零細企業とは?どんな特徴がある?就職するメリットやデメリットを紹介

零細企業とは?どんな特徴がある?就職するメリットやデメリットを紹介の画像

この記事のまとめ

  • 零細企業とは、中小企業の中でも特に小規模の企業のこと
  • 零細企業は若いうちから活躍できる場が沢山ある
  • 零細企業は教育体制や福利厚生の整備不足が見られるという側面も
  • 企業の規模に関わらず、適性に合った就職先を選ぼう

零細企業とは、中小企業の中でも特に小規模の企業のことを指します。このコラムでは、零細企業の定義やメリット・デメリットを詳しくご紹介。企業規模が小さければ、若いうちから多くの業務を担当できるなど活躍の可能性は広がります。零細企業の特徴を確認し、就職先の選択肢を広げましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

零細企業とは

零細企業とは、「中小企業の中でも特に規模の小さい企業」のことを指します。
中小企業庁による小規模企業者の定義は以下のとおり。なお、「零細企業」という言葉に法的な定義は設けられていないため、一般的に「小規模企業者」が該当すると考えられるでしょう。

業種 中小企業者 小規模企業者
資本金の金額または出資の総額 常時使用する従業員の数 常時使用する従業員の数
製造業、建設業、運輸業、その他の業種(※) 3億円以下 300人以下 20人以下
卸売業 1億円以下 100人以下 5人以下
サービス業 5,000万円以下 100人以下 5人以下
小売業 5,000万円以下 50人以下 5人以下

※その他の業種…卸売業、サービス業、小売業を除く
引用:中小企業庁「FAQ「中小企業の定義について」

なお、「小規模事業支援法」「中小企業信用保険法」「小規模企業共済法」の3法では、政令により「宿泊業や娯楽業を営む従業員20人以下の事業者」を小規模企業としています。就職や転職先を選ぶときの1つの指針となる資本金については、「就活の際は参考にすべき?企業の経営に関わる資本金とは」をご覧ください。

参照元
中小企業庁
中小企業・小規模事業者の定義

零細企業と大企業の違い

零細企業と同様に、大企業も法的な定義はありません。しかし、一般的には資本金や従業員数が上記の中小企業者より大きい企業を「大企業」と呼びます。なお、会社法においては下記のどちらかの条件に当てはまる企業が「大会社」として扱われます。

・最終事業年度に係る貸借対照表に資本金として計上した額が5億円以上であること
・最終事業年度に係る貸借対照表の負債の部に計上した額の合計額が200億円以上であること

零細企業とベンチャー企業の違い

ベンチャー企業にも明確な定義は存在しませんが、「新しい価値やサービスを生み出す会社」「設立から日が浅く成長過程にある会社」と捉えることができます。零細企業は資本金や従業員数が少ないですが、ベンチャー企業はその限りではありません。メガベンチャーのように、設立時は少人数・少ない資本でも、事業が軌道に乗ることで大きく成長するベンチャー企業も目立ちます。詳しくは「ベンチャー企業で働くメリット6選!中小企業との違いも併せて解説」のコラムでご確認いただけます。

零細企業で働くメリット・デメリット

零細企業は企業規模が小さく従業員数も少ないため、1人が担当する業務が幅広い傾向が見られます。そのため、若いうちから活躍できる環境といえるでしょう。その反面、業務量が多く勤務環境が整っているとはいえない企業も見受けられます。

零細企業のメリット

零細企業では、若手のうちから裁量を持って働きやすいといわれています。冒頭で述べたように零細企業は社員数が少ないため、年齢や経歴に関わらず一人ひとりに仕事が割り振られます。仕事が細分化・担当化されている大企業では経験できないでしょう。社員一人ひとりの業績が会社の利益に直接響くため、責任感や達成感が大きいのもポイントです。
会社内でのコミュニケーションを図る機会が多いという点もメリットのひとつです。支店や支社を構える大企業などでは社員一人ひとりと関わることはできませんが、零細企業のように小規模な企業では、社員同士のコミュニケーションが取りやすいようです。経営者との距離も近いため、意見を言いやすく、アイデアが採用されやすいのも、仕事のモチベーションにつながるメリットです。

零細企業のデメリット

零細企業のデメリットとして挙げられるのは、教育制度などが整っていない企業が多いということです。大手企業などでは多くの社員を雇っているため、社内・社外研修といった勉強会を行うなどさまざまな工夫がされています。しかし、零細企業では「その場で学び、その場で覚える」といったことが多く、きちんとした学びの時間が設けられていないことも珍しくないようです。
零細企業では福利厚生や労働条件の整備が不十分な可能性もあります。そもそも働く人数が少ないため、大企業のように福利厚生や勤務環境を整備する必要がないと考える経営者も。
労働に見合った給料ではなかったり、残業時間が長かったりと、労働環境があまりにも良くないと肉体的な疲労はもちろん、精神的にも参ってしまいますし、仕事へのモチベーションが下がるでしょう。零細企業には薄給の企業が多いのか気になる方は「給料が少ない!?薄給について考えよう」を参考にしてください。
また、零細企業では小規模のコミュニティの中に関わることになるため、コミュニケーションをとるのが苦手な人の中には居辛さを感じてしまうこともあります。

零細企業に向いているのはこんな人

零細企業のメリット・デメリットを踏まえると、主体性を持って業務に取り組める人や若いうちから多くの業務経験を積みたい人が、零細企業で働くのに向いています。詳しく見ていきましょう。

主体性がある人

前述の通り、零細企業の社員は少人数。仕事は「一人ひとりが積極的に行う」という傾向があることから、主体性のある人が向いているといえます。
仕事への目的意識を明確に持ち、「それを満たすために自分ができることは何か」また「どのように行動すれば会社の利益になるのか」など、さまざまなことに対して責任感を持って判断し、行動できると良いでしょう。

「会社経営」を間近に感じたい人

大企業などでは支店や部署が分かれそれぞれが専門的な分野の仕事を行うため、会社全体の経営部分が見えづらいことがあります。
しかし、零細企業は従業員数が少なく経営陣との距離も近いため、「経営」という部分を間近に感じられるという利点があります。

若いうちから経験を積みたい人

零細企業では従業員数が少ないため、1人の社員が複数の業務を担当するのは珍しくありません。若いうちから責任を持って業務に取り組みたい人や、社会人としての経験を積みたい人には向いています。

零細企業や中小企業にも優良求人はある

就活をする際は、「名の知れた大企業で働きたい!」「大手でしっかりと収入を得たい!」「大きな会社で自分の力を試してみたい!」と考える人も多いのではないでしょうか。
もちろん、目標を高く持ち働くことへのモチベーションを高めることは大切ですが、そういった企業を受ける際には専門スキルを要求されたり、経歴を重視されたりすることも。そのため、就職・転職の際は大企業・中小企業・零細企業など企業の規模を問わず自分の働きやすさにマッチする企業を探すことが大切です。

適性に合う企業を探すには

自分に合った仕事を探すときは、「得意なこと」「仕事に活かせる能力を持っていること」「会社と価値観が合っていること」などに注目してみましょう。「自分の適性に合った仕事の探し方」のコラムでも説明している通り、適性に合わない企業に就職してしまうと、仕事へのやりがいを感じられずストレスを覚えることも。退職につながる可能性が高くなってしまいます。

企業規模や知名度にとらわれずに、適性に合った仕事を探したいならハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、フリーターや社会人未経験、第二新卒、既卒などの若年層に特化した就職・転職支援エージェントです。
就活アドバイザーとマンツーマンでカウンセリングを行い、会社選びのコツや面接対策、履歴書添削など、就活には欠かせないサービスを提供。適性の判断も、もちろん担当のアドバイザーが実施。第三者の目線から、ご利用者に合った求人をご紹介いたします。また、求人サイトには載っていない「非公開求人」も多数ご用意。サービスは全て無料のため、気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ