新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 役員面接の対策方法は?逆質問の例や回答のポイント

役員面接の対策方法は?逆質問の例や回答のポイント

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・最終面接は社長や役員が面接官になるため、「役員面接」と呼ばれる
    ・役員面接では、志望度の高さや価値観が会社と合うかがチェックされている
    ・役員面接で頻出なのは、志望動機や入社意欲を問う質問など
    ・最終面接での逆質問は、社長や役員だからこそ聞ける内容にしよう

最終面接はなぜ「役員面接」と呼ばれるのでしょうか。
ここでは、役員面接で見られるポイントや対策方法のほか、逆質問の例をご紹介。最終面接について知りたい方は、ぜひ読んでください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

最終面接が役員面接と呼ばれるのはなぜ?

一次・二次面接では現場の社員や人事担当者が面接官であるのに対し、最終面接は社長や役員など会社の中枢を担う人が面接を進行します。最終面接が「役員面接」と呼ばれるのはそのためです。

「役員面接は顔合わせの場だから受かるだろう…」と考える人もいるようですが、最終面接で落ちてしまう求職者は一定数います。

一次・二次面接では主に職歴やスキル面を見られますが、最終面接では応募者のキャリアビジョンが会社にマッチするか、志望度が高いか、社風に合っているかなどをチェックされる傾向に。
会社の雰囲気や理念に合わなければ早期退職のリスクが高まるため、役員面接では企業風土や仕事内容へのマッチング度に着目して採否を決定しているようです。

そのため、仮に最終面接で落ちてしまったとしても、「スキルがないから」というわけではありません。それまでの選考に通っていれば実績や能力は基準を満たしていたことになるため、「応募先企業と価値観が一致しなかった」と捉えることが大切です。

役員面接の対策ポイント

役員面接の際、志望動機は頻出の質問です。企業研究を再度行い、「なぜその会社なのか」をしっかり伝えられるようにしましょう。
役員面接では、志望動機に対して「なぜそう考えたのですか」と深く内容を聞かれることも。深掘りされたときにも落ち着いて答えられるよう、回答を準備する段階で「なぜ?」と自問しながら作成すると良いでしょう。

そのほか、「弊社が第一志望ですか」「内定が出たら入社しますか」といった入社意欲を問う質問も頻出です。志望度が高い場合は、「御社が第一志望です」とはっきり答えることが大切です。
他社の選考状況について聞かれることがあるかもしれませんが、その際は「並行して応募している企業はありますが、御社が第一志望です」といったように進捗状況は正直に答えましょう

また、「入社後はどのような業務にチャレンジしたいですか」は、入社後の仕事に対する意欲を問う質問。「□□のスキルを活かし、◯◯の業務に取り組みたいと考えております」のように具体的に答えられると好印象を与えられます。

最後まで気を抜けない!面接後半の逆質問対策

面接の終盤では、面接官から「最後に何か質問はありますか」「何か聞きたいことがあればどうぞ」と言われることがあります。

役員に対する逆質問は、志望度や企業への関心の高さをアピールできるチャンス。「□□のスキルを活かして◯◯の事業にぜひ携わりたいのですが、チャレンジできる可能性はありますか」のように仕事に対する意欲を伝える質問や、「御社は◯◯年から急成長されていますが、その要因は何ですか」など会社の中核にいる人だからこそできる質問をすると良いでしょう。

逆質問は、5つ程度用意しておくのがおすすめ。1つだと面接中に回答を得られた際に質問できなくなってしまい、その場で考えたものだと効果的なアピールが難しくなってしまいます。
また、質問があるか聞かれて「特にありません」と答えた場合、入社意欲が低いと判断されてしまうため注意が必要です。

そのほか、企業のWebサイトを見れば分かる内容を聞いてしまうと「企業研究をしっかり行っていない」と思われてしまいます。
事前に十分に調べるとともに、Webサイトの情報を踏まえて質問したいときは「御社のWebサイトでは◯◯とありましたが」と一言添えて聞くようにしましょう。

「なかなか最終面接まで進まない」「面接に進んでも内定がもらえない…」という悩みをお持ちの方は、エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブは、第二新卒や既卒、フリーターなどの若年層を対象に就職・転職支援を行っています。
経験豊富なアドバイザーがスキルや経験を把握し、あなたに合うお仕事をご紹介。面接対策や応募書類の添削といったサポートをマンツーマン体制で実施します。
当サービスのご利用はすべて無料のため、お気軽にご相談ください。

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました …

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?