福利厚生を理解しよう。制度や種類の詳細について

福利厚生を理解しよう。制度や種類の詳細についての画像

この記事のまとめ

  • 福利厚生には、法律で定めることを義務付けられた法定福利と、会社独自の判断で定められる法定外福利の2種類が存在する
  • 法定福利には、社会保険や児童手当拠出金などがあり、スタッフが安心して働けるような制度がメイン
  • 法定外福利には、住宅関連や健康、医療関連などがあり、働くスタッフはもちろんその家族の生活もサポートできるような制度がメイン
  • 法定外福利では、失恋休暇制度やお昼寝制度、サイコロ給制度などのユニークな制度を設け、他社と差別化を図っている
給与や勤務地、仕事内容、福利厚生、社風など、会社を選ぶ際に重要視するポイントはたくさんあると思います。今回は、その中でも福利厚生にクローズアップして、詳しくまとめてみました。会社によってとても差があるため、希望する企業にどのような福利厚生があるのか、しっかりリサーチしておきたいところ。そもそもどういった制度なのか、まずはそこから把握してみましょう。
 
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

福利厚生の種類は?

そもそも福利厚生とは、給与やボーナス以外に提供されるサービスや制度のことです。働く社員の生活の充実、勤労意欲のアップ、優秀な人材の確保などを目的に設けられています。

ひと口に福利厚生と言っても、法定福利と法定外福利の2種類に大別することができるのをご存知でしたか?それぞれ詳しく見ていきましょう。
 

法定福利

法律上、企業側が設けるよう義務づけられている福利厚生のことです。以下に挙げたような制度が該当します。
 

社会保険

健康保険や雇用保険、介護保険、労災保険、厚生年金保険などがこれに該当します。会社に入社後、強制的に加入させられる制度です(介護保険に関しては40歳以上からの加入)。労災保険は全額、その他の保険は半額会社が負担します。
 

児童手当拠出金

子どもの有無に関わらず、給与の0.15%が児童手当の財源の一部として収められています。会社側が負担しており、労働者の負担はありません。

法定外福利

法律上定めのない制度なので、会社が独自に待遇を設定することが可能です。

住宅関連

法定外福利費の半分を占めると言われている制度です。住宅手当や家賃援助、社宅、持ち家援助などがこれに当てはまります。

育児、介護支援

少子高齢化の現在、行政からの関心が高い制度です。育児休暇や介護休暇、育児施設育児補助、託児所の完備などがこれに当てはまります。

健康、医療関連

健康診断や人間ドックの受診サポートやストレスチェックの受診など、心と身体の健康づくりを支援する制度です。

慶弔関連

負傷、疾病、障害、死亡などに対して支給される給付金のことです。見舞金や香典、遺族年金、出産祝い、結婚祝いなどが該当します。こういった予期しない出来事に、会社側から配慮を受けられることは、社員にとってはとてもありがたいこと。帰属意識が高まると言われています。

自己啓発関連

業務に関係する能力アップを支援するための制度です。資格取得支援制度や語学学習、参考書の購入などがこれに当てはまります。

財形形成関連

企業側で給与の一部を貯蓄してくれる制度です。将来のために計画的に貯金することができます。財形貯蓄制度や社内預金、持ち株会、個人年金などがこれに当てはまります。

文化、レクリエーション関連

保養所の割引使用、部活動費の援助、飲み会費の援助、社員旅行などがこれに当てはまります。

交通費

会社まで徒歩圏内でない限り、勤務のたびに発生するコストです。全額支給するところから、上限を設けているところまでさまざま。電車やバス、自家用車を利用している場合は支給されることが多いですが、自転車の場合は支給されないケースが多いです。

カフェテリアプラン

会社が契約している外部の福利厚生サービスを利用する制度のことです。サービス内容は充実しており、各自与えられたポイント内で、自分が好きなサービスを自由に選択することができます。
会社にとってはコスト削減が期待でき、スタッフにとっては自分に合うものを選べるという、双方にとってメリットの高い制度と言えるでしょう。

その他、運動施設や社員食堂を設けているのも、法定外福利の1つです。あなたの会社にも、法定福利の他に上記のような法定外福利があるかもしれません。「知らなかった」では損しているかも。しっかりリサーチし、受けられる恩恵は受けておきましょう。
あなたの生活や家族の生活が潤い、仕事への熱意をますます高めるチャンスです。

こんな福利厚生もある!ユニークな制度の例

IT企業やベンチャー企業によっては、他の企業にはない一風変わった福利厚生を取り入れている企業が多くあるものです。ユニークな福利厚生があるだけで、採用活動時の話題づくりになり、新入社員の獲得にも繋がります。

お昼寝制度

短時間のお昼寝は頭をスッキリさせるのにぴったりです。効率よくお仕事できるよう、お昼寝スペースを設ける企業も。リラックスできるライト、香り、ミュージックで心地よい睡眠へと誘います。

育自分休暇制度

留学や転職などを通して、自分の経験値を上げたい人のための制度。退職したあとでも、最長6年間は復帰することができます。

失恋休暇制度

文字通り、失恋したら取得できる休暇制度のことです。失恋した年代や心の傷の深さによって、1日・2日・3日と、休暇できる日数が決められます。

サイコロ給制度

サイコロで出た目の%が給料に加算されるシステムです。月給25万円の人で6の目が出た場合は、15,000円アップの26万5千円。1の目が出た場合は1,500円アップ…という具合です。
給料日というだけでもワクワクしますが、さらにアップできるチャンスがあるということで楽しみが増え、モチベーションも上がるでしょう。

キャットルーム

猫を飼う専用ルームを完備。休憩時間などに癒されに来れるため、アニマルセラピーに期待が持てます。猫好き必見の制度です。

ダイエット制度

ダイエットを宣言し、成功に応じてお金が支給される制度です。ただし、リバウンドしてしまった場合は、支給された金額の1.5倍の罰金が発生。健康的な身体とお金が手に入る画期的な制度ですが、リバウンドには要注意です。

いかがでしたか?王道ではないユニークな福利厚生を導入している会社も、遊び心があって面白そうです。就職活動や転職活動する際には、ちょっと気にしてみてもいいかもしれません。

就職、転職の相談はハタラクティブへ

会社を選ぶ際、あなたにとって外せない条件とは何ですか?長く身を置くことになる環境であるからこそ、福利厚生はもちろんのこと、仕事内容や労働環境、社風などをしっかり調べた上で選択することをおすすめします。

企業選びに不安があるときは就職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。ハタラクティブでは、プロの就活アドバイザーがじっくり時間をかけてヒアリングを行います。あなたの希望や適性をしっかり見極め、最適な求人をご紹介。
また、紹介する求人は、アドバイザーがしっかり企業側にヒアリングを行い、より詳細な情報を収集しています。求人サイトでは掲載されていないような、応募者にとって有益な内容に定評あり!
入社後のリアリティショックを軽減できます。人生を左右するお仕事探しは、就職エージェントを頼ることが賢い選択です。お気軽にご相談お待ちしています。

関連タグ