新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 将来に対して不安を感じる?ニートが抱える悩みとは

将来に対して不安を感じる?ニートが抱える悩みとは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・ニートとフリーターの違いは「働いているか」「働く意志があるか」「非正規求人を探しているか」などが挙げられる
    ・ニート状態にある人は、家族からの就職に対する圧力や金銭面などで悩むことが多い
    ・悩みは就職すれば解決するものの、やりたいことが見つからない、自分の能力に不安を感じるなどを理由に就活に躊躇してしまう
    ・ニート生活が長引けば長引くほど社会的信用を失うだけでなく就職のチャンスも減るため、1日でも早く就職しよう

「気楽」「なにもしていない」といったイメージを抱かれやすいニートですが、多くの場合は悩みを持っていると言われています。
ニート生活を送る方は、どのような事柄で悩んでいるのでしょうか。
当コラムでは、具体的な悩みの内容や解決法、就職活動に踏み出せない理由などを解説しています。
就職を考えつつも行動に移せない…という方の参考になれば幸いです。

◆ニートの定義

ニートという言葉が一般化し、使用する機会も増えてきていますが、正しい定義は把握していますか?

ニートとは、「15歳から34歳までの、就労、就学、家事、就業訓練のいずれも行っていない人」と定義づけることができます。
働く意思がないことがポイントで、失業していても正社員として働く意思がある人や非正規雇用で働いている人はニートに含まれません。

では、似た言葉のフリーターはどのように定義づけられているのでしょうか。
明確な定義は存在しませんが、「正規雇用ではない雇用形態で働く、学生と主婦を除く30代までの人」という認識が一般的。
多くの場合は、雇用形態がアルバイトの人をフリーターと表しますが、無職で非正規雇用の仕事を希望する人もフリーターに含まれます。


◆ニートが持つ悩み

過去の挫折や人間関係など、ニートとなった原因は人により様々ですが、以下のような悩みを抱えていることが多いようです。

【家族からの圧力】

社会人として働いている年齢にも関わらず家で過ごすニートに対して、「早く働いて欲しい」「いつまで家にいるつもりなのか」と考える家族は多いと思います。
ニートの方は自分なりの考えを持っていても、家族から就職や自立を迫られて困っている、自分の考えを理解してもらえない、状況を分かってくれないと悩む方は多いのではないでしょうか。

【友人と比較してしまう】

学生時代の友人が大手企業で活躍している、会社員時代の元同僚が昇格したなど、ニート状態の自分と社会人として活躍する友人を比較してしまう…と悩む人も。
このままではいけない、と考えて就職を検討しても、ニートだから働くことは無理…などネガティブ思考になりがちのようです。

【金銭面】

働いていないニートの方は、親や家族からの支援で生活を送っていることが大半。
そのため、自分の自由になるお金が少なく、欲しいものも満足に買えないことが多いようです。
また、親が罹患したり亡くなったりすれば生活が行き詰まる、将来に備えた貯金ができないといった悩みを抱える人もいるでしょう。

上記のように明確な理由がなくても、「このままではまずい」「どうにかしないと」など漠然と悩んでいる…というニートの方は多いようです。


◆なぜ求職活動をしないのか

前項で紹介した悩みは、就職すれば解決するものが多数です。
就職すれば労働の対価として賃金を得られるため、金銭面の悩みは解決する可能性が高く、家族からの就職に対する圧力も解消するでしょう。
では、就職すれば解決すると分かっていても、なぜニートの方は求職活動を行わないのでしょうか。

【病気や怪我を患っている】

病気や怪我が原因で、働きたくても働けないので求職活動ができない、という方も。
回復すれば就職も可能ですが、療養期間が長かったり「また同じ症状が出るかも…」と考えたりして求職活動を躊躇してしまうケースは多いようです。

【やりたい仕事がない】

明確な職業や職種、業界がないので「なにを目指していいか分からない」「仕事の探し方がわからない」ために求職活動を行わない方もいるでしょう。

【能力に不安がある】

やりたいことや挑戦したい仕事があっても、自分の能力でできるのか、やってみてできなかったらどうしょう…など、能力不足を恐れてチャレンジできないことも。

ほかに、「選考に落ちるのが怖い」「そもそも働く気がない」というのも理由に挙がります。


◆将来を考えて脱ニートを目指そう

どこかで就職を検討していても、なかなか行動に移せないニートの方もいるでしょう。
しかし、ニート生活には以下のようなデメリットが生じます。

【社会的信用を得られない】

職業を聞かれたときに「ニート」と答えれば信用を得ることは難しいでしょう。
さらに、ローンを組んだりクレジットカードを作成したりするときは定期的な収入や返済能力を審査されるため、ニート状態の方はどちらも審査に通らないことが多数。
定職につかず、収入も定まっていないニートの方は社会的信用を得られないのが一般的です。

【就職が不利になる】

柔軟な対応力や適応力がある、長く働ける可能性が高い、教育しやすいといった理由から、年齢が若いほうが就職に有利と言われています。
そのため、ニート生活が長引いて年齢を重ねれば、年齢だけでなく空白期間の長さも手伝って就職に不利になることが多いようです。

【体調を崩しやすくなる】

自宅や自室にこもりがちなニートは、行動範囲も狭く運動不足になりがち。
体力が落ちているので病気や怪我をしやすいと言われています。
また、好きな時間に寝たり食べたりする生活習慣も、体調を崩しやすい要因の1つと言えるでしょう。

自由な時間や社会的制限からの開放など、ニート生活を送ることで得られることもあります。
しかし、失ったものを取り返すには想像以上の時間がかかることから、ニートから可能な限り早く脱出することをおすすめします。


◆ニートの就労支援活用のすすめ

一度ニート状態になってしまうと、自力で抜け出すのは難しいのが現状のようです。
脱ニートを目指している場合は、支援機関を活用してみてはいかがでしょうか。

【ハローワーク】

厚生労働省が管轄する就労支援機関。
年齢に関わらず、仕事を探している人なら誰でも無料で利用することが可能です。
全国の主要地区に設置してあり、求人紹介のほかにも就職相談やセミナー、個別相談といったサービスを提供。
就職以外に失業保険の窓口としても機能しています。

【サポステ】

こちらも厚生労働省が管轄しており、正式名称を地域若者サポートステーションと言います。
ハローワークとの違いは、対象年齢が15歳~39歳に制限されている点。
「働くことに対する悩み」を持つ方に対して、専門スタッフによる相談や就労体験、教育訓練といったサポートを実施しており、厚生労働省から委託されたNPO法人や株式会社が運営を行っています。

【ジョブカフェ】

各都道府県が設置している機関で、ニートの定義と同じ15歳~34歳が利用年齢の原則(地域によって変動あり)。
若年層の就労支援を目的とし、地域の特性や特色を活かした職場体験や就職セミナー、カウンセリング、職業紹介などを実施しています。
ジョブカフェ内にハローワークを併設しているケースも多く、ハローワークより立ち寄りやすい雰囲気が特徴です。

上記は公的機関ですが、ほかに民間企業が就労支援を行っていることも。
民間のサービスは、公的機関に比べてきめ細やかな対応が期待できたり求人に特徴があったりするため、自分の目的に合わせて使い分けてみるのも良いでしょう。

「サポート機関を探している…」という方は、未経験からの就職に強い就職支援サービスのハタラクティブを利用してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブは、若年層に特化して支援を行っている就職エージェント。
専任のアドバイザーがしっかりと就職サポートを行うので、正社員経験がない、特筆するスキルがない…という方でも安心です。
紹介するのは、アドバイザーが事前に訪問して雰囲気や労働条件を確認した信頼できる企業のみ。
企業が求める人材や採用のポイントなども把握しているため、ご利用者の特性や性格に合わせて相性の良い求人を提案することが可能です。
自分に合う企業が分からない、やりたいことが見つからないといった相談にも親身に対応!
公的機関同様に、全てのサービスを無料で活用していただけます。お気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

やりたいことがわからなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたがやりたいことを見つけましょう!

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

  • 経歴が不安でも大丈夫!

    未経験でも正社員での就職・転職を
    プロがしっかりとサポート!

  • あなたに合った仕事がわかる!

    あなたの性格や得意にあわせて
    厳選した求人をご紹介

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ