仕事の辞め方と転職に成功するために必要なこと

仕事の辞め方と転職に成功するために必要なことの画像

この記事のまとめ

  • 転職したいと思ったら、円満退社を目指そう
  • 法的には、原則2週間前に意思を告げれば退職できる
  • 退職の際は引き継ぎなどが必要となるため、早めに直属の上司に相談しよう
  • 退職理由を述べる際は、前向きな内容を伝えよう

仕事の辞め方と転職活動は、全く関係ないと考える方がいるかもしれません。
しかし、応募先の会社に「急に辞めて現場に迷惑をかけたのではないか」「自分の都合だけしか考えていないのではないか」という評価をされてしまうと、転職を成功させることが難しくなるでしょう。
今回は、円満退職を目指すためのポイントと、転職活動を始める前の注意点をご紹介します。「仕事の適切な辞め方を知りたい」「転職を考えている」という方は、コラムの内容を参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事を辞めるときは円満退社を目指そう

法的には、原則として2週間前までに会社へ退職の意志を告げれば、辞めることが可能です。
しかし、正社員が転職に向けて円満退社するためには、注意点がいくつかあります。

まずは直属の上司に会社を辞めたい旨と、希望する退職時期を口頭で伝えましょう。
辞める理由を聞かれた際は、根拠を明確にして述べることが大切です。
退職理由を伝えるときは、待遇面や会社への不満など否定的な内容を述べるのは避けましょう。
キャリア形成やステップアップのためなど、前向きな理由を伝えるのが無難です。

退職の意志を理解してもらった後は、仕事の引き継ぎや業務の流れなどを上司と話し合い、正式な退職日を決めます。

退職日が決まったら、自分が辞めた後も仕事がスムーズに進むよう、後任者への引き継ぎを入念に行いましょう。
取引先リストや作業リストなどを資料としてまとめ、その資料を基に引き継ぎを進めるのがおすすめです。
また、お世話になった取引先は、上司や後任者と共に挨拶することが大切です。

退職意思の伝え方や丁寧な引き継ぎなど、仕事の辞め方次第で大きく印象が変わってきます。円満に退社できれば、現職の会社はその後のキャリアを応援してくれるかもしれません。

転職の際はスケジュール管理が大切!

転職活動をする場合は、スケジュール管理を入念に行うことが大切です。
在職中に転職活動をして転職先が決まったとしても、引き継ぎが順調に進まず入社日に間に合わない場合は、企業に迷惑をかけてしまいます。
仕事を辞めてから転職活動をする場合は、転職までの期間が長ければ収入面での不安が大きくなるでしょう。
そのため仕事を辞めるまでに必要な期間と、転職活動にかかる期間を踏まえて、全体のスケジュールを立てておくことが大切です。

スケジュールを立てる際は、仕事をしながら転職活動をするのか、辞めてから転職活動に専念するのかをまず決めましょう。
仕事を辞めてから転職活動を行う場合は、失業期間が長引いた場合を想定して費用を準備する必要があります。

志望業界の求人状況や採用基準などの情報を収集し、応募しやすい時期も事前に把握しておくのが良いでしょう。
また、応募先の会社で評価されるスキルや経験なども知っておくと、転職に成功する確率も高まるのではないでしょうか。

もし転職活動のスケジュール管理や求人探しのサポートを受けたい…という方は、ハタラクティブまでご相談ください。

ハタラクティブは、経験豊富なアドバイザーが高卒や既卒、第二新卒、フリーターなどの若年層を対象に就職・転職活動を徹底サポート。「会社の辞め方についてアドバイスをもらいたい」といった退職前の相談にも応じています。
そのほか企業とのスケジュール調整の代行や、希望に合う求人紹介などを行っているため、働きながら転職活動を進めたい方も安心です。当サービスのご利用は無料のため、まずはお気軽にご相談ください!

関連タグ