1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 貴社?御社?正しい使い分けと使用できないケースを知ろう

貴社?御社?正しい使い分けと使用できないケースを知ろう

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・「貴社」「御社」は、使用する場面に合わせて使い分けよう 
    ・応募先企業は取引先ではないので、自分の勤めている会社を「弊社」と言うのは避けるべき 
    ・銀行や病院、学校など「貴社」「御社」が使えない組織もある

就活や転職活動に限らず、ビジネスシーンでもよく使用される「貴社」「御社」。言葉の意味や、使う場面について悩む人もいるのではないでしょうか。 
このコラムでは「貴社」と「御社」の違いや、使い方についてまとめました。同じくビジネスシーンで用いられる「弊社」や「当社」の使い方も合わせて解説します。

◆「貴社」と「御社」の違いって?

「貴社」と「御社」は、どちらも相手の会社を敬って呼ぶときに使用する言葉です。同じ意味の敬称ですが、どちらも同じように使用できる訳ではありません。
就活や転職活動の場面だけではなく、社会人になっても使用する機会が多いため、適切な用い方を知っておきたいもの。「貴社」と「御社」には、以下のような違いがあります。

【貴社の使い方】

「貴社」は書き言葉として使用します。エントリーシートや履歴書、メール、手紙などを作成する際に用いましょう。
「きしゃ」は「貴社」以外にも「記者」「帰社」「汽車」など同音異義語が多くあります。混乱を避けるために、会話では用いないとされているのです。

〈使用例〉

・即戦力として貴社に貢献したいと考えています
・貴社におかれましては益々ご健勝のこととお喜び申し上げます
・下記日程のいずれかで貴社に伺えればと存じます

【御社の使い方】

「御社」は、面接や電話などでの話し言葉として使います。電話対応や取引先とのやり取りなど、会社に入ってからも使用するシーンが多いので覚えておきましょう。
しかし、多用しすぎると悪い印象を与えてしまうこともあるため注意が必要です。

〈使用例〉

・この度御社に応募したのは、こちらの経営理念である○○という点に魅力を感じたためです
・○月○日○時より御社に伺います
・御社の企画を拝見し、検討させていただきます

上記のように、「貴社」と「御社」には用いるシーンに違いがあることが分かりました。
「貴社」は基本的に書き言葉として使用しますが、話し言葉で用いても間違いではありません。大切なのは、文章や会話の中で「貴社」と「御社」を混在させないこと。
「貴社に応募した理由は、御社の経営理念である~」と話してしまうと統一性がなくなってしまいます。最初に「貴社」と言ってしまったら、途中で言い換えずに「貴社」で通したほうが良いでしょう。
また、「貴社」「御社」は敬語です。「貴社様」「御社様」という言い方は二重敬語になってしまうため、使用しないように気をつけましょう。

◆転職活動で「弊社」は使わない

自分の会社を指す謙称には、「弊社」という言葉があります。
「弊社」は取引先との会話や商談など、社外の人に対して話すときに使用するもの。その企業を代表する立場としての表現なので、使用するシーンによってはマナー違反になってしまう恐れがあります。
特に、個人で行う転職活動では、自分の勤めている会社を「弊社」と呼ぶべきではありません。転職活動の面接などで、現在勤めている会社について話す場合は「現在の勤め先」や「現職」、既に退職している場合は「前職」といった言葉を用いるようにしましょう。

「弊社」と同じく自分の会社を指す「当社」という言葉は、一般的には自社の人に対して自分の会社を指すときに用います。
しかし、「弊社」「当社」の使い分けには厳密なルールがある訳ではありません。会社によっては社外の人に対しても「当社」と言うことがあります。

◆「貴社」や「御社」を使えないケース

相手の会社を指すときは「貴社」もしくは「御社」を使いますが、組織によって使用できない場合もあります。
例えば、銀行に対しては「貴行」「御行」、病院には「貴院」「御院」などを使用するのが一般的。「貴社」「御社」を使用できない組織は、ほかにも以下のものがあります。

・信用金庫→「貴庫」「御庫」
・省庁→「貴省」「貴庁」「御省」「御庁」
・学校→「貴校」「御校」
・組合→「貴組合」「御組合」
・協会→「御会」「御協会」「貴会」「貴協会」

上記のように組織によって用いる言葉が変わりますが、「貴社」や「御社」と同じく、書くときは「貴」、話すときは「御」をつけましょう。

敬称のマナーや応募書類対策、面接対策に自信のない方は、ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、アドバイザーが履歴書や職務経歴書の添削、応募する企業に合わせた面接対策を実施。さらに、内定獲得後は退職願の書き方や提出方法など入社前の準備もサポートしています。
働きながら転職活動をしたい方は、ハタラクティブを活用して効率的に進めましょう。

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    「御社」と「貴社」にはどんな違いがある?正しい使い方まとめ

  • image

    貴社はどういうときに使う?意味と使用方法まとめ

  • image

    もう、メールや面接で迷わない!御社と貴社の違いとは

  • image

    覚えておきたい!弊社・当社・御社・貴社の使い分け

  • image

    「御社」と「貴社」の使い分けは、どうしたらいい?

  • image

    御社はどんなときに使う?履歴書には書くべき?

  • image

    「貴社に貢献」で人事の心を掴む!伝わる志望動機のつくり方

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?