自衛隊を辞めたい場合どうすればいい?注意点やその後の転職方法を解説

自衛隊を辞めたい場合どうすればいい?注意点やその後の転職方法を解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・自衛隊を辞めたい理由は、心身の負担が大きく上下関係が厳しいなどがある
  • ・自衛隊で働き続けるメリットは経済的な安定
  • ・辞めるときのデメリットは、任用一時金の償還が必要な場合もある
  • ・自衛隊を辞めたいと感じたら、手順を確認して計画的に
  • ・自衛隊を辞めたい、民間企業へ転職したいと思ったら、若いうちに行動するのが良い

「自衛隊を辞めたいけど、本当に大丈夫かな?」と悩んでいる自衛官の方はいるのではないでしょうか。このコラムでは、自衛隊を辞めたいと思う主な理由や、辞めるメリット・デメリットなどをまとめました。自衛隊は民間企業と違い、特殊な業務を行う場合もあります。業務内容や体力面のつらさを感じて退官を検討しているなら、自衛隊を辞めるときの注意点を確認しておきましょう。

自衛隊を辞めたい5つの理由

自衛官の方が自衛隊を辞めたいと思うようになる原因には、心身にかかる大きな負担や業務内容の不一致、自衛隊という特殊な環境に慣れないなどがあるようです。ここでは、特に多く見られる理由を6つ紹介します。

1.心身の負担が大きい

自衛隊として勤めることは、民間企業の社員として働くよりも心身の負担がはるかに大きいです。日々の訓練は非常に厳しいため、体力的に辛いのはもちろんのこと、事故や災害救助時などの痛ましい状況にショックを受けてしまう精神的な辛さもあります。一定以上の体力と精神力が備わっていない人は、自衛隊を長く続けていくのは難しいといえるでしょう。心身に大きな負担が掛かっていると感じると、辞めたいと感じるのも無理はありません。

2.自衛隊の仕事が合わない

自衛官になったものの、自衛隊の業務内容や集団行動が自分には合わないと感じる人もいます。入隊後は、必ずしも希望の勤務先に配属されるとは限りません。基地や駐屯地は全国各地にあり、転勤は数年単位で行われる可能性もあります。そのため、自分の希望する業務ができなかったり、転勤先に馴染めず人間関係のトラブルを抱えたりする人もいるでしょう。仕事に対して自分の性格や能力とのミスマッチを感じることも、自衛隊を辞めたい理由の1つになっています。

3.プライベートの時間が取りづらい

自衛隊に入隊すると、住居は基地内の寮になります。したがって、ほかの自衛隊員と集団生活を送ることになるでしょう。起床から就寝まで、常に他人と過ごすことになるため、1人になれないことをストレスに感じてしまうタイプの人もいます。プライベートの時間が取れないため、自衛隊としての生活を辞めたいと感じてしまうのでしょう。

4.上下関係が厳しい

自衛隊では、上下関係を重んじている傾向があります。そのため、新人のうちは幹部や先輩の存在が怖く感じてしまったり、プレッシャーになってしまったりすることもあるでしょう。厳しい上下関係に疲弊してしまうことも、自衛隊を辞めたいと思う原因の1つです。
また、ときには立場や地位を理由に厳しい対応をされることもあるでしょう。業務内容の特殊性から、一般企業に比べて威圧的な態度で指導されることもあるようです。

5.サービス残業がある

実は、自衛隊にもサービス残業が存在します。自衛隊は通常の給与の中に、残業代も含まれているため、時間外の労働をしても残業代として支払われないのです。そのため、あまりに時間外労働が多いと、働いた分だけ損をした気分になってしまうでしょう。残業代がきちんと出る民間企業への転職したいので、自衛隊を辞めたいと考えてしまうようです。

自衛隊を辞めないメリット

実際に退職してしまう前に、自衛隊としてのメリットについてあらためて振り返ってみましょう。「これだけ良いことがあるなら、やっぱり自衛隊を辞めない方が良いのかもしれない」と考えが変わる可能性もあります。「辞めたい」という感情は、一時的なものかもしれません。自衛隊ならではのメリットを再確認したうえで、退職を検討してみましょう。

自衛隊の仕事は安定している

自衛隊は、給与が安定していることが大きなメリットです。公務員なので、経済状況に左右されることもなく、景気・不景気の影響を受けません。働くうえで安定が第一優先だという人には、自衛隊の環境は最適といえるでしょう。辞めたいと思って民間企業に転職すると、意外と不安定な世界で、落胆する可能性もあります。

自衛隊は治療費が無料

病気や怪我をしてしまったときは、自衛隊病院にかかることで、治療費はおおむね無料になります。公務災害認定を受けていれば、民間の病院でも同じようにお金がかかりません。自衛隊は任務や訓練で思わぬ怪我を負ってしまうこともあるため、治療が無料で受けられるようになっています。治療費が掛からないという大きなメリットと、「自衛隊を辞めたい」とい気持ちを、天秤に掛けてみましょう。

自衛隊は衣食住に困らない

自衛隊では、衣食住に困ることはありません。住居は基地内にある寮で家賃は無料、食事と衣類も支給・または貸与されるます。生活に関しての不安がないことは、自衛隊特有の利点です。民間企業で労働者に衣食住のすべてが無料で提供されることは、まずないでしょう。待遇はかなり良いといえます。これらのメリットを捨ててでも、「辞めたい」という気持ちが大きければ、退職を検討してください。

自衛隊を辞めたいときの注意点

自衛隊を辞めることを決意しても、「辞めたい日に即日退職」というわけにはいきません。また、自衛隊を退職するときは以下のような注意点があることも、頭に入れておきましょう。

任用一時金の償還が必要な場合がある

任官後1年3ヵ月未満で離職してしまうと、任用一時金の償還が必要になります。任用一時金とは、自衛官候補生が前期教育を修了し、2士に任官した翌月に支給されるものです。防衛省の職員の給与等に関する法律施行令(第十九条の三)によると、離職する時期によって、以下のように返済額が変わるので注意しましょう。

離職時期 返済額
任官から3ヵ月未満 全額
3ヵ月以上7ヵ月未満 支給額の75%
7ヵ月以11ヵ月未満 支給額の50%
11ヵ月以上1年3ヵ月未満 支給額の25%
1年3ヶ月以上 なし

候補生教育後に離職する場合は、任用一時金の償還の義務があることを念頭に置いてください。「自衛隊を辞めたい」と思ったタイミングと、上記の時期を考慮して、退職時期を検討するようにしましょう。

参照元
防衛省の職員の給与等に関する法律施行令(昭和二十七年政令第三百六十八号)
第十九条の三

衣食住や治療費などの支援はなくなる

自衛隊を辞めれば、所属していたときに受けていた衣食住・治療費の支援は、当然なくなってしまいます。そのため、自衛隊を辞めたいと考えるなら、新たな住居の確保と、数ヵ月間問題なく生活できる程度の生活費を貯蓄してからが良いでしょう。

民間企業は自衛隊より収入が不安定

自衛隊と比較すると、民間企業の収入は安定性に欠けてしまいます。給与やボーナスが経済状況に左右される可能性があること、場合によってはリストラを宣告されてしまうことも考えてなければいけません。また、定年まで働けたとしても、それまでずっと収入が安定するとは限らないことも、頭に入れておきましょう。自衛隊を辞めたいと考えるなら、その後の生活や収入についてもしっかりと考えてください。

強引に引き止められるケースがある

上官に「自衛隊を辞めたい」という意思を伝えると、やや強引な引き止めにあってしまう場合があります。その理由は、辛い訓練や精神的な負担から自衛隊を辞めてしまう人が多く、人手不足が続いているからです。しかし、「人手不足だから」というのは、労働者の退職を引き止められる理由にはなりません。退職の意思が固い場合は、強い引き止めにあっても、自分の考えを曲げないことが大切です。

自衛隊を辞める手続き

自衛隊を辞めたいと思ったら、退職希望日の30日前までに、上官に退職願を提出しなければなりません。しかし、階級によっては、実際に退職できるまでに3~4か月かかることもあります。書類を上官に提出し、さらにその上の上官へ、と繰り返していくので、スムーズに進まないこともあるでしょう。
スムーズに自衛隊を辞めるには、退職に関わる手続きを理解しておく必要があります。ここでは、自衛隊を辞めたいと思ったときに確認するべきポイントを、順を追って説明するので、参考にしてください。

1.自分の考えを整理し計画を立てる

まずは、現在の自分の考えを整理します。自衛隊を辞めたい理由や、退職したい希望日をはっきりと決めておきましょう。これらの点がはっきりしないと、上官に相談したときに引き止めにあってしまう可能性があります。退職の意思をはっきりと見せることが肝心となるでしょう。また、退職後に転職するのかどうかも考えてください。もし転職したい場合は、希望の職種や年収などを、あらかじめ調べておきましょう。自衛隊と一般の民間企業とでは、違う点が多々あります。転職後に後悔することのないように、計画を立てましょう。

2.自衛隊法を確認しておく

自衛隊を辞めたいと考え始めたら、自衛隊法を確認しておきます。退職に関して自衛隊法で定められた項目もありますので、上官に相談する前に確認しておくと、よりスムーズに話を進めることができるでしょう。
自衛隊の退職に関しては、自衛隊法の第31条や第40条に記載されています。場合によっては、退職を認めないとの記述もあるので、確認しておきましょう。

参照元
e-Gov法令検索
自衛隊法

3.上官に相談をする

辞めたいという意志が固まり、準備ができたら、次は上司への相談です。これは、自衛隊も民間企業と同じで、まずは直属の上司である上官に相談します。この際に気を付けるポイントは、強い引き止めにあう可能性があるということです。退職の意志が固いのなら、強い意志で臨みましょう。上官への伝え方に不安がある場合は、「円満退職するための伝え方は?上司に切り出すときの注意点もご紹介」も参考にしてください。

4.退職者調書や退職願を作成

上官に、辞めたい意図を認めてもらえたら、退職に関する書類を作成します。自衛隊を退職する場合、「退職者調書」と「退職願」の2点が必要です。これは人事担当者がヒアリングして作成することになっています。ヒアリングの際に答えるだけで大丈夫です。

5.防衛省共済組合解約の手続きや被服等の返納をする

自衛隊退職手続きとして、共済組合の脱退手続きも必要です。こちらも退職1か月前までに手続きが必要になりますので、退職の手続きと並行して進めましょう。必要に応じて、退職後も保険に加入し続けることができます。自衛隊を辞めたいと思ったときや、手続きを行う時点で転職先が決まっておらず、保険に不安がある方は、継続を検討しても良いでしょう。
制服や装備品も返納しなければなりません。退職日までに必要な最低限のものだけを残し、使用する予定のないものはクリーニングへ出します。装備品は整備して、返納しておきましょう。

6.身分証を返納して退職

最後に、退職日の当日に上官への報告と挨拶を兼ねて伺います。その際に、身分証を返納して、晴れて退職です。以上が、自衛隊を退職する際に行う手順の一連の流れになります。辞めたいと考えてから、実際に退職できるまでにはある程度時間が掛かることは、承知しておきましょう。

退職が認められないときの手段
以前から退職の意思を伝えているのに、いつまでも辞めさせてくれない…そんなときは、最終手段として弁護士に退職代行を依頼するという選択肢もあります。法律にのっとり、正式な手続きを踏んで退職することができるでしょう。退職代行サービスには、民間の会社が運営しているものもあります。しかし、弁護士を介さない退職代行は弁護士法に違反する違法行為になる可能性があるので、注意しましょう。

自衛隊を辞めたい!民間企業へ転職は可能?

自衛隊を辞めたい理由の1つに、民間企業への転職を考えている方も多いでしょう。転職では、年齢による採用率や自己分析、企業研究などのポイントを頭に入れておくことがポイントです。

若いときほど転職活動はうまくいきやすい

自衛隊を辞めたいと考えて民間企業への転職を検討する場合、年齢が若いほうが、転職先の選択肢は多く、採用へのハードルは低い傾向にあります。転職を検討するなら、できるだけ若いうちに行動した方が良いでしょう。教育訓練を受けている任期制隊員の場合は、任期満了のタイミングで辞めたいと考えて、民間企業へ転職する人が多いようです。

自衛隊と民間企業の違いを理解しておく

自衛隊を辞めないメリット」「自衛隊を辞めたいときの注意点」でも一部紹介したように、自衛隊と民間企業では待遇や働き方が異なります。辞めたいという気持ちだけで行動し、違いを知らないまま転職するのは、早期離職のリスクや再入隊に繋がるので、注意が必要です。自衛隊と民間企業ではそれぞれ別の良さや厳しさがあり、一概にどちらが優れているとはいえません。自分の性格や価値観、能力を考慮したうえで、転職すべきかどうかを判断してください。

自己分析と企業研究をしっかり行う

自己分析と企業研究は就職活動の基本です。この2つがしっかりできていないと、企業と自分の能力・価値観の間でミスマッチが起こり、せっかく入社した会社を辞めたいと感じてしまう可能性があります。早期離職は、次の転職にも悪影響を及ぼしかねません。転職を成功させるためにも、自己分析と企業研究は徹底して行いましょう。

自己分析のやり方

これまでの自分の経験を整理して、良かったこと・悪かったことなどをリストアップする作業です。リストから、自分の価値観や強み、性格などを分析します。「なぜ自衛隊を辞めたいと思ったのか」も、自己分析の要素になるでしょう。分析した結果をもとに、自分に向いている仕事を探します。自己分析のやり方については、「自己分析って何?やり方がわからない方へのヒント集」を参考にしてください。

企業研究のやり方

自己分析で向いていると判断した、業界や職種に関連する企業をリストアップします。そして、企業ごとに企業情報や事業内容、採用情報、求める人物像といったデータを集めていきましょう。同業界内での違いや位置づけ、特色なども調べておくと、なお効果的です。「企業研究ってどうやるの?基本的なやり方と目的を解説」でも、企業研究のやり方を解説しています。

自衛隊に所属していた経歴は転職活動でも役立つ

辞めたいと思いながらも、自衛隊として培ってきた強みは、民間企業でも活かすことができます。たとえば、以下のようものが元自衛隊員としての強みになるでしょう。

・訓練を耐え抜いてきた体力
・厳しいルールの中で生活し身についた忍耐力
・集団行動の中で培った協調性
・後輩への指導経験

民間企業への転職では、強みや能力をどのように会社へ貢献し、利益につなげられるかが重視されます。企業研究で応募先が求める人物像を調べて照らし合わせ、自分の強みが会社にマッチしていることを積極的にアピールしましょう。

自衛隊を辞めて転職する方法

ここでは、自衛隊を辞めて転職をする方法について紹介します。自衛隊を辞めたいと思っても、新しい仕事の探し方はさまざまです。転職サイトやハローワークを利用して自分で仕事を探すという方法もその1つではありますが、自衛隊と民間企業とでは考え方や求める人材に違いがあります。そのため、1人で転職活動を行うのは難しいと感じる場合もあるでしょう。転職活動の進め方に不安を感じる人は、以下の方法を参考にしてみてください。

退職自衛官向けの再就職支援を利用する

退職した自衛官は、無料の職業紹介などを受けられる「再就職支援」を利用することが可能です。自衛隊の仕事は、体力面と精神面両方の強さを求められます。民間企業に勤める人よりも、早い段階で負担を感じ辞めたいと考えるのでしょう。そのような元自衛官が、退職後の生活を不安なく送れるように設けられた支援制度が、再就職支援です。再就職支援を利用する場合は、まず自衛隊援護機関に援護依頼手続きを行います。自衛隊援護機関は、一般財団法人自衛隊援護協会へ求人・求職情報の取次を行い、企業へ求職者を紹介するのが一般的な流れです。ただし、平成27年10月1日から再就職規制が導入され、再就職に関するルールが設けられました。在職中に届出が必要な場合や、離職後の事前届出が必要な場合などさまざまなルールがあります。再就職支援の利用を考える場合は、早いうちにしっかり確認しましょう。

参照元
防衛省・自衛隊
自衛隊員の再就職等規制の届出

転職エージェントを利用する

転職活動の進め方に不安がある場合は、転職エージェントを頼るのも選択肢の1つです。転職エージェントのアドバイザーや、ハローワークの相談窓口といった、就職・転職のプロに相談すれば、スムーズに求職活動を進められるでしょう。自衛官としての職業経験しかないのであれば、自衛隊という特殊な環境から民間企業へ転職するのはなかなか難しいものです。辞めたいと考えているなら、親や友人など身近な人へ相談してみるのも良いでしょう。「転職活動のやり方が分からない…」と不安を抱えているのであれば、1人で悩まず第三者に相談することをおすすめします。

ハタラクティブは、希望する求人のヒアリングから内定獲得までをトータルサポートする、就職・転職エージェントです。専任のアドバイザーが一人ひとりにマンツーマンで対応するため、転職に関する疑問点や不安に感じていることを気軽にご相談いただけます。また、応募書類の添削や面接対策も丁寧に実施し、企業とのやりとりや面接のスケジュール調整などもハタラクティブが代行します。もちろん、これらのサービスはすべて無料です。1人での転職に不安を感じている方は、ぜひハタラクティブをご利用ください。

自衛隊の退職を検討している方の疑問に答えるQ&A

ここでは、自衛隊を辞めたいと考えている方の疑問にお答えしていきます。退職には不安がつきものです。お悩み解消にぜひお役立てください。

自衛隊を辞めたら失業保険を受け取れる?

公務員は失業保険の対象外となっており、基本的には受け取れません。ただし、退職手当の受け取りは可能です。退職手当は退職前の給与や勤続年数、退職理由によって支給額が決定します。詳しくは「公務員は失業保険をもらえる?受け取れる手当を解説」でも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

民間企業で働くメリットって?

民間企業では、実力主義や成果主義を謳っている会社が数多くあります。成果を残せれば、若手のうちから昇格や昇給が叶うこともあるでしょう。詳しい民間企業に就職するメリットは、「公務員、辞めたい?民間のやりがいや転職の秘訣を知ろう」でも紹介しています。このコラムの「自衛隊を辞めないメリット」と比較して、退職を慎重に検討しましょう。

体力を活かせる仕事ってある?

体力に自信がある方は、営業職や配送ドライバー、建設現場作業員などがおすすめです。そのほか、おすすめの職種は、「体力には自信あり!パワーのある方におすすめの仕事とは」でも紹介しています。また、ハタラクティブでもあなたの適性に合った求人をご紹介可能です。専任の就活アドバイザーが詳しくお話を伺いますので、ぜひ一度ご相談ください。

3年以内で辞めても転職できる?

新卒として入職後、3年以内で退職した方を第二新卒と呼びます。企業にとって第二新卒を採用するメリットは、「柔軟性がある」「即戦力になる」など、さまざまあるので、転職できる可能性は十分にあるといえるでしょう。転職活動のポイントは、自分の強みや弱みをしっかりと把握し、適性に合った会社を選ぶことです。詳しくは「第二新卒は転職に有利な時期?企業が歓迎する理由とは」でも解説しているので、ぜひご覧ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION