辞める意思を伝えるものですが、進退伺いは「私は会社を辞めた方がいいか?」と今後の処遇を尋ねる書面。辞表は受理された時点で退職が決定する一方で、進退伺いは提出しても退職処分になるとは限りません。

進退伺いでの退職は「自己都合退職」と「会社都合退職」のどちらになりますか?

進退伺いでの退職は自己都合退職となります。進退伺いを出した後の退職は、「懲戒解雇」として手続きしますが、懲戒解雇は雇用保険法で自己都合退職になると決まっています。
一般的に、リストラなどの会社からの働きかけによる退職は会社都合退職となります。しかし、懲戒解雇は過失に対するペナルティとしての解雇なので、自己都合退職として扱われます。詳しくは、「自己都合退職。会社都合との違いは?」をご覧ください。

進退伺いにはどんなことを書くのですか?

進退伺いには、過失の内容や自分の責任を認める文章、謝罪、いかなる処分も受け入れるという文章を記述します。進退伺いには感情的な内容や言い訳は入れず、事実関係について正確かつ簡潔に記すのがポイント。
くわしくはこのコラムの「進退伺いの書き方」を参考にしてください。

再就職はハタラクティブへ!

会社に損害を与えるレベルのトラブルはできれば避けたいですが、いつ何が起こるかは予測できないものです。
自分自身が気をつけていても、部下が過失を起こした場合は、共に責任を取らなければいけない可能性もあります。

会社で起こったなんらかのトラブルで退職を余儀なくされた方、再就職が難しいと悩んでいる方は、就職・転職エージェントのハタラクティブを活用してみませんか?

ハタラクティブでは、経験豊富なアドバイザーが、親身になってカウンセリングを行います。
トラブルを起こしたことについてどのように履歴書を書けばいいのかわからないというときも、丁寧に指導するので安心です。
ハタラクティブは、あなたの社会人としての再スタートをお手伝いします。
再就職でお困りの方は、ぜひ一度ハタラクティブにご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる