第二新卒の強みを転職活動に活かす

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 第二新卒転職TOP
  4. >
  5. 第二新卒の強みを転職活動に活かす

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・第二新卒の転職は前向きに取り組もう

    ・第二新卒の強みは若さや経験

    ・転職を決めたら早めに行動することが大切

◆第二新卒のイメージにとらわれる必要はない

第二新卒の方の中には、「転職活動にいまいち自信を持てない」という人も少なくないようです。原因のひとつとして、新卒で入社後短期間で退職してしまったという経歴に引け目を感じているということが挙げられます。

 

新卒時は、就職後の明確なイメージを掴めないまま、早く内定をもらいたいという気持ちで、何となく就職活動を進めていた方もいるのではないでしょうか。

そのため、いざ採用が決まって働き始めると、就職活動中にぼんやりとイメージしていたことと、実際の職場の雰囲気や人間関係、仕事内容とのギャップに戸惑い、退職を選ぶというケースもあるようです。

 

しかしながら、いくら就職活動中に企業について研究していたとしても、実際の仕事内容や職場のイメージまで完璧に把握している人はほとんどいないのではないでしょうか。

 

1つの企業で働き続けて成長するのもひとつの考え方ですが、転職を選び、「自分はどんな仕事に就きたいのか」「将来何がしたいのか」を改めて考え直すことは、選択肢を広げることにも繋がります。

 

「第二新卒=すぐに退職した人」とネガティブなイメージにとらえてしまうと、就職活動もスムーズにいかないもの。

すぐに退職したことを、「忍耐や経験が足りない」と考える人もいるかもしれませんが、第二新卒には第二新卒の強みや魅力がたくさんあります。

 

第二新卒とはどんな人材かを知って、ポジティブに転職活動を進めましょう。

 

 

◆第二新卒は基本を身につけた柔軟な人材

第二新卒の仕事経験は人によって異なりますが、ある程度社会人経験を積んでいれば、ビジネスの基本となるマナーや考え方を学んでいるケースがほとんどです。電話の受け答えや挨拶など、社会人としてのマナーは実戦してみないとなかなか身に付けることができません。

 

第二新卒は新卒入社時に基本的な研修を受けていることも多く、採用する企業側からすると、仕事をするための準備段階が済んでいる第二新卒を採用することは、新人研修などの教育にかかるコストや時間が削減できるというメリットに繋がります。

 

また、第二新卒は卒業して数年のため、若さや体力はもちろん、柔軟性もあると考えられます。

そのため、第二新卒はポテンシャルの高さが期待でき、入社後成長する伸びしろのある人材と言えます。 

 

さらに、第二新卒は一度何らかの理由で退職した経験があるため、その経験を活かして次の職場でどのように働きたいのかというビジョンを明確にしやすいという点も、第二新卒の強みになります。

 

第二新卒のマイナス面に目を向けるよりも、強みを知り、前向きにアピールすることが転職活動に良い結果をもたらすのではないでしょうか。


◆第二新卒の転職活動は早め行動が大切

転職することを決めたら、早めの行動が大切です。

仕事をしない期間が長くなると、第二新卒の強みを活かしにくくなってしまうので、注意が必要です。

 

第二新卒の転職方法が分からない、1人で転職活動をするのは不安だという人は、転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

 

第二新卒をはじめ、既卒、フリーターなど若年層向けの転職支援サービスを提供するハタラクティブでは、企業選びから入社後のフォローまで、専任の就活アドバイザーがしっかりとサポート。事前にカウンセリングを行い、希望に合った求人をご紹介や、面接のアドバイス、応募書類の添削なども実施しています。

転職エージェントは初めてという人も、転職がなかなか決まらないという人も、ぜひお気軽にハタラクティブへご相談ください!




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ