フリーター卒業するために必要なこと

公開日:

最終更新日:

【関連記事】
フリーター就活のコツまるわかりガイド

フリーター卒業するために必要なこと

フリーターを卒業するなら、年齢が若いうちに決めるべきでしょう。「やりたいことを始めるから」「資格を取るため」など人によって考えは違いますが、それも若いからできることと言えるものも多いはず。

遅いと言われることはあっても、早すぎるなんてことはありません!

そもそも、「若い」と言われるのは何歳までなのでしょうか?

年齢だけなら20歳を過ぎれば自分で責任をとれる大人として見られます。25歳ともなれば、実務経験を積んだ社会人。「何でフリーターやってるの?」と言われることもしばしば出てきます。30代になれば周りの目も気になり、将来への不安が大きくなって焦りを感じる年齢です。


例えば、あなたが企業に就職して3年間の実務経験を積んだとします。同じ企業で就職してから3年間仕事すれば、生活のスタイルや生活習慣が自然と身につく頃です。フリーターから卒業を決めても、そのサイクルから抜け出せなかったり生活の変化を怖がってしまったりと、自分でストップをかけてしまうこともあるのでは…?

穏やかなフリーター生活を送っていると、意外と気付けないものです。フリーター卒業のために毎日のサイクルを崩すのは、思った以上に勇気が必要なので、まだ生活スタイルが定着しないうちに転職ができれば、自分の持つ行動力を最大限に発揮することもできるはずです。

それが23~26歳だとしたら?行動力と人生を左右する年齢だと思えば若いと断言はできませんね。

ただし、次のステップに移せなければ何も変わりません。時間ばかりが過ぎ20代後半、30代…と気付けば年齢を重ねてしまうだけ。
若いからこその行動力で、フリーターの卒業を決意した自分を前進させてください。

すぐに就活も良いですが、これからどうしたいのかを決めて行動をしましょう。はっきりとした目的がなければ、必ず迷いが出てきます。
壁にぶつかっても失敗しても、本気でフリーターを卒業したいと目標を決めた方なら、きっとピンチをチャンスに変えることができるはずです。失敗したときに「指摘してもらえたから気付くことができた」と捉えることができれば、それを繰り返さない努力ができる人、内面も磨くことができる輝く期待の星です。

やりたいことやできそうなことを明確にして、自分がなりたい正社員を目指しましょう。
目指せ脱フリーター!卒業はもう、目の前です!

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ