1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 実力主義で認められるチャンス?そもそも外資系とは?

実力主義で認められるチャンス?そもそも外資系とは?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・外資系とは、外国企業や外国人の投資家による出資で成り立っている企業のこと
    ・外資比率が高い場合には、外国にある本社の経営方針を取り入れている場合が多い
    ・成果主義、実力主義で年齢や年数に関係なく認められるチャンスがあることが多い
    ・その一方、自分に合わないと感じて辞めていく人も少なくない
    ・文化や風潮の違いがメリットにもデメリットにも成り得る

就活生や転職を考えている人からも人気がある外資系企業。
では実際に、外資系企業と国内の企業にはどんな違いがあるのでしょうか。

◆外資系とは

外資系とは、資本の一定以上が外国企業や外国人の投資家による出資で成り立っている企業のことです。
一般的には、外資比率が3分の1を超える企業を指すことが多く、「外資系」は「外資系企業」の略称として使われています。
逆に、外資系以外の日本企業のことは、「日系」、「国内系」、製薬会社などでは「内資系」などと呼ばれています。

外資系企業には以下のようなパターンが存在しています。

・設立

外資系企業で一般的なパターンは、海外企業が子会社を日本に設立するケース。多くの場合が100%外国資本で、本社の経営方針などを取り入れていることが多いようです。

・共同出資

海外企業が日本に進出する際、日本の企業と協力して共同で会社を起こすこともあります。このケースでは、多く出資している側に経営方針の決定権があります。

・買収

海外企業が日本の企業を買収し、海外資本の運営となるケースも。
経営方針は買収した企業側が決めることになりますが、グローバル化を図るために自ら買収されることを選ぶ日本企業も少なくないようです。


◆外資系企業で働くメリット・デメリット

外資系企業で働きたい人や気になっているという人も多いでしょう。
実際に外資系企業で働く上で、どのようなメリットやデメリットがあるのかご紹介します。

【メリット】

・実力重視、成果主義
日本には「年功序列」という慣習があり、国内企業でも上下関係などを重んじる傾向があります。
一方、外資系企業では、年齢や入社年数に関係なく、実力に応じて高い給与や役職を得られることがあります。
外資系企業の多くが「成果主義」であるため、頑張って成果をあげれば、その分認められるチャンスがあると言えるでしょう。

・日本以外で働くチャンスがある
外資系企業は本社が海外にあることが多く、また本社のある国以外に支店を持っていることもあります。
そのため、海外出張や転勤の機会があり、グローバルに活躍したいという理由で、外資系企業を選ぶ人も多いようです。

・自主性や主体性が求められるため、自分らしく働ける
先にもお伝えした通り、「成果主義」であることが多い外資系企業では、自主性や主体性を求められることが多いため、自分らしく働けるということに魅力を感じる方もいるでしょう。
「効率」を重視していることも多いため、自由に働いていても「成果」や「効率」があがれば良いと考えられることもあるようです。

・有給休暇の取得率が高い
本社のある国にもよりますが、ヨーロッパでは1ヶ月以上のバカンスを取ることが一般的で、長い休暇を取ることに対する意識も国内企業とは全く違うと言えるでしょう。
逆に、有給休暇を取得しないと、「休みをとれないほど仕事が進まない、効率が悪い」と評価されてしまう場合も。
その分、日本のようにお盆休みや年末年始のお休みがないことがありますが、夏季休暇を自分のタイミングで取得するというパターンも多いようです。

【デメリット】

・社員の入れ替わりが激しい
国内企業とは文化や仕事の進め方などさまざまな点が異なるため、自分の「ワークスタイル」と合わないと感じ、辞めていくというケースも多いようです。
同僚だけでなく、上司や日本法人の社長が替わるということも多いため、その度に戸惑ってしまうという人もいるようです。

・成果主義のため、プレッシャーが強い
外資系企業の多くが「成果主義」や「効率」を重視しているため、それをプレッシャーに感じてしまうという人も。
あまりにも成果や実績が挙げられなかったときには、リストラの対象となる可能性もあるようです。

・社内での競争が激しい
海外では「仕事が出来なければすぐ解雇」という場合もあり、そうならないためには社内での競争に勝つ必要があります。
競争に負けて辞めてしまうことよりも、競争することのストレスでリタイアしてしまう人も少なくないようです。

・福利厚生が弱い
国内企業に比べて高収入である反面、福利厚生が弱いという外資系企業も。
福利厚生の内容も、本社のある国の風潮などに影響を受けていることが多いようです。
ただし、年収の高さや企業ごとのカラーも考慮すると、一概に福利厚生が弱いと言い切れない場合もあり、事前によく調べる必要があります。

上記にまとめたように、メリット・デメリットどちらの面でも、日本と海外の「文化」や「風潮」の違いが大きく見えると言えるでしょう。
外資系企業の風土が自分に合っているかもと感じている場合には、転職を考えるのもいいかもしれません。


◆後悔しない就職先を見つけるには、企業研究が大切!

就職・転職を考えたときにはまず、自分が本当にやりたい仕事や興味のある業界について考えてみましょう。
近年では、海外の影響を受け、自由な社風や実力主義を掲げている国内企業も増えてるようです。
外資系企業に限らず、国内企業も含め、広い視野を持って、就職・転職活動を行っていくのがベストと言えるでしょう。
高いモチベーションで仕事に取り組むためにも、企業選びの際には仕事内容や職場環境、評価制度などを十分に確認することが大切です。

しかし、自分1人で就職活動や転職活動を行う場合には、情報収集や適性判断の面で苦労することも多いのではないでしょうか。
就職・転職活動で悩んだ場合には、その道に長けたエージェントを活用するのも1つの手段です。

ハタラクティブは、事前のカウンセリングを通してあなたの長所・適性を見出し、ぴったりの求人をご紹介いたします。
内定率80.4%の実績もハタラクティブの特徴の1つ。
カウンセリングから書類の作成、面接対策、入社後のフォローまで、あなたの就職・転職活動をお手伝いいたします。
サービスの利用に関して料金が発生することはないので、安心してご相談ください!


関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる