既卒の履歴書はどうする?用紙の選び方や職歴の書き方

既卒の履歴書はどうする?用紙の選び方や職歴の書き方の画像

この記事のまとめ

  • 既卒の場合は大学指定などの履歴書は使用しないのが無難
  • 学歴は中学卒業から。職歴はアルバイトやインターン経験を記入
  • 既卒がアピールするためには、なぜ既卒になったのか、そこから学んだことや努力していることを説明できる必要がある
  • 今までのアルバイト経験などもアピールポイントになる

既卒として就職活動をする際、多くの人が迷うのが「履歴書は何を使えば良いのか?」という問題ではないでしょうか?
学生時代に学校から貰った履歴書を使っても良いのか、新しく市販のものを買った方が良いのか…当コラムでは、履歴書の選び方をはじめ、既卒者が履歴書を作成する際の疑問にお答えしています。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

既卒の就活は大学指定の履歴書を使って良い?

まず、既卒者が就活をする際には大学指定の履歴書を使っても良いのでしょうか?

既卒者は職歴がないので、市販の「職歴欄が多く自己PR欄が狭い」履歴書は、アピールがしづらいというデメリットがあります。そのため既卒者の中には、学生時代の履歴書が残っている、そちらの方がアピールしやすい、慣れていて書きやすい、などの理由から大学指定の履歴書を使おうとする人がいるようです。
就活においては履歴書の指定はないので、どのような履歴書を使っても一般的には許容されると言えます。
しかし、採用者の視点で考えてみると「在学中ではないものが大学指定の履歴書を使用する」というのは違和感を感じる人もいるのではないでしょうか?全ての採用者がそうとは限りませんが、もし、他の求職者と悩んだ場合、企業によってはその違和感から不採用とする可能性があるかもしれません。
よって、卒業後は大学指定の履歴書を使わない方が無難と言えます。市販の履歴書やダウンロード式の履歴書でも自己PR欄のスペースが大きいものはあるので、自分に合った用紙を探してみましょう。

学歴・職歴欄はどう書けばいい?

では次に、学歴・職歴の欄はどう書けば良いのでしょうか?

転職の場合は、基本的に最終学歴のひとつ前から記入します。しかし、既卒で職歴のない場合の学歴は、新卒と同じく中学卒業から書きましょう。
職歴欄には、大学卒業後のアルバイト、ボランティア、インターン経験などを書きます。
通常、就活ではアルバイトやボランティアについては記載しませんが、既卒の場合は有効な経験であると言えるでしょう。
卒業してから空白期間があると、企業はその間求職者が何をしてきたのか分かりません。その空白期間を説明するためにも、アルバイトやボランティアの経験を書いておくことは有効だと言えるのです。
また、書く時には、必ず時系列順になるように注意しましょう。

既卒は何を強みにしてアピールすればいい?

さらに、既卒の場合はアピールポイントも気になるところです。何を強みとしてアピールすれば良いのでしょう?

大学卒業後、なぜ就職せずに既卒になったのかは面接で聞かれることが多いでしょう。
アピールするには、既卒になった原因をきちんと受け止めていること、受け止めた結果、そこから何を学び、自分がどうしたいのか、就職のために何を努力してきたかを説明できる必要があります。
また、社会人経験がなくても、これまでのアルバイトやインターンなどの経験が業務でどのように活かせるか考えることで、アピールポイントが見つかるかもしれません。
先述した空白期間の説明も、「職種に関連するアルバイトを頑張っていた」など、プラスに表現すればアピールポイントに変えられる可能性があります。

既卒は就活の準備や書類、面接の対策をひとりでこなさなければなりません。学校のサポートがあった学生時代と違い、ひとりでの就活には不安を感じる方も多いのではないでしょうか?
もし既卒の就活が不安な場合は、ハタラクティブをご利用ください!プロの就活アドバイザーが、カウンセリングから求人の紹介、書類の添削、面接対策までトータルであなたの就活をサポート。サービスは全て無料でご利用いただけるので、ぜひお気軽にご相談ください。

関連タグ

  • arrow