新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職を考えたときに退職するタイミングとは

転職を考えたときに退職するタイミングとは

公開日:

最終更新日:

転職目的で退職する場合は、タイミングも非常に重要です。タイミングを間違えるとフリーター期間が長期化して再就職が難しくなる可能性もあります。
そこで、転職のタイミングとフリーターになった場合の正社員として再就職すための就活の進め方についてお伝えします。

転職目的での退職はタイミングも重要

転職を決意して退職しても、なかなか転職先が決まらず、フリーターで働きながら転職活動をすることになる場合があります。
景気によっては、業務を縮小して人員が充足する企業もあり、募集求人が少なくなることもあるでしょう。
求人倍率が高くなるため、転職活動が長引き、「退職しなければよかった」と後悔する可能性もあります。
さらにフリーターは正社員ほど安定した給与が見込めないこともあるため、転職先がなかなか決まらないことへの焦る気持ちと金銭的な不安で、より長期化してしまいかねません。
そうならないためにも募集求人が豊富な時期を見計らうなど、転職活動を行う時期を検討してから退職するといいでしょう。

どんなタイミングで転職するのが有利か?

では、転職する目的で退職するのはどんなタイミングがよいのでしょうか?
不景気のときは避けるべきと言われても漠然としていて判断できないこともあるでしょう。
好景気は国全体の指標で語られることがほとんどですが、世の中のすべての業種の業績が同時に良くなるとは限りません。
景気の波のどのあたりで業績が良くなるかは業種によって変わることもあるので注意が必要です。そういったタイミングを逃さず転職活動をすると有利になるでしょう。
市場の動向や業界情報など情報収集を日頃から行い、タイミングを見計らうよう努力することは重要ですが、自分で調べられる情報にも限界があります。
その際は就活アドバイザーにアドバイスを貰うことも一つの手です。退職する前でも、退職後でも相談してみると気づきのきっかけになるかもしれません。

フリーターから正社員に転職するためには?

転職をする際はタイミングも重要な要素であることはここまででお話しましたが、フリーター期間が長期化する要因は自分にあることも考えられます。
自己分析が十分でなかったり、転職を希望している業界への知識が甘かったりといったことが要因になることもあります。
フリーターから正社員を希望して転職活動をする場合、自分のキャリアプランを見つめ、十分に面接対策を行うことも重要です。
再就職するためにプロのサポートを受けることもおすすめです。
就活のプロである就活アドバイザーのアドバイスを受けることによって、早期に再就職を実現できる可能性が高まるでしょう。
ハタラクティブでは、転職に関する相談が全て無料です。面接対策や入社後のフォロー連絡なども行っています。ぜひ一度お問い合わせください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ