年功序列とは?働くメリット・デメリットや実力主義との違いについて解説

年功序列とは?働くメリット・デメリットや実力主義との違いについて解説の画像

この記事のまとめ

  • 年功序列制度とは、勤務年数や年齢などに応じて賃金や役職を上げる制度のこと
  • 年功序列のメリットは「将来の安定性が高い」ということ
  • 一方で、仕事への士気が上がりにくいというデメリットがある
  • 将来の安定を重視する人は、年功序列の会社に向いている
  • 実力で勝負したい人は、成果主義の会社に向いている

日本企業の雇用制度として広く使われている「年功序列」。一体どのような仕組みなのか詳しく知らない方も多いでしょう。年功序列とは、年齢や勤続年数によって賃金や役職などを決める人事制度です。このコラムでは、年功序列とは何か、働くうえでのメリットやデメリットなどについて解説します。この機会に知識に変えて、企業選びの判断材料にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

年功序列とは

年功序列とは、簡単に説明すると「年齢や勤務年数に応じて賃金や役職を上げる人事制度」のことです。個人の能力や実績とは関係なく勤務年数のみで評価を行う仕組みのことを指す場合もあります。
これは、日本特有の制度であり、戦後の高度経済成長期に日本に定着したものです。これが定着した理由としては、長期的な視点で人材育成と企業への貢献を求める企業側の考えが大きくなったことによります。勤務をしていくことで、自然と給与や出世ができるのは、安定思考でいる人にとっては、非常に魅力的なシステムといえるでしょう。

年功序列と終身雇用

日本企業で見られる特徴的な雇用制度「年功序列」。まずは年功序列が普及し始めた当時の経済状況と背景、そして年功序列制度の仕組みについて説明します。

雇用システムの三種の神器

先述した「年功序列」のほか、「終身雇用」「企業組合」といった日本独自の3つの雇用制度は、第二次世界大戦後の昭和20年代から高度経済成長、安定経済成長を迎えた昭和60年代に定着した日本型雇用システムです。通称「三種の神器」と呼ばれるこの雇用制度によって、日本は飛躍的な経済成長を迎えます。終身雇用とは、社員を定年まで雇用するシステムのことで、「長期雇用慣行」とも呼ばれる制度です。企業組合は、事業者と労働者が「組合員」となって資本や労働を持ち寄り、働く場を創造する組織。組合自体がひとつの法人としての機能を持って事業を展開します。

日本型雇用システムとその後の流れ

上記のように戦後の経済成長を支えた日本型雇用システムですが、平成に入り起こった「バブル経済」が崩落すると、その不況の煽りを受けた企業が人件費の削減と銘打ってリストラを慣行し、失業者が一気に増大しました。その後、日本経済は「グローバル経済(国内のみならず、世界に目を向けて経済の自由化を推し進める資本主義経済)」へと移行。男女雇用機会均等法・男女共同参画社会による女性の社会進出や「子育て世代」の社会進出、それに伴う非正規雇用者の増大、また、少子高齢化による年功序列制などの雇用システムの見直しと、日本の社会の変遷に伴って雇用体制の在り方が変容されるようになりました。

年功序列と実力主義との違い

実力主義とは、労働者の年齢や勤続年数での評価ではなく、仕事で出した成績によって評価が下される考え方です。この場合、個人のスキルや実績、会社への貢献度によって、賃金や役職が決まっていきます。そのため、年齢やキャリアに問わず、実力を重視することで若手のうちにキャリアアップできるのがメリットになるでしょう。こうして社員間の士気を上げ、競争心を持って新しいチャレンジをすることにより会社全体の成長を図ります。年功序列とは異なり、全社員に対して公平な評価システムであるものの、そういった点でのプレッシャーが社員の精神的な負担となったり、なかなか賃金が上がらないことに焦りを感じたりと、さまざまな側面もあるようです。

年功序列のメリット・デメリット

これまでの経済状況では、年功序列や終身雇用といった制度が主流でしたが、時代の流れとともに雇用体制の側面が見えるようになりました。ここでは、「年功序列」のメリットとデメリットを紹介します。

年功序列のメリット

将来への安定性が高い

年功序列は、年齢や勤務年数に応じて賃金や役職が上がるため、将来の不安も少なく、「安心・安定した生活」が望めます。また、そうした「安定感」は社員が会社に定着しやすく、会社への帰属意識が高まるといった会社側のメリットもあるといえるでしょう。

社内の人間関係がスムーズ

実力主義であると、上司が年下であったり、後輩の方が出世していたりと気まずい場面がありますが、年功序列ではそういったことがないため、人間関係が擦れにくいというメリットがあります。社内の人間関係に疲れた方は、「職場の人間関係が辛いときの対処法とは?ストレスを感じる要因を知ろう」を参考に解決してみてください。

社員が定着しやすい

年功序列は将来における安定性の高さから、社員が定着しやすく離職率が低くなるでしょう。そのため、会社としては、人材を長期的目線で育成することが可能になります。人材育成は会社の根幹を担う部分でもあるので、大きなメリットといえるでしょう。社員と会社が同じ方向を向いていることで、モチベーションを高く保ちながら、仕事のクオリティ向上にもつながります。

年功序列のデメリット

社員の士気が低下する

年功序列では「自分の頑張りを認めてもらえない」というネガティブな気持ちを持たせてしまうというデメリットがあります。若手の内に仕事を積極的に引き受け挑戦しても人事的な評価が上がるということがないため、仕事に対する士気が低下してしまいます。その逆も然りで、「何もしなくても時間が経てばキャリアアップできる」というぬるま湯的な環境ができ、新しいチャレンジが生まれにくくなるというリスクもあります。

会社側の給与への負担

年功序列の場合、雇用側はたとえ社員の能力やスキルがなくても、長年勤めた社員に対して高い給与を払わなくてはならないというデメリットもあります。少子高齢化が進む現代では社内でも高齢化が進んでいるため、そのぶん会社の負担は増大してしまいます。

有能で向上心の強い人は離職しやすい

有能で向上心が強い人は年功序列が合わず、離職して新たな環境に身を起きたいと考えることも少なくないようです。年功序列は安定した仕事ができるものの、年齢や勤続年数が評価の基準になるため、成果や実績が昇給や出世に大きな効果があるかどうか見えない部分があります。仕事で成果を出しても現状が変わらない、変わる可能性が低いとなれば、仕事に対するモチベーションも低下し、自分の実力を十分に発揮できない恐れも。それならば、転職や独立をして、自分がもつ能力を適切に評価してくれる環境を選ぶ人も多いようです。

実力主義のメリット・デメリット

続いては、実力主義のメリットとデメリットを紹介していきます。

実力主義のメリット

実力主義の会社であれば、年齢や勤続年数は関係なく、仕事で出した成果で社内評価されます。その結果として、20代や30代の若い世代で役職に就いたり、高い年収を得たりすることが可能です。また、学歴を重視しない傾向もあります。

実力主義のデメリット

実力主義の環境だと、仕事で成果が上げられなければ評価は下がり、給与も下がっていく可能性があります。実力主義を求めて就職したのは良いものの、必ずしも仕事内容が自分に合うかどうか分からないことも。そのため、仕事内容にもストレスが溜まる恐れもあるでしょう。また、結果が出ないことへのもどかしさとプレッシャーも少なくありません。実力主義は結果を出し続けることが重要であるため、精神面においても強さが求められるでしょう。

実力主義のメリット・デメリットに関しては、「実力主義のメリット・デメリットは?向いている人を知って働き方を考えよう」「実力主義で認められるチャンス?そもそも外資系とは?」でも解説しています。ぜひあわせて参考にしてください。

年功序列と実力主義…どちらで働く方が良い?

年功序列と実力主義、実際どちらで働く方が自分にとってメリットとなるかを考えましょう。人によって仕事に対する意識や働きやすさは異なります。そのため、自分がいかに仕事へのモチベーションを維持しながら、かつ安定した収入を得ることができるかを判断することが大切です。

将来の安定を重視したい人

「将来自分がどうなっているのか」と不安を抱えている人、または「キャリアなどにはこだわらず、安定した仕事に就きたい人は、年功序列制を採用する職場が良いでしょう。年功序列では周りを気にせずにのびのびと仕事ができますし、自分のペースでしっかりと着実にスキルを身につけることができます。ただし、年功序列の会社が倒産、もしくは定期昇給制度が廃止された場合、経験・スキル不足などの理由で転職が不利になってしまうこともあるので注意が必要です。「今やらなくてもどうせいつかは昇給する」「仕事をしても努力は評価されない」とネガティブにならず、仕事へのモチベーションを維持できるように意識すると良いでしょう。

実力社会で自分を試したい人

年齢やキャリアを問わず自分の力を試してみたい人や、目標を持って仕事に挑戦したい人は成果主義の会社が合っているでしょう。未経験でも成績が優秀ならばきちんと評価される会社や、クリエイティブな思想を大切にする会社で自分の力を最大限に引き出すことができると、仕事に対するやりがいを感じられますし、モチベーション維持にもつながります。しかし、会社で実力が発揮できないと昇給や役職に就くことができず、そのことに対しストレスを感じてしまうことがあるので注意しましょう。自分とほかの社員とを比較せず、あくまで自分のペースで仕事をすることが大切です。

自分に合った職場探しを

前述の通り、年功序列と成果主義のどちらが自分に合った働き方なのかを判断することは大切です。しかし、そういった会社を探すのは難しく、転職となると「本当にここで大丈夫なのだろうか」と感じる人もいるかもしれません。もしも自分に合った雇用体制が分からない人や、今より良い条件の会社に就職・転職したい場合は、転職エージェントを利用することをおすすめします。第三者からの意見を聞くことで、自分のことを客観的に見ることができ、自分のしたいことと自分のスキルに見合う会社を見つけ出すことができるでしょう。

ハタラクティブは、20代の就職・転職に特化した正社員就職支援サービスです。年功序列や終身雇用などといった雇用体制のことはもちろん、入社時に気をつけるべきポイントなどのアドバイスや相談、履歴書の添削など、より良い転職に向けた手厚いサービスを提供しています。「自分に合った会社に転職したい」「キャリアアップを目指したい」そんな思いに寄り添うハタラクティブで、より良い就職・転職を実現させましょう。

年功序列に関するQ&A

最後に、年功序列に関してのよくある質問に回答をしていきます。

年功序列の反対はなんですか?

実力主義です。年功序列は、労働者の年齢や勤続年数によって、昇給や出世をしていくことができる働き方です。対して、実力主義は仕事で結果を出すことによって、年齢や勤続年数関係なく、昇給や出世をすることができる働き方です。そのため、先輩や上司を超えて昇進することも可能になります。

年功序列は海外でもある?

英語圏であるアメリカには、年功序列という考え方はありません。その理由は、上下関係がほとんどないことや、年齢差別になる可能性があるためです。年功序列を英語にすると「Japanese society, where seniority is valued/appreciated」で、「年上であることや経験が長いこと が評価される日本社会」という意味から、年功序列が日本特有のものであることが分かります。

年功序列は今後廃止されるのでしょうか?

年功序列は廃止していくという動きはありますが、まだまだ広がってはいないのが現状です。日本は安定思考が強いことや離職を避けたいなどの理由が考えられます。今後の変化に注目しながら、自分のキャリアプランを考えてみてください。

この記事に関連するタグ