新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 離職票が届かない時の対処法は?

離職票が届かない時の対処法は?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・離職票が届かない時は担当者が忘れている可能性も
    ・10日以上経っても離職票が届かない時は電話などで確認を
    ・会社から離職票の発行を拒否された場合はハローワークに相談しよう

「退職したのに、離職票が届かない」「円満退職ではなかったから会社に連絡しづらい」という方はいませんか?

雇用保険の失業手当を受給するために必要な離職票。離職票を提出する際は会社への申請やハローワークでの手続きなどがあるため、難しいと感じてしまうことがあるかと思います。

本編では、離職票を提出する際の流れや離職票が届かない時の対処法をご紹介。離職票について知りたい方は参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

離職票とは?

離職票とは、雇用保険の失業手当を受給する際に必要な書類のことです。
この離職票は、離職者が要求する場合、会社側は必ず交付しなければならないという義務があります。
ただし、離職者が離職票を要求しなかった場合は交付されないため注意が必要です。

離職票は離職票Ⅰ、離職票Ⅱ(離職証明書)の2種類があります。

離職票Ⅰ

正式名称は「雇用保険被保険者離職票Ⅰ」。
離職票Ⅱ(離職証明書)を提出した後にハローワークから会社を経由して届く離職票です。
処理済みの離職票Ⅱと共にハローワークに提出し、各種手続きを行います。

離職票Ⅱ

離職証明書のことを指し、「雇用保険被保険者離職証明書」とも呼ばれています。
これは失業保険給付手続きにおいて非常に重要な書類で、会社側は離職者が離職証明書を要求したら必ず交付する義務があります。
退職前に会社側に離職証明書の交付を要求した場合は退職日または退職日までに交付され、退職後に離職証明書を要求した場合は、10日前後で交付されます。

離職票提出時の流れ

ここで、離職票を提出する際の流れを簡単に説明します。

1.会社に離職票を請求する

退職前もしくは退職後、会社に離職票を請求します。
この際に注意するのは、「失業保険は期限内に申請を行わないと給付されない」ということ。失業保険は退職日の翌日から1年以内に申請をしないと給付されないので、そのことを念頭に置いておきましょう。

2.離職票Ⅱ(離職証明書)の必須事項記入・捺印などを済ませる

会社からは離職票Ⅱが交付されます。
離職票Ⅱに退職理由や過去半年の間の給料・出社日などを記入し、署名、捺印を行います。その際は記入漏れなどがないように充分注意しましょう。

3.会社に離職票Ⅱ(離職証明書)を提出する

必須事項などの記入・捺印が済んだら、会社に離職票Ⅱを提出します。
退職後に離職票Ⅱを受け取った場合、離職票Ⅱと共に返信用の封筒が同封されていることがあるため、郵送で提出します。

4.離職票Ⅰ(雇用保険被保険者離職票Ⅰ)と処理済みの離職票Ⅱ(離職証明書)を受け取る

企業側は退職日翌日から起算して10日以内に提出した離職票Ⅱと雇用保険被保険者資格喪失届などをハローワークに提出。受理された離職票Ⅱと共に離職票Ⅰがハローワークから企業側に発行されます。
そして、発行された離職票Ⅰと離職票Ⅱのそれぞれを会社から受け取ります。

5.ハローワークで各種手続きを行う

会社から受け取った離職票Ⅰと処理済みの離職票Ⅱをハローワークに提出し、各種手続きを行います。

離職票が届かない時は

「離職票を会社に要求して10日以上経っているのに離職票が届かない…。」
もしかしたら担当者が離職票の交付を忘れている可能性があります。
手続きが遅れると給付日数が残っていても失業保険が途中で打ち切られてしまうというケースもあるため、早急に連絡をしましょう。

円満退社でなかったため会社に連絡しづらい」「会社に発行を拒否された」
そんな人は、ハローワークから会社に対して交付を勧告してもらえるので、自分の住むエリアを管轄するハローワークに相談することをおすすめします。

また、失業給付は申請から受給までしばらく時間がかかるので、申請に必要な離職票は早めに入手しましょう。
書類が揃わず申請が遅れると総受給額が減少する場合もあります。

退職後の仕事探しはハタラクティブへ

退職後、さまざまな手続きを終わらせてホッと一息…つきたいところではありますが、次に待っているのは1番大切な仕事探し。
しかし、自分に合った職場をもう一度探す、というのは意外と難しいものです。

「就活に不安持っている」「第三者の意見を取り入れたい」
私共は、そういった悩みを抱えている人たちをサポートしています。

ハタラクティブは、20代に特化した就職支援サービスです。「履歴書の書き方に不安がある」「自分の長所を見つけるのが苦手」「自分に合う仕事が何か分からない」「社会人経験がない」「面接が苦手」といった悩みをお持ちの人に対して就活アドバイザーがマンツーマンでお応えし、プロ目線であなたの悩みに寄り添います。

これからの仕事探しに、是非一度ご利用ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ