第二新卒向けの面接対策とは?

第二新卒は何をアピールするのが好印象?

前職で身についたスキルや業務上の実績がある場合は、積極的にアピールすると良いでしょう。
第二新卒の強みは、新卒にはない「ビジネスマナー」が身についていること。加えて仕事に役立つスキルがあれば、即戦力になりそうだと好印象を得られるでしょう。ほかにも、自己PRを考えるときは志望職種別の例文を参考にするのがおすすめ。「自己PRの例文」をチェックしてみると良いでしょう。

第二新卒は「学生時代の経験」をアピールできる?

第二新卒は、学生時代の経験をアピールしても良いでしょう。
本来、転職では業務上の経験や実績などを話すのが鉄則です。しかし、第二新卒の方は社会人経験が少ないため、業務関連のエピソードを話すのは難しい場合があります。学生時代の経験を話題にするときは、「アルバイトをしていたときの話ですが…」などと前置きするようにしましょう。詳しくは、「学生時代の話もOK?職務経歴書に書いて良い内容とは」を参考にしてみてください。

第二新卒の自己PRは何が見られる?

企業が第二新卒の自己PRで見ているのは、社会人としての基本的なマナーが身についているか、入社後に活躍しそうなポテンシャルを持っているかの2点。そのため自己PRでは、業務経験で身についたビジネススキルを、具体的な成果や体験談を交えて説明すると効果的でしょう。そのほかの自己PRのポイントは「第二新卒の自己PRで企業が重視する点とは?」でもご紹介しています。プロのアドバイスを受けて効率よく対策したい方は、ハタラクティブにご相談ください。

新卒と第二新卒は何が違う?

新卒と第二新卒の違いは、社会人経験の有無でしょう。
新卒の場合、社会人経験がないため入社後に新人研修を行い、基本的なビジネスマナーを教育する必要があります。一方、第二新卒はビジネスマナーがすでに身についている人が多いため、教育コストが削減できるのが採用メリットです。そのほか、面接の質問内容などに違いがあります。詳しくは「第二新卒と新卒の違いってなに?」をご覧ください。

面接の合格率を上げる方法を教えてください。

面接の合格率を上げるには、徹底した対策が必要です。
自己分析や企業研究をしっかり行うのはもちろん、面接で頻出される質問に対する回答を事前に用意しておきましょう。また、過去の面接を振り返り、「なぜ失敗してしまったのか」を考えてください。失敗をそのままにしていれば、合格率は上がらないため、きちんと見直すようにしましょう。そのほか、合格率を上げるヒントは、「最終面接の合格率を上げるには?」をご覧ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION