転職エージェントに対する内定辞退の仕方と注意点

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 第二新卒転職TOP
  4. >
  5. 転職エージェントに対する内定辞退の仕方と注意点

公開日:

最終更新日:

きちんと報告すれば問題なし!転職エージェントに紹介してもらった企業への内定辞退

転職エージェントでの内定辞退はなかなか切り出しにくいものです。

せっかく紹介してもらった求人なのに、その内定を断るのは申し訳ないという気持ちはあるでしょう。しかし、それでもどうしても入社したくないケースはあるものです。

結論を言えば、そのようなことで悩む必要は一切ありません。

確かに、転職エージェントは企業に人材を紹介して成功報酬を得るビジネスなので、早く入社を決めてもらって次の仕事に取りかかりたいというのが本音です。
しかし、もともと、内定辞退をする人がいるのは想定のうちです。考え直すように説得される可能性はありますが、入社の意思がない旨をきっぱりと告げれば問題はないでしょう。

また、内定を断ると次の求人を紹介してもらえないのではと思うかもしれませんが、これも杞憂です。
一度内定をもらった転職希望者は他の企業でも内定をもらえる可能性が高いため、むしろ積極的に求人を紹介してもらえるでしょう。
ただ、1度や2度ならともかく、次々と内定を断り続けると、さすがに転職する気がないと判断され、サポートが受けづらくなってしまうので注意が必要です。

内定辞退をメールで伝える際のマナー

紹介してもらった求人でも内定辞退をすること自体は問題ありませんが、回答が遅れると転職エージェントにも内定を出した企業にも迷惑をかけてしまいます。

結論はなるべく早く出し、迅速に返事をするのがマナーです。

その場合、就職アドバイザーにその旨を伝えれば、そこから企業へ連絡が行くため、あなたが直接企業に連絡する必要はありません。
問題はどのようにして伝えるかですが、これは電話でもメールでもOKです。
ただ万が一、先方の企業に辞退の意思が伝わっていなくてトラブルになる可能性を考えれば、あとでこちらが伝えた内容が確認できるメールを使用した方が無難です。

またメールの書き方ですが、まず内定を辞退したい旨を率直に告げ、次に礼儀として、『時間を割いて見つけていただいた求人をお断りするのは大変申し訳ない』といった意味の文章を盛り込みましょう。
そして、もし内定辞退をする理由が企業側の待遇にあるのなら正直に書きましょう。エージェントから企業に話が伝わり、場合によっては、条件の見直しをしてくれる可能性があるからです。

内定辞退より注意が必要な面接辞退

転職エージェントを利用した際、選考の途中で面接を辞退したくなる場合があるかもしれません。しかし、このケースはある意味、内定辞退をする以上に注意が必要です。

企業面接を行う際、企業の人事担当者は部長や役員に出席してもらうために日程を押さえる必要があります。
それが急にキャンセルになれば、当然、人事担当者は上役に責められ、それが原因で企業と転職エージェントとの関係がぎくしゃくしてしまう可能性が考えられます。
そのような事態になれば、転職エージェントにもその取引先企業にも多大な迷惑をかけてしまいますし、エージェント側から以後の求人の紹介を断られるかもしれません。

したがって、あとで内定辞退をすることになっても、一度決まった面接は受けた方が賢明です。

しかし、そうは言っても、どうしても面接を受けたくないという場合もあるでしょう。
そのときは一刻も早く就職アドバイザーに報告する必要があります。内定辞退のときのようにメールで伝えるのではなく、電話で詳しい話をすることをおすすめします。
しかも、いきなり断るのではなく、相談という形にした方がよいでしょう。
なぜなら、例えば、面接を受けたくない懸念材料が企業側にあるのであれば、エージェント側が企業側と話し合い、その懸念を払拭できる可能性があるからです。
また、それが無理だとしても、そうしたプロセスを経ることで、エージェント側が説明責任を果たしたと企業側が受取り、トラブル回避の可能性につながります。

転職活動を成功させるためには、転職エージェントと転職希望者の信頼関係が何より重要です。転職に関して悩みや懸念があれば、率直に就職アドバイザーに相談して良い関係を築いていきましょう。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ