本日面談できます!

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 自分の年収は低いのかを考察する世帯年収とは

自分の年収は低いのかを考察する世帯年収とは

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・世帯年収とは1世帯辺りの年収のことで、1人暮らしの場合は自分の年収=世帯年収となるため比較的金額としては少なめになるのが普通
    ・平成26年の平均世帯年収は541万9千円だが、若い世帯だけに限定した場合は、単身者も多く含まれるため平均は365万3千円となる
    ・ただし平均年収はあくまで平均のため、気にしすぎないことも大切

人は誰でも働いたぶん、その対価としてお給料をもらいます。どのような仕事で、どのくらいのお給料をもらうのかは人それぞれです。しかし、ひとつの成功の目安として、世間一般の年収がどれくらいかという点に注目することも必要でしょう。

一人で生活している場合には自分一人で一世帯となりますが、その場合の平均的な年収はどれくらいなのか見ていきます。

◆世帯年収とは 

一人暮らしであれば自分一人で一世帯、家族で暮らしている場合には家族という単位で一世帯となります。
それら世帯の平均的な年収はいくらなのでしょうか。そこで重要になる世帯年収について考えてみましょう。

・世帯年収とは、一世帯当たりの年収のこと

世帯年収とは一世帯当たりの年収のことです。ただし世帯といっても、何人の労働者がそこに含まれるかによって金額に多くのばらつきがあります。
一人暮らしの場合は自分の年収が世帯年収となりますし、家族で暮らしている場合、働いている家族全員の年収を足した金額が世帯年収となるためです。

・どれくらいの金額が世帯年収の平均なのか

平成26年の平均世帯年収は541万9,000円です。
もちろんこの金額は一人暮らしの人もいれば、家族と暮らしている人もいます。そのため、一概にすべての人に当てはまる世帯年収の平均とは限りません。

・若い世代限定で見てみる世帯年収とは

世帯主が29歳以下の場合の平均は、365万3,000円となっています。
若い世代のため、まだ結婚などのもしておらず、一人暮らしの方も少なくないでしょう。ですから、最小単位での世帯年収の平均に近い額と言えるかもしれません。


◆20代の生活はどんな感じ? 

ではそれら20代の単身者の生活とはどのような感じでしょうか。世帯年収の平均からもう少し詳しく内訳を考察していきます。

・若い世代の世帯年収の平均

世帯主が29歳以下の場合の世帯年収は365万円ほどです。これを毎月で割ると、約30万円の月収ということになります。
意外に多いと感じるでしょうか。ただし、これはあくまで税金などを差し引いていない額です。

・諸費用を引いた場合の月収は?

税金や保険料で手取りは約8割になると考えられます。つまり、世帯年収の365万円×80%=292万円が手取りとなる計算です。
もちろんボーナスなどが含まれると毎月の手取りの額は変化します。

・ボーナスがない場合の手取りは?

ボーナスを考えずにひと月あたりの手取りに直すと、24万円になります。
税金などはすでに引かれていると仮定するため、ここから家賃や光熱費、食費、貯金などのさまざまな用途に分かれていくことになります。

・平均的な必要経費は?

ひとつの統計として、単身世帯の2016年の10~12月の月平均消費支出は約16万円という結果が出ています。家賃を含め、生活していくうえで基本的に毎月かかる必要経費が16万円ほどということです。
ですから、先ほどの平均24万円を手取りだとすると、約9万円は手元に残る計算になります。

ただし、あくまでこの統計は単身者の世帯収入からの計算です。
もしも結婚をしていて、子育てなども関係してくるとさらに出費はかさむことになるでしょう。


◆平均年収より低い場合の対処法

こうした世帯年収の統計を見ていくと、つい自分の年収と比べてしまうかもしれません。
自分の年収のほうが高ければ、自分は平均以上の生活を送れていると安心できるかもしれません。
しかし、平均よりも自分の年収が低い場合にはどうしたら良いのでしょうか。

・平均年収はあくまで目安です

もしも自分の年収が平均年収よりも低いことに気が付いたら、落ち込むのではなく、あくまで目安に過ぎないと考えるようにしましょう。
平均年収に満たないことを気にしすぎてしまうと、劣等感を持ったり、自尊心を保てなくなったりと自分にとって良くない精神状態になりかねません。

そのような状態では、本来ならやれる事柄であったとしてもできないと感じ、自分の可能性を狭めてしまうことにも繋がります。
気にしすぎず、ひとつの指針として世帯年収の平均は見ておきましょう。まずはこの金額に到達することを、仕事上の目標にすることもできます。 

・どうしても悩んでしまう場合

平均年収より低いかもと悩んでしまい、前向きに生きることが難しいと感じる場合には、転職のプロに相談してみるのもおすすめです。
今の年収が思ったよりも低いのは自分の能力の問題ではなく、単純に働いている環境が原因かもしれないためです。

そこで、自分に本当に合った仕事、それに見合う給料を支払ってくれる企業を探すのもひとつの良い方法でしょう。
転職は、失敗したら収入がなくなってしまうと考えてついおよび腰になってしまうかもしれませんが、じつは大きなチャンスが眠っていることもあるのです。

・ハタラクティブを利用しよう

ハタラクティブでは転職、就職活動を支援しています。
自分一人で考えていても、何から始めていいのかわからないこともあるでしょう。また、自分が満足して行える仕事はどのようなものなのか、自分で気が付いていないことも多々あります。
そのようなときに、ハタラクティブでプロに相談することによって、自分でも知らかった新たな一面に気が付くことができるかもしれません。
十分に稼ぐことができて、自分でも満足できるやりがいのある仕事をハタラクティブで探してみましょう。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    カウンセラーの人が親身になって下さり、コロナ禍でもありながら、内定…

    2020/09/29

  • Jun

    担当して頂いた方の丁寧かつ迅速な対応でスムーズに転職活動がすすみ、…

    2020/09/18

  • 羽場健二

    カウンセラーの方が親身に最後までサポートしてくれたおかげもあり無事…

    2020/09/18

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

 

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?