第二新卒のお悩み・もやもやとは?

入社数ヶ月で退職したら第二新卒?

新卒入社後1~3年以内で退職した人は第二新卒として扱われます。ですので、入社後数ヶ月で退職した人は第二新卒ということに。 どれだけ早期で退職しても、一度正社員として就業すると第二新卒と定義されます。転職市場における第二新卒の位置づけについては、「第二新卒は「新卒」・「中途」どっちなの?」をご覧ください。

早期離職は転職活動でどう思われる?

「継続力がない」「また辞めるのではないか」という先入観を持たれがちです。企業が欲しいのは長期的に会社に貢献してくれる人材。そのため、第二新卒は新卒に比べて書類選考の通過率が落ちる可能性があります。 第二新卒が転職を成功させるための方法は、「第二新卒の転職難易度はどれくらい?失敗しないためにやるべきこと」をご覧ください。

第二新卒の転職活動は厳しい?

第二新卒は早期離職の職歴に懸念点はあるものの、若手を求める企業にとってメリットが大きい存在です。まず、1社目で基本的なビジネススキルを習得しているので、教育コストが低く押さえられます。加えて、柔軟性や物事を吸収する力に優れているのも年齢が若い第二新卒の魅力。 企業にとっての第二新卒のメリットは、「第二新卒はなぜ積極採用される?その人気の秘密とは」でもご紹介しています。

退職理由はどう伝えれば良い?

前向きな退職理由を伝えましょう。ネガティブな退職理由は、「環境のせいにする人」「甘えている」と捉えられる可能性があります。仮に仕事が合わなかったのであれば、「次は〇〇な仕事がしたかったから」と今後の展望を伝えると前向きな印象になります。就活時の企業選びを間違った自覚があれば、反省を述べるのも好印象です。 退職理由の伝え方は、「転職理由と退職理由!好印象を残すアピール方法とは」をご覧ください。

第二新卒の転職に学歴は重視される?

高学歴の方が就職しやすいという風潮はありますが、学歴だけが見られているわけではありません。第二新卒の転職で重視されるのは、基本的なビジネスマナーが身についているか、コミュニケーション能力はどうか、入社後に活躍しそうなポテンシャルを持っているかの3点。詳しくは、「第二新卒の転職で学歴は重要?」でご確認いただけます。

第二新卒は資格を持っていたほうが有利ですか?

第二新卒の方が転職する場合、資格の有無はそれほど影響しないと考えられます。ただし、募集要項に「必須資格」とある場合は、取得しておいたほうが良いでしょう。また、業務に関する資格を持っていると転職に役立つ場合があります。資格がなく心配な方は、「転職は資格なしでも大丈夫?20代・30代・40代別の採用ポイントを解説」をご覧ください。

第二新卒におすすめの資格はありますか?

第二新卒の方におすすめの資格は、応募先企業の業務に役立つ資格です。事務職なら「MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)」や「日商簿記検定」などがおすすめ。販売職なら「販売士検定」などが役立つでしょう。「第二新卒にはどんな資格が必要?」にも詳しい情報を記載しているので、参考にしてみてください。

第二新卒の転職活動のコツを教えてください。

第二新卒の方の転職活動では、退職理由をポジティブに伝えることが重要です。第二新卒は前職を数年以内に辞めているため、採用担当者は「また同じような理由で辞めないか」という懸念を抱いています。それを払拭するためにも、「スキルアップのため」などの前向きな転職理由を考えましょう。そのほかのポイントは「第二新卒のための転職成功の秘訣」でご紹介しています。プロの視点から転職活動をアドバイスしてもらいたいなら、ハタラクティブをご利用ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION