1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 既卒や第二新卒で求められるコミュニケーション能力って何?

既卒や第二新卒で求められるコミュニケーション能力って何?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

相手の伝えたいことを把握する能力

既卒や第二新卒が就職活動を行う場合は、コミュニケーション能力が問われるケースが多くあるようです。

既卒や第二新卒は、新卒に比べて社会経験を積んでいる分、学生レベル以上のコミュニケーション能力を期待されていると考えておくといいでしょう。

採用する企業側は、既卒や第二新卒に対して、一から教育する手間が省ける点にメリットを感じている場合があるのです。
既卒や第二新卒に求められがちなコミュニケーション能力には、いくつの要素があります。
一つ目は、相手の伝えたいことを把握する能力です。
コミュニケーション能力というと、上手く話ができることだと思いがちですが、人と人が会話をする中で大切になるのは、相手の考えを理解することです。
それがなければ、会話をしている人の間に共通の土台ができあがらず、会話の内容はすれ違いになってしまいます。まずは、相手の話をよく聞く能力が大切です。

頭の中を整理してわかりやすく話すこと

コミュニケーション能力の二つ目の要素は、相手に自分の話をわかりやすく伝えることです。
一つの目の要素である相手の話が理解できるようになるだけでは、コミュニケーションは成立しづらいでしょう。会話はキャッチボールです。相手がわかる言葉で話ができるようになることがコミュニケーションにおいて重要だと考えられます。
学生時代は、主に同年代同士の会話が中心だったはずです。しかし、既卒や第二新卒の場合は、卒業後、ある程度の社会経験を積み、様々な考え方の人と話をした経験を積んでいるでしょう。そのような経験はコミュニケーション能力の高さとして評価される可能性があります。

相手にわかる言葉で話すためには、相手の立場に立ち、相手がわかる言葉を使うことも大切ですが、もっと重要なポイントがあります。
それは、自分の考えを整理してから話をすることです。

これが上手になるためには、常に自分の考えをまとめる訓練を積むことですね。自分一人で頭の中でできることですので、時間をとって始めてみてはどうでしょうか。

様々な世代の人でも会話できる能力

コミュニケーション能力の高さが評価される要素の三つ目は、様々な世代の人と会話できることです。

会社員になれば、同世代の同僚だけでなく、年の離れた上司や部下ともコミュニケーションをしていく必要に迫られます。

それが上手くできれば、仕事を上手く進めていくこともできますし、職場になじむのも早くなるでしょう。評価が高まるだけでなく、自分の仕事の環境を良くするためにも役立ちます。
既卒や第二新卒には、新卒にはない社会経験を積んだメリットがあります。その一つが、多くの世代と会話できる能力でしょう。
この能力を身につけるのは難しくありません。違った世代の人と話をする機会を増やすなど、それを積み重ねていけば、世代別の会話の特徴をつかむことができるようになるでしょう。

既卒や第二新卒は就職活動が大変だと感じている人もいるでしょう。そんな時は、ハタラクティブを活用することをおすすめします。ハタラクティブは若者の就職に強みがあり、既卒や第二新卒の就職のノウハウも持っています。一度相談してみるといいでしょう。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる