仕事を辞めたい…退職理由はどう伝えたら良い?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事を辞めたい…退職理由はどう伝えたら良い?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事を辞めたい理由は「仕事内容が合わない」「人間関係が悪い」など
    ・退職理由は前向きな内容にし、直属の上司に伝える
    ・退職意思を伝える時期は就業規則で確認し、期間に余裕を持って引き継ぎをしよう

「仕事を辞めたいけれど、どう伝えたら良いんだろう…」と悩んでいる方はいませんか?
このコラムでは、退職理由の適切な伝え方や円満退職のポイントをご紹介します。スムーズに退職の手続きを進められるよう、参考にしてください。

◆社会人が仕事を辞めたいと思う理由は?

会社を辞めたい理由の例は、以下のとおりです。

・給与が低い
・社風が合わない
・仕事内容が合わない
・勤務地が希望と異なる
・評価制度に不満がある
・職場の人間関係が悪い
・会社の将来性に不安がある 
・残業や休日出勤が多くて大変
・仕事にやりがいを感じられない など 

上記のように、会社に対する不満から仕事を辞めたいと考える人が多いようです。
会社を辞めたいと思っても、退職理由の伝え方に悩み「なかなか言い出せない…」という人がいるかもしれません。次の項目では退職理由を伝える際の注意点をご紹介するため、マナーをしっかり押さえましょう。

◆もう辞めたい!退職理由はどう伝える?

退職理由を伝える際の注意点は、以下のとおりです。

【直属の上司に退職意思を伝える】

退職意思は、まず直属の上司に伝えます。先に同僚や親しい先輩などに相談して噂が広まる、ということがないように注意が必要です。
上司には「相談があるのですが」といった切り出し方で事前にアポをとり、ほかの人に話を聞かれない個室などで話をしましょう。

【会社への不満や愚痴を言わない】

上司に退職意思を伝えた際は、「なぜ辞めたいのか」を聞かれます。
「仕事内容が合わないから」といった愚痴や不満をそのまま伝えると、「異動で悩みを解消する」と引き留めにあったり、退職が決まったとしても最終出勤日まで気まずくなったりする恐れがあるため気を付けましょう。

【前向き・個人的な理由を伝える】

たとえば「△△の仕事がつまらないため」ではなく「◯◯にチャレンジしたいため」のようにポジティブな表現で伝えれば、今後の活躍を応援してもらえるかもしれません。
個人的な退職理由にし、前向きな表現で伝えることが大切です。

上記の内容を基に、相談する相手や表現の仕方などに気を付けて退職理由を伝えましょう。

◆どんな理由で辞める場合も円満退職を目指そう

会社を辞める際は、マナーを守って退職の手続きを進めることが大切です。この項目では、円満退職するためのポイントをご紹介します。

【退職意思を伝える時期は就業規則で確認する】

まずは就業規則を確認し、いつまでに退職意思を伝えるべきなのか把握しましょう。一般的には、退職日の1~3ヶ月前に伝えるケースが多いようです。

【引き継ぎは余裕をもって計画的に行う】

後任者がスムーズに業務に取り組めるよう、丁寧な引き継ぎが大切です。事前にスケジュールを作成し、期間に余裕を持って作業を進めましょう。

【在職中の転職活動は会社に気付かれないようにする】

在職中に転職活動を行う場合は、周りに知られないよう注意が必要です。「会社を辞める」という噂が広まったり「忙しいのに協力してくれない」と不満を言われたりする恐れがあるため、仕事に支障が出ないように気を付けましょう。


「転職活動の進め方が分からない」「在職中の転職活動に不安がある」といったお悩みをお持ちの方は、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブは、第二新卒や既卒、フリーターなどの若年層を対象に就職・転職支援を行っています。
経験豊富なアドバイザーがカウンセリングで適性を把握し、希望に合うお仕事をご紹介。応募書類の添削や面接対策、面接日時の調整といったサポートをマンツーマン体制で実施しているため、転職活動が初めての方も安心です。
当サービスのご利用は、すべて無料。転職活動をスムーズに進めたい方はお気軽にご相談ください。



職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ