新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 役員面接対策!合格率を上げるポイント

役員面接対策!合格率を上げるポイント

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・役員面接の面接官は、社長や役員、担当部署の部長など、採用の最終決定を下せる立場にある人が行う
    ・役員面接は落ちることもある
    ・役員面接では、人柄や入社意欲を重視する傾向がある
    ・役員面接では、「当社が第一志望ですか?」といった入社意思を見る質問、「この会社をどのようにしていきたいですか?」といった将来のビジョンを問う質問が多い
    ・役員面接の前は、逆質問の準備や企業研究などの対策をしっかり行うことが大切

「役員面接」は言わば内定が出る一歩手前の段階です。
最終面接とも言われ、「内定が出たも同然!」と考える人や「失敗したらどうしよう…」と不安に思う人など、役員面接に対する捉え方は人それぞれです。
ここでは、役員面接とは何か、最終面接で面接官が重視するポイントは何かなど、役員面接にまつわるあれこれを詳しくまとめました。

◆役員面接とは?

役員面接とは読んで字のごとく、企業の役員が面接官を務める面接です。
採用面接の最終段階であることが多く、「最終面接」と言われることもあります。
また、役員のほか、社長、担当部署の部長など、採用に関する最終決定を下せる立場にある人が面接官を務めるのが一般的です。

「役員面接・最終面接=顔合わせ」という噂を耳にすることもありますが、明確な裏付けはありません。
役員面接をしても、面接官が「会社に合わない人材だ」と判断すれば、落ちることもあります。
“役員面接は顔合わせが目的”、“最終面接は内定が決まっているもの”と油断して、せっかくの機会を無駄にしてしまわないように、“最後の面接だからこそ悔いの残らないように頑張ろう”という気持ちで挑むことが大切です。


◆役員面接は半分内定が決まっている?

前項でもお話したように、顔合わせ程度、内定が決まっているもの、落ちることはほとんどない、半分内定が決まっている、など役員面接に関する噂はさまざまです。
根拠のないものが多い中、「役員面接=半分内定が決まっている」という噂にポイントを絞って考えてみたいと思います。

実際のところ、応募者について「この人を採用しても問題ないか」という判断は、役員面接前にある程度済んでいるケースが多いようです。
書類選考、一次面接、二次面接と進むにつれ採用担当者が見るポイントは具体的になり、“会社で活躍しそうな人材”としてスキルや能力について一定の評価を受けている人が最終面接へ進む傾向があります。
そのため、「半分内定が決まっている」というのは、企業や面接官によって差はありますが、あながち間違いとは言い切れません。
しかしながら、採用に関して「絶対」ということはないため、あくまでも目安として捉えるくらいにするのが無難。「役員面接=最終判断の場」という意識を持ち、しっかりと取り組むことが合格率を上げるポイントです。


◆役員面接では何を見られる?

役員面接で面接官は、応募者の何を見て採用・不採用の判断をしているのでしょうか。

【役員面接で面接官が重視するポイント】

・入社意欲…入社に対して熱意があるかどうか、すぐに辞めないか
・人柄…会社でうまくやっていけそうか、職場に馴染めそうか
・将来のビジョン…明確なキャリアプランをもっているか
・将来性…会社にとって有益な働きをする人材か
・柔軟性…事業が変化しても対応できるか

多くの企業では、一次・二次面接を通過している時点で、能力や経験について“問題なし”と判断しています。
したがって、役員面接では改めて能力や経験について詳しく聞くというよりは、「会社とマッチする人材か」「入社に対する熱意があるか」など、応募者の人柄や将来性、入社の意思を重視する傾向があります。
役員面接で面接官が何を知りたいのか、何を求めているのかをよく考え、しっかりと面接対策を行いましょう。


◆役員面接でよくある質問とは?

役員面接でよくある質問についてあらかじめ回答を準備しておけば、本番で慌ててしまうリスクを減らせるのではないでしょうか。
ここでは、役員面接でよくある質問について、質問の意図や回答ポイントをまとめました。

【入社意思を問う質問】

・当社が第一志望ですか?
・ほかに採用面接を受けている企業はありますか?
・当社の内定が決まったら、求職活動を止めますか?
・正直に言うと、当社は何番目の志望ですか?
・当社に必ず入社しますか?

これらの質問では、応募者の「入社意思」「熱意」を見ることができます。
企業にとって内定辞退は、予定の人材が確保できない、再度募集をかける必要が出るなどのリスクに繋がります。
そのため、能力や経験が同じような人材のどちらかを採用する場合、他社との併願により入社の意思が低い人よりも、必ず入社するという人を採用する傾向があります。

また、役員面接まで進むということは、「この会社に入社してもいい」という気持ちで面接に挑んでいるのではないでしょうか。
面接官に「当社が第一志望ですか?」と聞かれたら、「第一志望です」とはっきり答え、入社意思が高いことをアピールしましょう。
内定を受けた後、やむを得ない理由で辞退する場合は、採用担当者にできるだけ早く連絡を取り、選考に対するお礼と辞退することへのお詫びの気持ちを丁寧に伝えるよう心掛けましょう。

【人柄や価値観を知るための質問】

・簡単に自己紹介をしてください
・運はいい方ですか?
・ストレスが溜まったらどうしますか?
・人から見ると自分にはどのような長所、短所があると思いますか
・最近気になるニュースはありますか?

これらの質問では、応募者の「人柄」や「価値観」などを見ることができます。
最終面接では能力や志望度のほかに、「会社でうまくやっていける人材かどうか」を判断することも重要です。
回答をする際に、自分本位で話していないか、ネガティブではないかなどに注意して、面接官が「一緒に働きたい」「この人に会社で働いて欲しい」と思うような発言を心掛けましょう。

【将来のビジョンを持っているかを問う質問】

・この会社をどのようにしていきたいですか?
・入社したらどんなことがしたいですか?
・将来の自分はどうなっていると思いますか?

将来のビジョンを聞くことで、会社の方針と合うかどうか、将来を客観的に考える能力があるか、長期的な視野を持って働けるかなどを知ることができます。
会社や仕事の適性が合わなければ、将来的にモチベーションの低下や離職に繋がることも。
募集要項などを見て、企業が求める人材と自分の考えにズレがないかどうか、今一度確認してみましょう。

【志望動機・自己PRを掘り下げる質問】

・数ある企業の中でなぜ当社へ入社を希望するのですか?
・どうしてこの仕事を選んだのですか?
・あなたのどんな能力、経験がこの仕事に活かせると思いますか?
・もう一度志望動機を教えてください

志望動機や自己PRについての質問は一次、二次面接でよくあるものですが、役員面接では面接官が気になる内容について掘り下げるケースが多いようです。
この質問の意図は、「仕事への意欲や熱意があるか」「会社について深く理解しているか」を判断することです。
面接前に、自分の志望動機や自己分析をもう一度読み返し、詳しく言及できることはないか考えておきましょう。

【転職・退職理由を問う質問】

・なぜ前職を辞めたのですか?
・どうして転職を希望するのですか?

入社後に同じような理由で離職しないか、人間関係のトラブルを抱えた人材ではないか、などを判断するために転職理由や退職理由を聞くことがあります。
前向きな理由の場合はそのまま伝え、ネガティブな理由の場合は前向きな内容に繋げましょう。
前職の悪口や不満は言わず、面接官に安心してもらえるように転職理由を伝えることがポイントです。


以上が役員面接で出されやすい質問です。それぞれの目的を知り、意図に合った回答を準備するように心掛けると良いでしょう。
また、面接の最後に「逆質問」をされることがよくあります。
次項では、意外と困る人も多い逆質問について詳しくご紹介しますので、面接対策に役立ててみてはいかがでしょうか。


◆逆質問を用意しよう!

役員面接の最後に、「何か質問はありますか?」「最後に聞きたいことはありますか?」と聞かれることがしばしばあります。
面接でよくある質問のひとつで、面接官から応募者へ質問するのではなく、面接を受ける側から面接官へ質問をするため、「逆質問」と呼ばれています。
回答に困ったからといって、「特にありません」と答えるのは消極的な印象になるため、避けたほうが賢明。
逆質問の答えに困らないように、あらかじめ質問をしっかり準備しておきましょう。

【逆質問のポイント】

・Webサイトなどで調べれば分かる内容は聞かない…マイナスイメージになるので注意
・逆質問は3~5つくらい用意しておく…面接中に解決することもあるため、複数あるのがベター
・その場の雰囲気に合わせて質問する…ジャンルが偏らないように準備しておくと良い
・入社意欲を感じる前向きな質問を用意する…具体的な仕事内容や配属先の構成、雰囲気など
・個人情報や離職率、残業時間などの話題は避ける…答えづらい質問はネガティブな印象に繋がる
・漠然とした質問はしない…具体的に掘り下げた質問の方が企業研究をよくしているという印象になる

【逆質問のOK例】

・入社までにどんなことを学んでおくと良いでしょうか?
・職場の雰囲気を教えてください
・〇〇で活躍している社員の方の特徴を教えてください
・今後どのようなスキルを身につければ、〇〇の仕事に役に立ちますか?
・御社では自分と同じような経歴の人は勤めていますか?また、その人はどんな業務をしていますか?

OK例では、どれも応募先企業で働くことに対し、意欲的な印象を受ける内容になっています。
さらに、面接官が答えやすい質問内容になるように意識すると好印象です。

【逆質問のNG例】

・企業理念を教えてください…調べたらすぐに分かる内容
・有給休暇、長期休暇は好きなときに取得できますか?…待遇面を重視しているという印象がある
・給与、昇給について教えてください…給与面を重視している印象がある
・いつから働けますか?…採用を決める役員面接で聞く質問ではない
・特にありません…入社意欲が低いと判断されることがある

調べれば分かる内容や、仕事以外のこと(休日や給与など)を重視しているような内容になっています。
また、特にありませんと答えるのは、やる気がない、企業に関心がないなど、ネガティブなイメージになる恐れがあるため、避けたほうが無難です。

逆質問は「入社意欲」を効果的にアピールするチャンスです。
「どうしてもここで働きたい」という気持ちを伝えるためにも、率先して質問するようにしましょう。


◆役員面接でよくある失敗とは?

役員面接の面接官は、企業の社長や役員、部長など、言うなれば「企業の偉い人」が務めます。
そのため、一次面接や二次面接とは違った雰囲気に戸惑い、ミスをしてしまう人も少なくないようです。

【役員面接でよくある失敗】

・社長(役員)を前に緊張してしまい言葉が出ない、しどろもどろになる
・プレッシャーにより体調が悪くなる
・言葉遣いやお辞儀のタイミングのミス
・準備した回答を忘れてしまう、飛ばしてしまう
・企業研究が不十分で答えに困ってしまう
・顔合わせ程度と思っていたため準備不足
・普段の実力を発揮できない
・社長(役員)の名前を間違ってしまった

上記はよくある失敗のほんの一例です。
相手が社長や役員、上司になる人だと思うと極度に緊張してしまう人や、「最終面接を通れば採用だ」というプレッシャーが強く、いつもの調子が出ない人もいます。
また、面接中の些細なミスが気になり、最後まで集中できないというケースもあるようです。


◆些細なミスなら挽回できる!

実際のところ、役員面接で失敗したら即座に“不採用”となるのでしょうか。
企業や面接官により、判断の仕方は違いますが、一般的に言葉や動作のミスといった些細な失敗では、即不採用になることはないと考えて良いでしょう。
役員面接で面接官が見たいのは、応募者の「人柄」や「入社意欲」です。質問の回答内容が面接官に好印象に伝われば、ミスは発言で挽回できるのではないでしょうか。

しかしながら、失敗を気にしてしまい「分かりません」を連発したり沈黙が続いたりすると、面接官は応募者について詳しく知ることができません。
面接でちょっとした失敗をするのは珍しいことではないので、些細なミスがあっても「発言で挽回できる!」と気持ちを切り替え、自分をアピールすることに集中することが大切です。


◆合格率を上げるためにしておきたい面接対策

役員面接の合格率を上げるためにしておきたいことは、何と言っても「事前準備」です。
準備ができていないと、面接本番に何も思いつかず沈黙してしまう、緊張で普段の力を発揮できないなど、失敗してしまうことが少なくありません。
役員面接では、一次面接や二次面接では聞けなかった詳しい内容を問われるケースが多くあります。
以下の面接対策のポイント確認して、万全の状態で役員面接に挑戦しましょう。

【面接対策のポイント】

・企業研究をもう一度やる…Webサイト、求人情報を確認し、企業についての理解を深める
・面接のシミュレーションを行う…ノックの回数や一礼のタイミング、質疑応答など一連の流れを練習しておくと自信に繋がる
・体調を整える…早めの就寝を心掛け、食事に気をつける
・自己PR、志望動機をさらに掘り下げる…アピールポイントを明確にする
・時事問題の対策をしておく…業界に関連するニュースなどを押さえる
・服装、マナーをチェックする…面接官に失礼のないように心掛ける
・出されそうな質問に対する回答を用意する…逆質問はジャンルが被らないように3~5問考える

また、応募書類で記入した自己PRや志望動機、一次、二次面接で発言した内容を確認し、役員面接の回答内容が自分の発言と矛盾しないようにすることも大切です。
役員面接が最終面接となる場合が多いため、自分の言いたいことは伝え漏れのないようにアピールし、悔いの残らないようにしましょう。


◆転職エージェントを活用して効果的な面接対策をしよう!

面接対策は1人ではなかなか難しいと感じる人は多いようです。
世の中には面接対策関連の本やWEBサイトが溢れていますが、自分に合ったツールを探すのに時間が掛かってしまい、対策が中途半端なまま面接当日を迎えてしまうなんてこともよくあります。
自分で面接対策をするのは苦手、就職・転職活動を効率よく勧めたいという人は、転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。
転職エージェントと聞くと、求人紹介だけ?と思う人もいるようですが、サービスは多岐にわたっています。
1から就職・転職活動を始めたいという人は、自分の適性に合った仕事の紹介をはじめ、履歴書・職務経歴書といった応募書類の添削、企業研究のアドバイス、企業との交渉代行サービスなどを利用すると便利です。

就職・転職サポートサービスのハタラクティブなら、面接対策を就活のプロに相談しながら効果的に進められるのが特長です。
面接対策は、専任の就活アドバイザーがフルサポート。質疑応答のポイントをアドバイスするだけでなく、面接スケジュール管理も行うため、働きながら転職活動をする人にもおすすめです。
面接対策をしっかり行いたい、1人で就活をするのは不安だという人は、ぜひお気軽にハタラクティブまでご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ