新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ヤングハローワークとは?サービス内容や利用方法をご紹介!

ヤングハローワークとは?サービス内容や利用方法をご紹介!

公開日:

最終更新日:

ヤングハローワークとは?サービス内容や利用方法をご紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・ヤングハローワークとは、若者に特化した就職支援サービスを指す
  • ・ヤングハローワークの利用対象は、正社員経験がない人や正社員経験が浅い人
  • ・個別の担当がついたり年齢制限があったりするのが通常のハローワークとの違い
  • ・ヤングハローワークでは職業相談や求人情報の検索、職業訓練の紹介などを行っている
  • ・ヤングハローワークのサービス内容は地域によって差がある

監修者:佐藤真也

キャリアコンサルタント

やりたいことやできることを一緒に考えて、ライフスタイルやご希望にマッチする仕事探しをお手伝いします!

「ヤングハローワーク」とも称される若者の求職者に特化したサービスをご存知ですか?このコラムでは、ヤングハローワークの概要と利用方法をご紹介します。
通常のハローワークとの違いや、どのようなサービスを提供しているのかなども詳しくまとめました。就職支援機関を積極的に利用すれば、就職活動を効率的に取り組めるでしょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ヤングハローワークとは?

ヤングハローワークとは、若者に特化した「わかものハローワーク」「わかもの支援コーナー」のことを指します。どちらも正社員を目指している若年層の求職者を専門的に支援する機関です。
2020年4月1日時点で、わかものハローワークは全国に28箇所、わかもの支援コーナーは全国に33箇所あります。所在地は厚生労働省のWebサイトに記載されているので、気になる人はチェックしておきましょう。

また、一部のハローワークでは「わかもの支援窓口」が設けられており、ここでも同様の支援を行っています。わかもの支援窓口の有無は、各都道府県労働局か最寄りのハローワークに問い合わせて確認しましょう。

ハローワークとの違いは?

ヤングハローワークと通常のハローワークには、以下の3つの違いがあります。

年齢制限がある

わかものハローワークを利用できるのは、基本的に45歳未満の求職者です。ただし、年齢の上限は各地域で異なるので注意してください。たとえば東京の場合は35歳までとなります。

正社員経験がない、もしくは正社員経験の浅い人が対象

わかものハローワークは「正社員経験がない」「正社員経験が浅い」といった人を利用対象にしているのが特徴。これまで正社員として働いた経験が少ない人を支援しています。

個別の担当者がつく
わかものハローワークでは担当者がつき、個別支援を行います。初回利用時に一人ひとりに支援プランを作成するので、それぞれの状況に応じた活動が可能です。職業相談員には企業の人事や労務管理の経験者がいるので、適切なサポートが受けられます。若者の就職支援に特化した人材を採用しているのも特徴です。

 

参照元:
厚生労働省「わかものハローワーク
わかものハローワーク・わかもの支援コーナー一覧

ヤングハローワークのサービス内容

ここでは、ヤングハローワークのサービス内容を具体的にご紹介します。どのようなサービスを行っているのかを正しく理解し、就職活動に役立てましょう。

職業相談

就職支援ナビゲーターが応募書類の書き方や求人検索の方法、就職への不安といった悩みに寄り添い、相談に応じます。マンツーマンで丁寧に指導を行うため、通常のハローワークよりカウンセリング時間が長く取れるようです。履歴書・職務経歴書といった応募書類の添削や、模擬面接による面接指導も行っており、選考段階ごとに相談できます。

求人情報の検索

ハローワークが保有する全国の求人情報から、希望条件に合った仕事を探せます。ハローワークネットサービスを利用すれば、地元企業だけでなく広範囲で検索可能です。
また、インターネット未公開の求人を取り扱っている場合も。Uターン・Iターン・Jターンといった希望の相談にも応じます。

各種セミナー開催

東京・神奈川・愛知・大阪・福岡のわかものハローワークでは、就職に役立つ短期集中セミナーやグループワークを開催しています。セミナーの内容はキャリアコンサルティングや経験交流などで、期間は5日間程度。時期は限定されておらず、年間を通して定期的に実施されています。

職業訓練の紹介

職業訓練の紹介や職業訓練受講給付金の支給などを行い、仕事に使える実践的なスキルの習得を支援しています。

なお、個別相談やセミナーの参加には事前予約が必要な場合もあります。サービスを受ける際の段取りは、事前に確認をしておきましょう。

ヤングハローワークのサービス内容には地域差がある

ヤングハローワークが提供するサービス内容は、地域によって違いがあります。一部地域のサービス内容をまとめたので、参考にしてみてください。

東京

渋谷区から徒歩3分に立地する「東京わかものハローワーク」では、職業相談・紹介・求人検索に加えて以下のサービスを利用できます。

応募書類作成PC

フォーマットを使用して応募書類を作成できるサービスです。ただし、USBなどの外部データは持ち込み不可となっています。

適性診断PC

能力・行動特性・職業興味などを調べ、適性診断ができるサービスです。結果はプリントアウトでき、これをもとに窓口でアドバイスを受けられます。

ジョブクラブ

「正社員就職を目指しているが、どのように就職活動を進めたら良いのか分からない」と悩む人達を応援するグループワークです。同じ悩みを抱える仲間同士で励まし合えるので、就活へ前向きに取り組めるでしょう。

大阪

梅田にある「大阪わかものハローワーク」では、35歳未満の人を利用対象としています。特徴的なサービスは以下のとおりです。

就職面接会

書類選考なしで面接が行われる就活イベントです。当日参加も可能で、扱う求人はすべて経験不問となっています。面接が必須ではないため、会社説明会のみの参加も可能です。

面接トレーニング

面接トレーニングの参加定員はおよそ15名、指導時間は2時間30分となっており、スーツ着用で本格的な面接指導を行います。開催は月に2回。服装や入退室のマナーといった面接の基本はもちろん、結論から述べるPREP法のレクチャー、個別フィードバックといった充実した内容で編成されています。

埼玉

「埼玉わかものハローワーク」は45歳未満が利用対象です。提供しているサービスは就職相談・求人検索・模擬面接など基本的なものが中心。個別相談利用者の就職率は約80%(平成30年度)と、たしかな実績を残しているのが強みです。

また、「35歳からの就活サポートコーナー」では就職氷河期世代を専門に支援しています。

札幌

「札幌わかものハローワーク」も45歳未満の人が対象です。基本サービス以外で特徴的なのは、心理的な支援を必要としている人に対して、専門家によるカウンセリングを行うサービス。こちらは予約制となっています。

金沢

「ヤングハローワーク金沢・新卒応援ハローワーク」では、大学・短大・専門学校などの新卒者を含めた35歳未満の若者が利用対象です。ここでは基本的なサービス以外に、日本で就職活動を行う外国人留学生を支援する「留学生コーナー」を設けています。

鹿児島

「ヤングハローワークかごしま(鹿児島新卒応援ハローワーク)」では、中学・高校・大学などの在校生および既卒3年以内の方、おおむね35歳未満の方の就職活動を支援。職業適性診断や社会保険労務士による巡回相談などを行っています。

熊本

「熊本ヤングハローワーク」はジョブカフェくまもとに併設されています。おおむね35歳未満を対象としており、職業相談や求人の紹介を実施。「気になる求人が見つからない」という場合でも的確なアドバイスを行っています。

参照元
東京労働局 東京ハローワーク「東京わかものハローワーク
大阪労働局 大阪ハローワーク「大阪わかものハローワーク
埼玉労働局 埼玉ハローワーク「若者向けハローワーク等
北海道労働局 北海道ハローワーク「札幌わかものハローワーク
厚生労働省 石川労働局「ヤングハローワーク金沢・新卒応援ハローワーク
厚生労働省 鹿児島労働局「行ってみよう!ヤングハローワーク(鹿児島新卒応援ハローワーク)
ジョブカフェくまもと「熊本ヤングハローワーク(ジョブカフェくまもと内)

ヤングハローワークの利用の流れ

この章では、実際にヤングハローワークを利用するときのステップをご紹介します。

1.受付と登録

まずは最寄りわかものハローワークに訪問し、受付と登録を行います。このとき予約の必要はありません。登録とガイダンスで、1時間ほどかかることが多いようです。混雑時にはさらに時間がかかることもあるので、余裕を持って到着しましょう。

2.個別相談

個別相談を希望する場合、予約が必要なこともあります。窓口で確認し、必要であれば希望する日時に申し込みしましょう。

3.各種サービスの利用

求人検索や応募書類作成PC、適性診断PC、セミナーやグループワークへの参加など、各種サービスを利用します。

4.求人の検索と応募

求人検索や相談員からの紹介で気になった企業があれば応募します。面接日程の調整や企業への連絡は、相談員の方が担当です。

5.紹介状の発行

面接が決まると、紹介状が発行されます。紹介状とは、企業の所在地や面接予定日といった選考に関する基本的な情報が記載されたもので、応募書類と一緒に企業に提出する書類です。提出方法は企業の指示に従ってください。

6.面接を受ける

予定された面接日に企業を訪問し、採用面接を受けましょう。

ヤングハローワークを活用する際の注意点

注意してほしいのは、ヤングハローワークに出ている求人のすべてが優良とは限らないということ。企業がヤングハローワークに求人を出すのに費用はかかりません。そのため、労働環境や経営状況が悪い企業の求人情報が紛れる可能性もあると考えられるでしょう。
また、ヤングハローワークは地域によって営業時間が異なります。最寄りのヤングハローワークの受付時間をきちんと調べてから利用しましょう。

ヤングハローワークのように、若年層に特化したサービスは民間の就職エージェントにも存在します。選択肢を広げ、できるだけ早く就職したいという人は、ヤングハローワークと併用して民間の就職エージェントを利用してみるのも良いでしょう。

就職・転職エージェントのハタラクティブは、20~30代の若年層を対象とした就職支援サービスです。専任の就活アドバイザーが、マンツーマン体制でカウンセリングし、あなたの就職活動をフルサポート。希望に沿った求人紹介をはじめ、応募書類作成のアドバイスや面接対策、入社後のアフターフォローなどを行っています。サービスはすべて無料でご利用可能です。まずはお気軽にご相談ください。

ヤングハローワークに関するQ&A

ここでは、ヤングハローワークについての疑問をQ&A形式で解消します。就活中の方は参考にしてみてください。

ヤングハローワークとハローワークの違いは何ですか?

ヤングハローワークは「わかものハローワーク」や「わかもの支援コーナー」のことを指します。その名のとおり若年層の求職者を支援するもので、通常のハローワークにはない年齢制限が設けられているのが特徴の一つ。また、正社員経験が少ない人を対象にしている点や、個別の担当者がつく点も、通常のハローワークと異なります。

ヤングハローワークでは何ができますか?

職業相談や求人情報の検索など、就活をスムーズに進めるためのサポートが受けられます。また、各種セミナーや職業訓練に参加することもできるため、知識やスキルを得たい方にも役立つでしょう。詳しくはこのコラムの「ヤングハローワークのサービス内容」をご覧ください。

ヤングハローワークのサービスは全国一律ですか?

地域によって、やや違いがあります。他にはない就活支援サービスを行っていたり、年齢制限が高めに設定されていたり各地域ごとに特徴があるため、足を運ぶ前に調べてみると良いでしょう。詳しくはこのコラムの「ヤングハローワークのサービス内容には地域差がある」をご覧ください。

ヤングハローワークの利用に手続きは必要ですか?

必要です。最寄りのヤングハローワークに訪問し、受付と登録を行いましょう。予約は不要ですが、ガイダンスを含む手続きには1時間ほどかかることも多いようです。混雑している可能性も考慮し、余裕をもって訪問しましょう。

ヤングハローワークでの就活がうまく進みません。

ヤングハローワークで自分に合った求人が見つからない場合は、ほかの求人サービスを併用するのが賢明です。ハタラクティブは民間の就職エージェントですが、若年層に特化した就活支援をすべて無料で提供しています。アドバイザーがマンツーマンでサポートしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ