新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. フリーターが将来設計することで大事なこと

フリーターが将来設計することで大事なこと

公開日:

最終更新日:

フリーターが将来設計することで大事なこと

フリーターとしての生活に日々満足していても、今のままずっと年を重ねていく将来の自分を考えたことはありますか?

今のままでは、もし仕事を辞めることになった場合、収入は一切入らなくなります。雇用保険に入っていれば、なんとか生きていくだけのお金は確保できますが、入っていなければ自分の貯金で生きていくしかなくなります。

また、フリーターでは収入を増やしていくことも困難です。ボーナスもなく、実績に基づいて給料があがることも少ないでしょう。バイトでは仕事期間をキャリアとして位置づけることができないので、いつまでもスキルは身につかず、将来のキャリアアップも願えません。

恋愛をして結婚しても、暮らしていくのは大変です。2人で生きていくのだから生活費はかさみます。子供が出来たら、出産前後はどうしても女の人は働く事が出来ません。会社員の場合は、子供を育てる支援環境があったり、育児休業をとってまた社会復帰することも可能なのに、フリーターでは仕事を辞めなければなりません。さらには元の職場で働くことが出来るかどうかもわからないのです。子供を1人育てるためには何千万というお金がかかるのに、お金を稼ぐことができなくなるのです。

家を購入することも不可能です。定職がなければ銀行でローンを組むこともできません。賃貸で一生過ごすとしても、フリーターでは入居審査も厳しいですし、年を取るに従って新しい部屋を借りるのは難しくなります。死ぬまで家賃を払い続けなければならないので、老後の生活費の他に将来の家賃分の収入も確保しなければなりません。

老後の資金も難しくなってきます。フリーターでは、国民年金しか国の年金は手に入りません。それ以上に必要なお金は、自分たちの貯金を切り崩して生活するしかありません。今まででさえやっとの生活をしてきたのに、老後十分に生きていけるだけのお金を残しておけるでしょうか?

フリーターの将来を設計するために大事なことは、今のままフリーターを続けるのか、正社員を目指して就職するかを自分で決めることです。

フリーターままで生きていくのならそれなりの覚悟と準備が必要です。正社員を目指すのなら、すぐに転職サービスのコンサルタントに相談してみましょう。自分が思っていた以上の仕事に出会い、安定した生活を送るようになれるかもしれませんよ。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ