大卒者の結婚は何年目がベスト?適切なタイミングとは

2018/06/22

【このページのまとめ】

  • ・学生時代から付き合っている場合、信頼関係が深まっていれば社会人1年目の結婚も問題ない
    ・単に「社会人になったから」という理由だけで結婚を決めるのは避けるべき
    ・結婚後の生活を見据え、お互いにとって適切な時期を考えよう
    ・仕事が忙しい人は、「まずは職場で信頼を得る」「環境が落ち着くのを待つ」のがおすすめ

「社会人になり、相手との結婚を意識し始めた」という方はいませんか?
このコラムでは、大卒者が結婚するタイミングについてパターン別に解説します。仕事や家庭生活が順調に進むよう、コラムの内容を参考にしてください。

◆社会人が結婚するタイミングって?

社会人になって結婚を考えたとしても、タイミングに迷う人は多いでしょう。
自分だけではなく相手の人生も考慮する必要があるため、結婚したくてもなかなか行動に移せない人がいるかもしれません。

しかし、迷いから結婚のタイミングを逃してしまうと、「もう少し早く決断すれば良かった」「あのときじっくり考えるべきだった」と後悔する恐れも。
人によって結婚の最適なタイミングは異なるため、状況に合わせて判断することが大切です。

たとえば「学生時代から付き合っている」という場合は、交際期間が比較的長いのが特徴。社会人になってからも良好な関係が続いているなら、「就職してすぐ」「社会人3年目未満」が適切なタイミングといわれています。

「結婚を意識するほどの信頼関係は築けていない」というときは、社会人3年目が目安。3年目になれば仕事に慣れて気持ちが落ち着くため、結婚を意識するとスムーズに進むかもしれません。

学生時代から付き合い、社会人3年目になっても結婚の話が出ないと「将来について考えているのか」と交際相手に不安を感じる人も。特に女性の場合、出産・育児を考慮して結婚の年齢を重視する人は多いようです。
焦燥感から結婚を急ぐのは禁物ですが、人によって結婚したいと思う時期は異なるため、お互いの状況を踏まえた上で話を進めるようにしましょう。


◆社会人1年目で結婚するのは早い?

お互いの信頼関係が深まっていれば、社会人1年目でも問題ないでしょう。

しかし、単に「社会人になったから」という理由だけで結婚を決めるのは早計です。
社会人1年目は覚える仕事が多く、精神的・体力的な負担を感じる人は多いでしょう。結婚後は自分だけでなく相手のことも考える必要があるため、業務に慣れていないときは仕事と家庭の両立を難しく思うかもしれません。

仕事でのプレッシャーが大きいと精神的に余裕がなくなり、家庭でも些細なことでトラブルが生じてしまうでしょう。また、家庭生活がうまくいかないと、ストレスや不安から疲れが溜まり、仕事にも悪影響が出てしまいます。
結婚後の生活を見据え、お互いにとって適切な時期を考えましょう。


◆仕事が忙しくタイミングに迷う…というときは

結婚を意識する相手がいても、仕事が忙しいとじっくり考える機会がないかもしれません。最適な時期に結婚できるよう、以下を実践してみてはいかがでしょうか。

【まずは職場で信頼を得る】

日々の業務を誠実にこなし、会社から信頼を得られれば、交際相手からの信用も高まります。仕事にひたむきに取り組む姿を見せつつ、結婚を意識していることを伝えれば相手も安心できるでしょう。

【職場環境が落ち着くのを待つ】

前の項目でも触れたように、仕事上のストレスが大きいとほかのことまで手が回らなくなり、家庭でもトラブルが起こりやすくなります。忙しい状況が続いているときは、環境が落ち着くのを待ってから結婚を考えるのが無難です。


「現状では家庭との両立が難しそう」「結婚したいけれど、今の収入だと将来が不安」という人は、転職を検討してみてはいかがでしょうか。
転職活動をスムーズに進めるためには、エージェントの活用がおすすめです。

ハタラクティブは、高卒や既卒、第二新卒、フリーターなどの若年層を対象に就職・転職支援を行っています。
経験豊富なアドバイザーが適性を把握し、あなたに合うお仕事をご紹介。応募書類の添削や面接対策などをマンツーマン体制で実施しているため、転職活動が初めての方も安心です。
当サービスのご利用は、すべて無料。お気軽にご相談ください。




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ