フリーターから秘書として正社員へ

フリーターから秘書として正社員への画像

秘書と聞いたら、正社員で、企業の中でも高い位置にある役職の人と接する仕事というイメージがありますよね。秘書はフリーターからなれるのでしょうか? フリーターが正社員の秘書として入社できるのかという疑問にお答えします。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

秘書とは何をする職種なのか

秘書は、どの業界においても基本的に上司の補佐官的役割を担います。主に電話対応や来客対応、パソコンでの作業やスケジュール管理、ボールペンや付箋などの事務用品の補充といった、事務的業務が多いですが、入社する企業の業種によって細かい業務に違いが出てきます。

企業の秘書

社長秘書や常務秘書など、会社内で上の立場にいる役職の人の補佐をする仕事です。上司に出張の予定が入っていたら旅券などの手配を行い、取引先などへ送るお中元やお歳暮などの手配も行います。

医療関係の秘書

病院の院長や看護部長などの補佐をします。他の業種の秘書と行う業務はさほど変わりませんが、業務全体が医療に関すること(診療予約表、手術予定表などの作成や学会への同行)になります。

学校秘書

大学などの教育機関で働く秘書のことです。細かく分けると教授秘書や研究室秘書などの種類があります。他の業種の秘書と基本的に行う業務は同じですが、こちらは主に教育に関する業務がほとんど。教授から学生への伝言や学生の世話といった連絡役が多くなります。
求人票には秘書ではなく、事務補佐員と記載されている学校もあります。

秘書には他にも政治秘書や法律秘書など、多くの種類があるので、気になる方は調べてみることをおすすめします。

秘書に向いているのはどんな人?

秘書は、自分の上司のスケジュール管理や外部との連絡役などの大切な役割を担うことになるので、正社員として責任を持って働ける人に向いています。また、文書作成やメール作成などの作業も行うことになるので、コツコツと確実に業務をこなせる人にもおすすめです。
秘書の仕事は基本的に転勤がないため、あらかじめ勤務地をしぼって、自分の好きな場所で就職活動できるのが魅力。また、数は限られますが、秘書の経験がない人でも応募可能な求人もあるため、フリーターの方にもチャンスがあるでしょう。

フリーターから秘書へはどうやったらなれるのか?

フリーターからいきなり正社員へ!という募集は、実はあまり多くありません。ほとんどの場合、契約社員や派遣社員からはじめ、実力が認められたら正社員になれるというケースがほとんど。中には経験者のみという求人もありますが、未経験者OKのものもあるので、募集要項をしっかり見て自分にマッチしている勤務先を見つけましょう。
また、秘書としての技能を磨ける『秘書検定』という資格もあります。就職活動を有利に進めるためのアピールポイントとしてだけでなく、実務でも役立つでしょう。
しかしながら秘書という職種は、会社の役員一人に対して一人の秘書がつくケースが多いため、一度に何人も募集するという企業はほぼありません。求人数も少なくなるため、競争率も上がります。

それでも秘書の仕事がしたい人には…

「自分には秘書の仕事は難しいかもしれない…」と思ってしまう方は、秘書と似たような業務を担当する職種に就いてみてはいかがでしょうか。
例えば、マンションにいるコンシェルジュの仕事や、百貨店や大型商業施設でのインフォメーションなどは、秘書と共通した業務が含まれます。電話受付やお客様対応など、利用者のサポートを行うので、上記の職種を目指してみるのもおすすめです。

ハタラクティブでは…

専門のキャリアアドバイザーが、求職者の方が就職活動する中で抱いた心配事などの相談に乗り、解決しています。自分にあった職種や求人のある勤務地など、求職者の方が求める情報提供もおまかせください。興味のある方はぜひお問い合わせを。

この記事に関連するタグ