目指せ円満退社!転職前の会社の辞め方まとめ

目指せ円満退社!転職前の会社の辞め方まとめの画像

【このページのまとめ】

  • ・最初に転職活動を在職中に行うか、退職後に行うかを決める
    ・退職の意志はまずは直属の上司に伝えるようにし、相談という形で切り出すのがポイント
    ・退職したい時期の1~3か月前に伝える
    ・退職理由は不満や愚痴にならないように伝え、前向きな印象にできると良い
    ・退職日が決まったら、退職願の提出→引き継ぎ→挨拶→退職というように進んでいく

そろそろ転職したい、今の会社を辞めたい…そう思っても、何から始めればいいのかわからない!と悩んではいませんか?
このコラムでは、円満退職して転職するためのポイントを段階ごとに解説しています。スムーズに会社を辞めて転職を成功させたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

◆計画的な転職活動で退職をスムーズに!

会社を辞めたい…と思ったら、まずは在職中に転職活動をするのか、退職後にするのかを決めましょう。
在職中の転職活動は時間が取りづらい、転職活動に集中できないというデメリットがある一方、職歴の空白期間ができない、金銭的に不安定になることがない…というメリットがあります。

退職後の転職活動には、すぐに内定が獲得できないと空白期間が長引いてしまう、給与や失業保険が振り込まれない期間は金銭的に不安定…というデメリットがある一方で、転職活動に集中できる、面接時間に融通が利くなどのメリットがあります。
どちらにも良い点、悪い点は存在するので、自分にあった転職活動の方法を選ぶようにしましょう。

また、退職時期を決める際に考えておきたいのが、引き継ぎにどのくらいの時間がかかるかということ。余裕をもった期間を想定しておけば、辞める直前に引き継ぎが終わらなくて仕事に追われてしまう…というような事態を防げるでしょう。


◆円満退職のポイント

今の職場はもう辞めるとはいえ、できれば円満に退職したい…と考えるもの。円満退職のポイントは、退職意思の伝え方や伝える時期などに気をつけることです。

【退職の意志は誰に伝えるべき?】

まずは直属の上司に相談しましょう。身近な先輩や同僚に話したくなってしまうかもしれませんが、本来社員の退職というのは機密事項に値するもの。気軽に言いふらさないようにしましょう。また、退職について直接相談する前に、噂として上司の耳に入ってしまうようなことも避けなければなりません。

【退職を伝える時期はいつ?】

退職を伝える時期は、法的には退職日の14日前でも問題はありません。しかし、ほとんどの企業では就業規則によって1~3か月前には伝えるようにと定められているため、それに従うようにしましょう。
業種によっては繁忙期がありますが、忙しい最中に退職しては迷惑をかけてしまう可能性も。繁忙期を避けられれば、円満に退職できる可能性が高まります。

【伝え方のポイント】

退職の意志を伝える際に注意したいのが、「辞めたい」という一方的な話し方にならないようにすること。まずは相談という形で切り出し、上司との合意の上で退職日を決められれば円滑に退職できるでしょう。


◆退職理由は前向きなものにしよう

「会社を退職したい」と言うと、必ずといって良いほど尋ねられるのが退職理由。
実際の理由は給与などの条件が合わない、残業が多い…などネガティブなものかもしれませんが、会社への不満や愚痴をそのまま相手に伝えるのはやめておきましょう。
もしそれが事実であったとしても相手を不愉快にさせてしまいますし、「条件を改善するから残ってほしい」と引き止めにあう可能性もあります。

退職理由は「自分の都合であること」を強調し、「○○にチャレンジするため」などできるだけ前向きなものにすると良いでしょう。


◆退職が決まってからの流れ

退職が決まったら、【退職願の提出】→【引き継ぎ、残務処理、挨拶】→【退職】というようなフローで退職日までを過ごすことになります。

【退職願の提出】

上司と相談して退職日が決まったら、退職願(退職届)を提出しましょう。
どちらを提出するかは就業規則を確認し、特に定められていない場合は退職願とするのが無難です。

【引き継ぎ】

後任者に業務の引き継ぎを行います。口頭での説明だけでは理解することが難しい可能性もあるため、できれば文章やデータを残して引き継ぎができるとベストです。
引き継ぎには思わぬ時間がかかってしまうこともあるため、退職日の3日前を目処に早めに終わらせられるような計画にしておくと良いでしょう。

【社内外への挨拶】

退職するにあたり、お世話になった方々に挨拶をしましょう。近年ではメールでの挨拶が増えているようですが、ハガキでの挨拶状は丁寧な印象を与えるため、特にお世話になったという取引先や顧客の方にはこちらを選んでも良いかもしれません。

【退職時の手続き】

会社に返却するもの、会社から受け取るものを事前に確認しておきましょう。
社会保険や年金の手続きは、退社後すぐに転職する場合は次の会社に任せられますが、しばらく間が空く場合には自分で行う必要があるため、要確認です。
また、自分が使っていたデスクやロッカーなどはきれいに清掃し、会社の備品を誤って持ち帰らないよう注意しましょう。

◆退職や転職の相談はハタラクティブへ!

退職、転職にあたってはすることがたくさん…何から手をつけていいのかわからないと悩むこともあるのではないでしょうか。
そんなときに転職活動をサポートしているのが、若年層に特化した就職支援サービスのハタラクティブです。

ハタラクティブでは専任のアドバイザーが転職、退職時のお悩みをしっかりヒアリングし、ご利用者の方に合わせたアドバイスを提供しています。
ひとりで転職するのは不安…とお悩みの方は、まずはお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION