新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニート人口は多い?ニート関連の知識を再確認しよう

ニート人口は多い?ニート関連の知識を再確認しよう

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・ニートとは、就業、就学せず職業訓練も受けていない人のことを指す
    ・ニート人口は増加と減少を繰り返しながらも、全体として右肩下がりの傾向にある
    ・ニートが求職をしない理由としては、能力や知識に自信が持てない、仕事が見つからない、病気などにより就労が困難である、といったことが挙げられる
    ・就職を目指すためには、生活リズムを整える、アルバイトを始める、就労支援サービスを活用するといった方法がある

ニートとは、Not in Employment, Education or Trainingの略称であるNEETを日本語読みした言葉です。就業・就学せず、職業訓練も受けていない人のことを指しています。
本記事ではニートの人口統計やニートになる理由などと共に、ニートから就職を目指す方法についても解説。社会人としての第一歩を踏み出したいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

◆ニートと若年無業者

まずはニートおよび若年無業者の定義、ニートの統計などについて確認しましょう。
 

【ニート・若年無業者とは】

ニートとは、Not in Employment, Education or Trainingの略称であるNEETを日本語読みした言葉です。就業・就学、および職業訓練もしていない人のことを指します。年齢は一般的に15歳~34歳とされているようです。
ニート以外に、若年無業者という言葉が用いられるケースも。こちらは15歳から39歳までで、求職活動を行っていない人が対象とされます。微細な違いが見られるものの、両者はおおむね似通ったものと考えることができるでしょう。
 

【若年無業者数の人口統計と傾向】

国内の人口統計において、両者はほぼ同一の概念として扱われます。厚生労働省の調査でも、若年無業者は15~34歳の人達が対象になっています。
2002年から2015年までの若年無業者人口は、増加と減少を繰り返しながらも全体として右肩下がりの傾向。2002年64万人だったニート人口は、2015年には56万人に減っています。年齢層は15~19歳がやや少なく、25~29歳・30~34歳が多めとなっているようです。

参照元:厚生労働省 - 平成28年版 労働経済の分析 https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/roudou/16/backdata/1-2-29.html

 

◆ニートになる理由

ニートが求職しない理由としては、自分の能力や知識に自信が持てない、仕事を探してみたものの見つからない、といったことが挙げられます。
本当は社会に出て収入を得ることが必要だと考えていても、病気またはケガのため求職活動がうまくいかない人も見受けられます。この層はやむを得ない事情でニートとなっているため、回復後には就職するチャンスを掴みやすいでしょう。
また、資格取得に向けた勉強をしている人に関しては、目標実現やキャリア形成といったポジティブな理由からニートになっているといえます。

参照元:総務省 - 平成30年 子ども・若者白書 http://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h30honpen/pdf/b1_03_02_01.pdf
参照元:総務省 - 平成24年就業構造基本統計調査 http://www.stat.go.jp/data/shugyou/2012/pdf/kgaiyou.pdf

 

◆ニートから就職を目指そう

最後に、ニートの方が就職を目指す際に必要な行動について見ていきましょう。
 

【生活リズムを立て直す】

就職して毎日仕事に行くことになれば、規則正しい生活をして健康を保つ努力が必要です。現在不規則な生活を送っている方は、今のうちに生活のサイクルを整えておきましょう。
ニートの傾向の一つとして、仕事をしていないため朝起きる時間が特に決まっておらず、起床が遅くなってしまうということが挙げられます。こうした生活を毎日続けることで、昼夜が逆転してしまうのです。
昼夜逆転生活をしている人の中には、夜早く寝ようと思ってもすぐに寝付けないという方もいるかもしれません。その場合には無理に眠ろうとせずに、睡眠時間が短くなっても早起きすることを心がけます。これを続けることで、時間はかかっても規則正しい生活リズムを取り戻しやすくなるでしょう。
 

【アルバイトを始める】

社会人として復帰するにあたり、まずはアルバイトから始めてみるのも一つの手です。
アルバイトのメリットは、正社員の求人と比べて採用されやすいという点にあります。正社員よりも責任の比重が軽いのもポイントといえるでしょう。ニートの方にもチャレンジしやすい仕事は、以下の通りです。
 

・単発、短期のアルバイト

単発のアルバイトの中には、最短で1日の求人もあります。少々長くて数ヶ月のものもあるので、いずれにしても長期に渡って働く自信が持てないでいる方におすすめといえるでしょう。派遣先に応じて勤務地が変わることもあるため、いつも新鮮な気持ちで仕事に向かうことができるの魅力です。
ただし登録制の場合、常に自分の希望日に仕事依頼があるとは限らないという点には注意が必要です。また、給与の支払い方法も派遣会社により扱いが異なるケースがあります。
 

・大量募集のアルバイト

不採用になると落ち込んでやる気がなくなってしまう…という方は、大量募集のアルバイトに応募してみるのはいかがでしょうか。
新店舗のオープニング求人などでは、一度に大人数のスタッフを募集する傾向があります。こうした求人であれば、若干名の募集に比べて採用確率が上がる可能性も。他のスタッフも1からのスタートとなるので、同期と友人のような関係で一緒に頑張れるのも魅力です。
 

・在宅ワーク

あまり外に出ることのない生活をしていた方には、在宅ワークが向いているかもしれません。現在では、パソコンとインターネット環境があればすぐに始められる在宅ワークもあります。
在宅ワークの利点は、通勤の必要がないということ。交通費が発生しないのが嬉しいポイントです。おしゃれも求められないため、外出するのが苦手な方でも気軽に開始することができます。
 

・工場、清掃など

コミュニケーションに苦手意識をお持ちの方は、人と接する機会の少ない仕事を選択すると良いでしょう。例えば、工場のアルバイトなどです。工場では食品製造や機械部品の組立てに従事しますが、基本的に自分の持ち場で黙々と作業をする仕事が中心となります。
清掃業務も、1人でコツコツと取り組む仕事という点で人付き合いを苦手とする方に向いているといえます。早朝のシフトを選べば、朝型生活に移行するきっかけにもなるでしょう。勤務場所は主として企業や公共の施設となります。
 

【就労支援サービスを活用する】

国や自治体、団体などが提供している就労支援サービスを受けるのも良い方法です。以下、そうしたサービスの例を紹介します。
 

・ハローワーク

ハローワークは、厚生労働省が設置している機関です。求人の紹介や相談の他、就職関連のセミナーや講習会、職業訓練なども実施しているのが特色。ニートの方はあまりハードルを上げず、最初は職業相談のために訪問するのが良いでしょう。求職者登録をすることで、相談および求人応募ができるようになります。
 

・ジョブカフェ

都道府県による若者の就職支援サービスです。ハローワークを併設し、連携を取りながらサポートがなされている場所もあります。
名称からもわかるように、カフェに行くような感覚で立ち寄ることができるのがポイント。地域ごとの特性を活かした職業体験やセミナーなどを行っています。
 

・若者サポートステーション

15歳~39歳の人を対象にサポートを行う機関です。悩みや不安があるために就業に二の足を踏んでいる若者と向き合い、職場定着できるまでバックアップ。個別相談に加え、サポート計画作成や教育訓練、就職相談にも応じています。

なお、就職を目指す際にはエージェントを利用するのもおすすめです。
ハタラクティブでは、若年層向けの就職支援サービスを実施しています。就活アドバイザーが人生相談から面接対策まで一対一で親身に対応するので、ぜひお気軽にご相談ください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ