明日面談できます!

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. もう仕事辞めたい…スムーズな会社の辞め方

もう仕事辞めたい…スムーズな会社の辞め方

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・希望の退職日の1~3ヶ月前には直属の上司に相談し、退職までのスケジュールを立てよう
    ・スムーズに退職するためには、早めの確認と相談が大切
    ・勢いで退職すると後悔してしまう恐れもあるため、転職活動をしながら円満退職を目指そう

転職や退職を考えたとき、一体何から始めたら良いのかわからない人も多いのではないでしょうか。円満に会社を辞めるためには、事前の準備が大切です。あらかじめ会社の辞め方を把握しておくことで、スムーズに退職できるでしょう。 
ここでは、会社の辞め方や円満退職のポイントなどの情報をまとめました。

◆会社の辞め方

法的には、退職日から14日前までに会社を辞める意思を表示すれば退職が可能です。しかし退職するまでには、退職交渉や業務の引き継ぎ、有給消化などが必要。
スムーズに退職するためには、退職希望日の3ヶ月から1ヶ月前までに直属の上司に相談しましょう。正式な退職日や業務引き継ぎ、有給消化など細かい日程を調整し、退職日の2週間前までに退職願を提出します。
自分が辞めた後トラブルが発生しないように、業務の引き継ぎや取引先へのあいさつだけではなく、会社への返却物や提出する書類、退職後に必要な手続きなどもあらかじめ確認しておきましょう。


◆スムーズな円満退職を目指すには

退職時はできるだけスムーズに、円満に退職したいもの。以下のポイントに注意して、円満退職を目指しましょう。

【最初は直属の上司に相談する】

上司に退職の相談をする前に、同僚などに退職する旨を話さないようにしましょう。上司に話す前に社内に噂が流れてしまうと、退職の話を切り出しにくくなってしまうだけではなく、上司の心象としても好ましくありません。
仲の良い同僚にはつい話してしまいがちですが、万が一話が洩れてしまったときのリスクを考え、上司に相談するまでは他言しないようにしましょう。

【相談する前に退職日までのスケジュールを立てる】

上司に相談する前に、退職日までの計画を立てましょう。既に転職先の入社日が決まっている場合は、入社日の前日を退職日にするのがおすすめ。退職日から入社日まで間が空いてしまうと、健康保険や年金の支払いを自分で行わなくてはいけない場合があります。
また、退職願を出すタイミングによっては、ボーナスの金額に影響が出てしまうかもしれません。ボーナスをもらってから退職したい場合は、ボーナスの査定月に退職の相談をしないようにしましょう。

【退職理由を考える】

人間関係の悩み、給与や待遇に関する不満など、会社側で対処できそうな退職理由は引き留めの原因になるため、スムーズに退職したい人は自己都合の退職理由を考えましょう。
「将来やりたいことができた」「結婚するため」といった前向きな理由や「家族の介護をするため」など、自己都合の理由は受け入れてもらいやすい傾向があります。
しかし、いくら円満に退職したいからといって、嘘や建前を言うのはおすすめしません。なぜ辞めたいと思ったのか、自分の気持ちやそのときの状況をもう一度考えてみると良いでしょう。

【有給消化について確認、相談する】

付与されている有給休暇は、退職前に全て消化したいものです。有給消化をすることで業務に支障がでないように、事前に上司に相談しましょう。退職する時期によっては、次の有給休暇が付与される場合もあるので併せて確認します。
有給消化は最終出勤日から退職日までの間に消化することも可能なので、有給の日数に合わせて退職日を設定するのも良いでしょう。

【引き継ぎや身辺整理を行う】

業務の引き継ぎは中途半端にせず、きちんと行いましょう。取引先への挨拶や後任者の紹介、自分が担当していた業務のマニュアル作成など、自分が辞めた後トラブルが起きないように配慮します。
また、自分の業務に関する書類やデスクの片付け、名札などの返却も計画的に行いましょう。
離職票や源泉徴収票など、退職後に必要な書類は早めに頼んでおくことが大切。退職日の直前になってから申し出ては担当者の迷惑になるため、退職が決まった時点で、今後必要になる書類を確認しておきましょう。


◆次の仕事が決まっていないときは

すぐに退職したいと思っても、次の仕事が決まっていないうちに辞めてしまうのは得策とは言えません。仕事を辞めてから求職活動をするのは、時間を自由に使えるというメリットがある反面、すぐに仕事が決まらず空白期間ができてしまう恐れもあります。
空白期間が長いと採用の際マイナスのイメージを持たれやすいだけではなく、収入面で不安を感じる可能性も。今すぐ辞める必要がないのであれば、働きながら転職活動をするのがおすすめです。

働きながらスムーズに転職活動を進めるなら、転職エージェントのハタラクティブがサポートします。
ハタラクティブでは、就活アドバイザーが面接日や入社日の調整を代行。さらに、退職願の書き方や提出方法までアドバイスしています。
仕事をしながら転職活動をしたい方は、お気軽にハタラクティブにご相談ください。

ご利用者の口コミ

  • 大槻智映

    (Translated by Google) Thank you …

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    (Translated by Google) I don't kn…

    2020/12/14

  • ka

    (Translated by Google) The person…

    2020/12/12

  • Dan

    (Translated by Google) Thanks to …

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    (Translated by Google) The counse…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    (Translated by Google) I think it…

    2020/11/10

  • みやみや

    (Translated by Google) I was worr…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    (Translated by Google) The counse…

    2020/09/29

  • Jun

    (Translated by Google) With the p…

    2020/09/18

  • 羽場健二

    (Translated by Google) Thanks to …

    2020/09/18

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

あなたに合った仕事がきっと見つかる!

ご紹介するお仕事の仕事内容から職場の雰囲気までお伝えするので安心!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

 

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?