わかものハローワークでフリーターから就職を目指す!

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. わかものハローワークでフリーターから就職を目指す!

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・ハローワークには、フリーターや無職の若者の就職支援を行う「わかものハローワーク」がある
    ・わかものハローワークは厚生労働省が設置し、主に都道府県が運営している



フリーターから就職を目指す皆さんは、若者向けのハローワークがあることをご存じでしょうか? 
今回は若年層専門の就職支援窓口である「わかものハローワーク」の全体像と、利用方法などについてまとめています。

◆若者向けハローワークってどんなところ?

ハローワークには、全年齢を対象とした通常のハローワークのほかに、フリーターや無職の若者の就職支援を対象とした「わかものハローワーク」があります。

わかものハローワークでは専門の職員が常駐し、個別に支援をおこなってくれるほか、職業相談やカウンセリング、就職後に定着度を高めるためのフォローなども提供。
また、全国に25カ所あるわかものハローワーク以外にも、「わかもの支援窓口」や「わかもの支援センター」といった名称で相談を受け付けている場所があります。
サービスの対象となる年齢は45歳未満(東京わかものハローワークでは35歳未満)。正社員経験のないフリーターや就業経験自体がない若年層を対象としています。 

参照元:厚生労働省 「正規雇用を目指す若者を、専門的に支援します!」
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/wakamonoshien.pdf 

もちろん、通常のハローワーク窓口でも就職・転職活動は可能です。
しかし、年齢による制限を設けて専門性を高めているこれらの窓口では、よりきめ細やかなサービスを受けられます。

必要であれば、お近くの窓口を探してみてはいかがでしょうか。

◆わかものハローワークの運営母体と利用方法は?

わかものハローワークは厚生労働省が設置し、主に都道府県が運営を行っています。
提供されるサービスには、費用はかかりません。 

わかものハローワークの利用方法は、場所によって若干の違いがあるようですが、ほとんどの場合、電話で予約をしてから足を運び、利用に関する説明を受けたのち、実際のサービスを受けるといった流れのようです。
ちなみに横浜わかものハローワークでは、「プレ相談」という初回相談とガイダンスを兼ねた機会を設けています。 

就職活動は、エネルギーを使うもの。
さまざまな企業の採用担当者との面接に向けて、単独で活動するよりも助言してくれる人がいた方が心強いものです。
わかものハローワークは、フリーターや未経験者が正社員就職を目指すための、最初のステップを手助けしてくれます。

参照元:神奈川ハローワーク「横浜わかものハローワーク」  
http://kanagawa-hellowork.jsite.mhlw.go.jp/list/marumaru/kanrensisetu/_119843.html 

就職・転職エージェントのハタラクティブは、高卒や既卒、第二新卒、フリーターの方を中心とした若年層に特化した就職支援サービスを実施。
経験豊富なアドバイザーが、厳選した1000件以上の求人からあなたに合うお仕事をご紹介します。

面接対策や応募書類の添削、就職後のフォローなども無料で行っていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ