平均勤続年数って何?企業選びのポイント

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 平均勤続年数って何?企業選びのポイント

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・勤続年数とは、1つの企業に勤務していた年数のこと
    ・平均勤続年数は、現時点でその会社に勤務する社員の勤続年数を平均したもの
    ・平均勤続年数が長くても、その企業が安定しているとは限らない
    ・平均勤続年数の短い会社が働きにくい職場であるとは一概に言えない
    ・企業選びの際に大切なのは、職場環境や社風、福利厚生などを確認すること
    ・企業の情報収集に不安のある場合は、エージェントを活用するのがおすすめ

企業選びの際、「平均勤続年数」の長さは重視するべきなのでしょうか。
このコラムでは、平均勤続年数に関する情報や企業選びのポイントをご紹介します。

◆勤続年数とは 

勤続年数とは、1人の社員が一企業に勤務していた年数のこと。

これを踏まえ、企業が公表する情報として「平均勤続年数」という言葉があります。

平均勤続年数は、現時点でその会社に勤務する全社員の勤続年数を平均したもの。
一個人の入社から退職までの平均年数ではありません。

では、平均勤続年数が短い企業は「働きづらい職場」なのでしょうか。平均勤続年数に関しては、次の項目で詳しくご紹介します。

◆平均勤続年数が短い企業は問題?

この項目では、平均勤続年数について理解すべきポイントを2つご紹介します。

・平均勤続年数が長くても、その企業が安定しているとは限らない

たとえば、業績が悪化して採用に消極的な会社は、平均勤続年数が長くなることも。
一方、新卒を多く採用している会社は、新入社員の入社時点で計算すると平均勤続年数が必然的に短くなります。

また、新入社員の割合が高い企業も、平均勤続年数は短くなるでしょう。
そのため、その企業が安定しているかどうかは、平均勤続年数の長さだけでは判断できません。

・平均勤続年数の短い企業が「働きにくい職場」であるとは一概に言えない

設立されて間もない会社は、平均勤続年数が短い傾向にあるようです。会社が成長中で積極的に採用活動をした場合、新入社員が増えるため、平均勤続年数は短くなります。
一方、長い歴史のある会社で平均勤続年数が極端に短いのであれば、原因を確認することが大切です。

上記からわかるように、各企業の平均勤続年数はあくまで「目安」。
企業を選ぶ際は、平均勤続年数に限らずほかの情報も入念に調べましょう。

◆平均勤続年数以外にもある、企業選びのポイント

まずは、自分の携わりたい業務内容を明確にしましょう。職種を決めた上で企業を選ぶ際のポイントは、以下の3つになります。

【職場環境】

仕事に対する使命感を大切にできる環境であるか見極めることが大切です。目標を明確にして業務に携われる職場であれば、やりがいを実感しながら働けるでしょう。
職場環境に関して確認すべき点は以下のとおりです。

・企業のビジョンや計画
・先輩社員の活躍
・会社全体の成長状況 

企業を選ぶ際は、将来のビジョンや方針が共感できるものであるか、よく確認してください。会社の情報は、公式HPなどでチェックすると良いでしょう。

【社風】

社風が自分に合っていない場合、仕事への意欲が下がるだけでなく、精神的な負担を感じる恐れも。そのため、各企業の経営理念や価値観・考え方を事前に調べることが大切です。社風の例として以下のようなものが挙げられます。

・役職に関係なく意見・相談できる
・休暇が取得しやすい
・公私ともに社員同士の積極的な交流がある 

各会社の社風は、企業の公式HPのほかにも、会社説明会や面接などで知ることができます。

【福利厚生】

福利厚生の充実は、ワークライフバランスの実現や業務効率の向上につながる大事な役割を果たします。社会保険制度以外の福利厚生の例は、以下のとおりです。

・子育て支援
・資格取得支援
・施設の利用補助 

たとえば結婚・出産を考えているのであれば、子育て支援制度があるか確認すると良いでしょう。産休や育休、短時間勤務制度があれば、子育てと両立しながら継続して働くことが可能です。
また、スキルアップを図りたいのであれば、研修制度や資格取得支援制度の有無をチェックしましょう。企業によっては、資格取得に向けた無料の講座や、合格お祝い金の支給を行うところも。

中にはレジャー施設の入園料が割引される福利厚生もあります。プライベートの時間を充実させることで、仕事のモチベーションを維持できるでしょう。


上記のように、就活・転職活動を行う際は、平均勤続年数も含め各企業の情報を入念に調べることが大切です。
就職後に「もっと調べておけばよかった」「こんなはずではなかった」と後悔しないよう、企業研究を丁寧に行いましょう。

しかし、企業を調べている人の中には「就職・転職活動は初めて」「情報収集に不安がある」という方がいるかもしれません。その場合、エージェントを活用するのがおすすめです。

ハタラクティブは、既卒・フリーター・第二新卒などの若年層を対象とした就職・転職支援サービス。経験豊富な就職・転職アドバイザーが、「未経験歓迎」の求人を含め、厳選した1,000件以上のお仕事からあなたにぴったりの求人をご紹介します。

当サービスは、カウンセリングで長所や適性を見出し、マンツーマン体制で書類作成や面接対策などのサポートを行うのが特徴。
ご利用はすべて無料のため、「自分に合った求人が見つかるか不安」という方も気軽にご相談ください!

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ