新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ハローワーク紹介の求人で面接!大切なこと、NGなこと

ハローワーク紹介の求人で面接!大切なこと、NGなこと

公開日:

最終更新日:

ハローワーク紹介の求人で面接!大切なこと、NGなことの画像

【このページのまとめ】

  • ・国が所管している求職者を支援する機関で地域に根付いた求人が多く集まる
    ・ハローワークを利用するには求職申込書を提出するところからスタート
    ・ハローワーク経由の面接は紹介状を一緒に提出することが決まっている
    ・条件を満たせば求職者支援制度でスキルアップを図れる

仕事探しといえばハローワーク。そんなイメージをお持ちの方は少なくないでしょう。近年増加している就職エージェントとは何が違うのか、サービスや特色を見てみましょう。



ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

ハローワークってどんなところ?

国が所管している求職者を支援する機関で、正式には公共職業安定所(こうきょうしょくぎょうあんていじょ)といいます。
求職者にとっては仕事を斡旋・仲介してくれるところで、事業者にとっては求人を広告してくれるところです。
全国の自治体に設置されていて、その地域に根付いた企業の求人情報を多数紹介し、労働力の需要と供給を成立させることが基本的な業務といえます。
ハローワークは仕事を探す場所です。その場ですぐに面接…なんてことはありませんので、普段通りの格好で構いません。
ジーンズやジャージを着ている人、中にはスーツにネクタイの方もいて様々です。
特に決まりはありませんので、服装のことは気にせず利用できます。
ハローワークに行く時の持ち物はこれと言って決まっていません。雇用保険を受給される方でなければ、準備するものはほとんどないでしょう。
しいて挙げるとすれば、時に筆記用具が必要になることもあるので、持っておくと便利です。
また、自分のためにメモできる紙を用意していると、いざ気になる求人がみつかればすぐにメモを取ることができます。
ハローワークの営業時間は原則として平日は8時30分から17時15分までです。
中には例外があり、都市部に所在しているキャリアアップハローワークは17時以降でも営業しています。さらに休日も利用できる場所も。


【求職の手順】

ハローワークの利用について詳しく説明していきます。
まずはハローワークを訪れるところからスタート。
ハローワークに入ると受付があるので、職員に声をかけて、求職者登録をしたい旨を伝えましょう。
その時、求職申込書を渡されるので、それに記入します。筆記用具は備えてありますが、持参しておくとスムーズに作業できます。


・最寄のハローワークを訪れる
・求職申込書に記入
・ハローワークカードを受け取る(求職申し込みの有効期間は受理した日の翌々月まで)


では、求職申込書とはどんなものでしょうか。
求職申込書について説明します。


【求職申込書とは】

求職申込書は、ハローワークを利用して求職するために必要な手続きです。ご自身の希望職種や労働条件などを記入し、提出。これが受理されることで求人情報を紹介してもらえます。
また、失業保険を受給する場合にも、求職申込書が必要です。求職者登録されている事が前提でないと失業保険は給付されません。


失業保険をもらえる要件

・就職をすることへの高い意欲
・すぐにでも就職できる能力
・就職活動を行なっているがなかなか就職先が見つからない


要は、失業保険を受給するには仕事を探している姿勢が求められるということです。よって、この求職申込書を提出し、求職していることを証明します。
加えてこの求職申込書は、求人倍率の算出に使用される基礎データとしても必要なものです。


記入内容

・連絡先(固定電話、FAX、携帯など)
・基本情報(氏名、生年月日、現住所、家族など)
・就職についての希望(就業形態や職種、収入、勤務地など)     
・学歴
・職業訓練校受講歴
・免許、資格    
・これまでの就業経験


記入はボールペン、鉛筆どちらを使用してもいいです。
希望する職種や給与といった条件を書く時は明確になっていないと悩む部分ではありますが、これは目安程度なので、実際に探している中で変えていっても問題はありません。
それでも書き方に悩むことがあれば、窓口で丁寧に教えてくれますので、問い合わせましょう。


ハローワークが提供しているサービス

ハローワークが求職者支援として提実施されているサービスは以下です。


・人材紹介
・雇用保険の適用
・助成金や給付金の手続き、支給
・雇用管理
・その他


ハローワークは求人を探すだけの施設ではありません。
雇用保険被保険者資格の取得をはじめ、失業保険の給付金、能力開発に関わる助成金の手続き・支給を受けられる場所です。
ただ、無料で職業紹介を行うのは、「日本国憲法が定める勤労権を担保するため」ということから、職業の斡旋がメインサービスといえるでしょう。


その中でも、求職者へのサポートは個々の希望やペースに応じた対応を行われています。
下記は求職者に行なっている様々なサポート体制です。


・職業相談

「求職活動について分からないことがある」「気になる求人票があるが知りたい情報が載っていない」など、疑問に思ったことを何でも質問することが可能です。
窓口に相談してみると、場合によっては企業に問い合わせてくれることがあり、即座に疑問が解決できる仕組みになっています。


・個別相談

1on1で相談することが可能。ただし、この場合は予約形式になっているため、個別での相談を行いたい場合は事前に窓口に問い合わせましょう。


・面接練習

模擬面接を対応されているので、ハローワークでも面接の練習や対策ができます。
入室から体質までの一連の流れを体験できるほか、実際に面接を受ける時の服装で行うところがあるようなので、外見のマナーをチェックしてもらえるようです。


・合同面接会開催

ハローワークの主催で就職面接会が開催されています。


・セミナー案内、開催など

ハローワークの主催でセミナーを開催されています。その内容は、書類選考に特化したものや面接対策、職業訓練、介護系など広範です。


ハローワーク求人の面接を受けるとき

転職活動でハローワークを利用した時に、応募したい求人があった場合は紹介状が必要です。


【紹介状とは】

これはハローワークの求人を応募する際に必ず必要なものです。
応募したい求人が決まると、ハローワークに紹介状を発行してもらいます。
履歴書と同封して送るか、面接の時に持参するかは企業の選考次第です。
紹介状は、応募する本人が直接ハローワークに行かないと発行してもらえません。


・紹介状の内容

自分の名前、応募先の企業名、地図、企業の記入欄など


・紹介状の役割

企業が本人確認できる
企業側が助成金を申請するのに必要(ハローワークを通して採用すると助成金が出る)
ハローワーク側の情報収集(企業は紹介状に不採用の理由を書いてハローワークに提出する義務がある)


ハローワークでは、応募したい求人が決まったら、職員が先方の会社と連絡を取ることになっています。
連絡がついたら「紹介状」を渡されるので面接の時に持参。書類選考がある場合は、履歴書に同封して送ります。


ここで覚えておきたいのは、紹介状があるからといって内定がとりやすくなる、他の応募者より有利になるというわけではないということです。
あくまで本人確認の為に存在する紹介状なので、内定の評価アップに繋がるとは考えないようにしましょう。


【紹介状をもらったけど辞退したい】

紹介状を受け取った後に考え直したい…そんなことはよくあること。
しっかりとした理由があれば辞退することは問題ないです。
まずは辞退したい旨をハローワークに伝えます。その時、簡単に理由を説明しておくといいでしょう。
時には、自ら企業に辞退する旨を連絡しなければならない時もあるので、十分考えた上で決めた方がよさそうです。


「今回もまた辞めよう」が重なって辞退が続くと、ハローワークが紹介状をくれなくなるリスクがあります。
辞退したことの履歴はハローワ何度も辞めてしまうことで「安易に決めていたのか」「やる気が無いのか」などと印象つけされてもおかしくありません。
辞退することを決めたら、理由を添えて企業側とハローワークに丁寧な口調で説明するようにしましょう。


面接に行く前に覚えたい、面接の心得

書類選考が通過したのもつ束の間、面接が待っています。
面接は企業側に自身のことを直接伝えられる大きなアピールタイムと言っていいでしょう。
ただ、実際には「何を答えたら合格になるんだろう」「事前準備って必要かな」「自分の立ち振舞は大丈夫かな」など、色んなことに不安を抱えたり、緊張してしまったりして普段の自身を上手にアピールできないこともしばしば。
時には、書類選考がなく、履歴書とハローワークの紹介状を持って面接からスタート!なんてこもあります。
こんな場合にやっておくといいのが事前準備。
緊張や不安を緩和できるのは、やはり備えです。基本的な質問への回答を考え、面接対策をしておくと力を発揮できるでしょう。


面接対策 ~質問編~

・自己紹介
・志望動機
・自己PR
・逆質問
など


面接では清潔感やマナーも見られています。


面接対策 ~マナー編~

・面接会場についてからの振る舞い
・清潔感のある見た目への配慮(髪型、爪、服装など)
・入退室の仕方など


面接対策 ~印象編~

・こわばらず、笑顔で対応
・話し手、聞き手を意識(適宜目を見る)
・明るく丁寧な口調
・背筋を伸ばして姿勢を正す


ハローワークからの紹介状や履歴書は、面接担当者に求められる前に自分から提出しましょう。


求職者支援制度って何?

(参照元URL:http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/kyushokusha_shien/dl/kyusyokusya02.pdf)


失業給付の対象とならない求職者の就職を国が支援する制度です。
この制度が制定された背景には、非正規労働者や長期失業者が増加していることが挙げられます。
早期就職を目指して、求職者支援訓練もしくは公共職業訓練を無料で受講できるほか、訓練をスムーズに受講できるよう職業訓練受講給付金を受けることが可能です。


求職者支援訓練には、基礎コースと実践コースがあります。


・基礎コース

どの職種においても必要な基礎的能力を習得できるコースです。


・実践コース

基本的能力に加えて、その職種に特化した実践的能力をまとめて習得できるコースです。


ハローワークが1人1人に合わせた就職支援計画を作成されます。


【支援の対象となるのはどんな人?】

前提にあるのは労働の意思と能力があること。労働に対する意欲は大切です。


・ハローワークに求職申込書を提出済み
・雇用保険被保険者、雇用保険受給資格者ではない
・ 職業訓練といったサポートを行う必要性をハローワークが認定


ex)
・雇用保険に加入できなかった
・雇用保険の失業給付(基本手当)を受給中に再就職できないまま、支給が終了した
・雇用保険の加入期間不足により失業給付を受けられない
・自営業を廃業した
・就職が決まらないまま学校を卒業した
など


【訓練の内容や期間などについて】

訓練コースの種類は、基礎コースと実践コース、建設人材育成コースとあります。
基礎コースは訓練期間が2~4か月、実践コースは3~6か月と定められていますが、建設人材育成コースについては労働安全衛生法に規定された技能講習の修了資格の取得次第です。
訓練にはオプションコースがあり、育児や介護といった事情を考慮した短時間訓練や託児サービスが付いた支援も行なっています。


職業訓練校で受講できるコースは様々です。パソコン講座、介護、ファイナンシャルプランナー…など、領域も広いことから、自身の能力開発に力を注げるチャンスといえます。



ハローワーク求人の面接に関するQ&A

ハローワークを利用して参加する面接にはどのような特徴があるのか、Q&Aで疑問を解消していきます。


面接までの流れを教えてください。

応募したい求人が見つかったら、職業相談員に伝えましょう。
条件等に問題がなければ、相談員が企業へ手続きを取ってくれます。その後、ハローワークが発行する紹介状と履歴書を持参して面接に参加。不明点があれば、相談員を通して応募先企業に確認してもらいましょう。「ハローワークに初めて行く人向け利用ガイド!」で詳しく説明していますので、ご覧ください。


どれくらいで合否がわかりますか?

通常は7日~10日程度で結果がわかります。
面接の場で結果を伝えられることもありますが、応募者が殺到して結果通知に時間がかかることも。面接の結果は、電話やメール、郵送で伝えられるのが一般的です。面接から2週間を経過しても連絡がない場合は、ハローワークに確認しましょう。面接後の結果が遅くなる理由については「結果待ちは辛いよ。最終面接後、連絡がこない理由とは?」で紹介していますので、参考にしてください。


同時に複数の面接を受けることはできますか?

面接に必要な紹介状は、同時に複数枚を発行することが可能です。
枚数の上限はハローワークによって異なり、一度に3枚までのところもあれば、上限がないところもあるようです。自分が通うハローワークに確認しておきましょう。紹介状については「ハローワークの紹介状の役割は?受けとった後の注意点」で詳しく触れていますので、ぜひ参考にしてください。


内定が出たらハローワークへの報告が必要ですか?

内定をもらったら報告しましょう。
失業手当を受給している場合は、必ず報告して手続きををする必要があります。また、条件を満たせば就職祝い金や就業手当が受け取れますので、ぜひ「就職祝い金をハローワークで受け取る方法」もご一読ください。


ハローワーク求人の面接は採用率が低いって本当ですか?

ハローワークの求人すべてが、採用活動に積極的な企業とは限りません。
ハローワークの求人掲載は無料なため「人は足りてるけど、優秀な人がいれば採用したい」程度の求人もあるようです。ハタラクティブでは、実際に取材した企業を紹介しますので、企業の採用意欲を心配することなく面接に臨めます。ぜひ、お気軽にご相談ください。


いつでも相談できる転職エージェント

ハローワークでは様々なサポート体制がありますが、ネックとなるのが条件や要件、そして手続きの複雑さです。中にはこれを面倒に感じる人も。
一方、転職エージェントを利用する時は、申し込みを行なって相談するだけ。複雑なフローはなく、就活アドバイザーの助言をもとに仕事を一緒に探せます。
ハタラクティブで仕事探しの選択肢を広げませんか?
ハローワークと併行して利用できることに加え、模擬面接の対策に力を入れています。
多くの実績とノウハウを持ったアドバイザーだからできる就活のサポートを受けることで、自身の希望する就職先へと進めるでしょう。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

  • 経歴が不安でも大丈夫!

    未経験でも正社員での就職・転職を
    プロがしっかりとサポート!

  • あなたに合った仕事がわかる!

    あなたの性格や得意にあわせて
    厳選した求人をご紹介

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ