面接に受からない人の特徴を解説!解決方法とは?

面接に受からない人の特徴を解説!解決方法とは?の画像

この記事のまとめ

  • 面接に受からない人は清潔感がなかったり、基本的なマナーを守れていなかったりする
  • 面接に受からない人はコミュニケーションがきちんと取れていない可能性がある
  • 志望動機が弱い、自己分析が足りないなど準備不足も面接に受からない原因になる
  • 服装や身だしなみ、自分の話し方や回答を客観的にチェックしてもらう準備が必要

面接に受からないと悩んでいる方に向けて、面接に落ちてしまう人にはどんな特徴があるのか紹介します。面接に受からない人が実践できる対処法についてもまとめたので、何回か面接に落ちている人はチェックしてみましょう。
面接に受かるために必要なスキルも紹介しているので、これから転職活動で面接を受ける方はぜひご覧ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

面接に受からない人は身だしなみが乱れている

面接に受からない人には身だしなみが乱れているという特徴があります。服装が乱れていると面接官に与える第一印象が陰ってしまうもの。以下をチェックしながら対策していきましょう。

清潔感がない服装

清潔感がない服装はと、それだけで印象を下げてしまう可能性があります。
スーツや靴が汚れているのはもちろん、しわが寄っていたりするのも清潔感がないように見える一因です。スーツをクリーニングに出したり、シャツやブラウスにアイロンがけをしたりして、事前に準備しておくことが大切。
面接当日は鏡の前で服装をチェックし、ゴミやホコリがついていないか、しわが寄りすぎていないかなどをきちんと確認しましょう。

髪型や靴・鞄などの小物にも注意する

髪の長さや髪形は整っているか、化粧が崩れていないか、ビジネスマナーにふさわしい靴や鞄を使っているかなども重要なポイントです。社会人として最低限のマナーをわきまえていることが伝わるように、服装と身だしなみには十分注意しましょう。
そのほか、面接における服装や身だしなみの重要性についてさらに知りたい方は、詳しく書かれたコラム「持ち物や身だしなみは?就活における面接マナーを解説」もご覧ください。

面接に受からない人はコミュニケーション面で躓いている

面接に受からない人は、コミュニケーション面で躓いている可能性が高いです。面接に受からない人に見られるコミュニケーション面での特徴を4つ見ていきましょう。

1.面接官の目を見て話さない

面接に受からない人は、面接官の目を見て受け答えをしない場合があります
面接は面接官と応募者との会話によって成立するものです。そして、会話は相手の顔を見て話すのが基本的なマナーとなります。
相手の目を見て話せないと、自分に自信がない人、コミュニケーション能力が低い人と見なされてしまう恐れがあるでしょう。
もちろん、相手の目を見て話すのが苦手という方もいます。そのようなケースでは、面接官のネクタイの結び目あたりを見て話すと良いでしょう。この方法であれば、相手の顔を見て話しているという印象を与えることができます。

2.会話が成立しない

相手の顔を見て話していても、会話が成立しない人は面接に受からないでしょう。
特に問題になるのは、面接官が尋ねたことと違う回答をしてしまう場合です。面接の前には質問を想定して回答を準備します。しかし、想定と異なる質問が来た場合、臨機応変に対応しなければなりません。
質問の意図をしっかり把握せずに話し始めてしまうと、求められている内容とはかけ離れた回答になってしまう恐れがあります。これはコミュニケーション能力が低いと判断されてしまう要因となるでしょう。

もし相手の質問の意図がわからない場合には、「ご質問の意図は○○ということでしょうか」と尋ねてみるのが得策です。相手の質問の意図を正確に汲みたいという意思の表れと捉えてもらえるでしょう。

3.極度に緊張しやすい

面接に受からない別の理由として、極度に緊張しやすいタイプの可能性が考えられます。
緊張しやすいタイプの人は、本来の能力が非常に高くても、面接になると緊張してしまって的外れな回答をしてしまったり、答えに詰まってしまったりする場合も。「面接で緊張するのはなぜ?緊張しないための考え方とは」のコラムでは緊張をほぐすコツを紹介していますので、合わせてご一読ください。

4.場の空気が読めない

場の空気が読めない人も面接に受かりにくくなります。場の空気を読むとは、相手の話に耳を傾けられる、相手の感情をくみ取るなどの能力のことです。たとえば、面接官がまだ話しているのに回答を始めてしまったり、相手が真面目な質問をしている時におかしな回答をしてしまったりすると、印象を下げてしまうでしょう。
聞かれてもいないのに自分に不利になる話をしてしまう、面接官に対して反抗的な態度を示すなどの行動は、場の空気が読めないと判断されるかもしれません。面接の時に空気が読めないのであれば、実際に働き始めても同じ失敗を繰り返すと考えられるでしょう。

面接に受からない人は準備不足

面接に受からない人は、準備の段階で間違った方向に進んでいる場合も少なくありません。どのような準備を行うべきかがわかっていると、効果的な回答を作成することができます。
では、面接に受からない人が陥りがちな準備の特徴を4つ見ていきましょう。

1.志望動機が弱い

志望動機が弱いと感じられる人は、面接に受からないでしょう。志望動機がありきたりでインパクトがないのであれば、働く意思が弱いのではないかと考えられてしまう恐れがあります。企業のニーズに合った志望動機を準備できなければ、企業への熱意を感じてもらえないでしょう
「たくさん受けた中の一社にすぎないのだろう」と思われてしまえば、面接に受かるのはかなり厳しくなります。面接対策の本などには、さまざまな志望動機の書き方や例文がありますが、それを丸ごとコピーするのではなく、自分の言葉で志望動機を書くようにすべきです。一社一社熱意を込めて志望動機を考えるようにしましょう。

2.自己分析ができていない

面接に受からない人は、自己分析ができていない可能性が高いです。志望動機などの基本的な質問には答えられるものの、少し深い質問をされると答えに窮してしまう人は自己分析が不十分なのかもしれません。自己分析を通じて、自分の長所や短所を見極め、自分の長所を志望した企業でどのように生かせるのか、短所をどのように克服していくのかなどの回答を準備しておきましょう。

3.企業研究が足りない

企業研究が足りていないと、面接に受かるのは難しいでしょう。企業理念や事業内容、業績などよく理解していなければ、志望動機や自己PRにおいて、どの分野や部署で力を発揮できるのかを説得力のある説明できないもの。
企業研究は、企業のWebサイトなどを参考に、きちんと時間を取って会社の情報を頭に入れてきましょう。

企業のWebサイトをチェックするのはもちろん、ニュースサイトなどに掲載されている企業の記事なども探して、面接に生かせるものがないか確認しましょう。企業研究で得られた成果を上手に回答に盛り込むことで、面接官の興味を引き、他の応募者との差別化を図ることができるはずです。

4.ポジティブな変換ができない

面接に受からない人は、自分に不利な情報をポジティブに言い換える準備ができていません
たとえば仕事をしていなかった空白期間がある、正社員として働いたことがない、以前の職を非常に短期で辞めているなどの不利な情報がある場合には、面接官からその点について尋ねられることを想定しておくべきです。
面接官に質問された場合には、できる限りポジティブな回答をできるよう準備しておく必要があります。もしここで答えに詰まってしまったり、しどろもどろになってしまったりすれば、準備不足が明らかになってしまうでしょう。面接官から見ても、面接に対する熱意が足りないと思われて受からない確率が高くなります。
準備不足が原因で面接に受からない人の特徴についてさらに知りたい方は、詳しく書かれたコラム「面接に受からない人の理由・特徴を紹介!対策して転職を成功させよう」もご覧ください。

面接に受からない人が実践すべき3つの対処法

面接に受からないと悩んでいる方は、いくつかの対処法を実践してみることができます。これまで通りにやっても面接に受かるのは難しいでしょう。
では面接に合格するために実践できる3つの対処法を見ていきましょう。

1.他の人に服装をチェックしてもらう

もし自分の服装や身だしなみが原因で面接に受からないのではないかと思う場合、他の人に自分の服装をチェックしてもらうのが良いでしょう
自分では普通のことと思っていても、他の人から見れば非常識であったり、マナー違反だったりすることがあります。可能であれば、自分の家族ではなく友人や知人にチェックしてもらうようにします。家族の場合には家族独自のルールや習慣があることも考えられるので、友人や知人に服装を見てもらうことで客観的な意見が聞けるでしょう。
もちろん、自分で鏡を見ながら身だしなみをチェックすることも重要です。自分の服装や身だしなみが面接官からどう見えるか、どんなメッセージを伝えるかをよく考えましょう。

2.疑似面接して心の準備をする

準備した回答を堂々と述べられるように、疑似面接で練習するのもおすすめ。誰かに面接官役になってもらい、人に対して自分の意見を述べることに慣れておきましょう。
緊張すると余裕がなくなり、相手の反応をまったく見ずに話し続けてしまう人もいます。疑似面接では、相手の反応も見ながら話す練習をしてみてください。

面接官の質問に対する回答は、内容だけでなく話し方にも注意しましょう。話し方や声の出し方が適切化、相手に不快感を与えたり違和感を覚えさせたりしてしまう可能性がないか、練習相手にチェックしてもらうのがおすすめです。

3.質問を想定して準備する

面接では、どんな質問が来るかを想定した準備が必要となります。
志望動機や自己PRなど、必ず尋ねられる質問に対する回答を準備するだけでなく、自分が面接官だったらどんな質問をするかを考えてみると良いでしょう。そのほか、面接を受けたことがある友人に、どんな質問をされたか尋ねるのもおすすめです。

ここまで面接に受からない理由や実践できる対処法をご紹介してきましたが、自分一人での面接対策はなかなか難しいもの。そんな時には転職エージェントを使ってみるのも一つの手です。
若年層に向けた正社員求人を揃えるハタラクティブでは、書類選考や面接対策の指導を行い、就職・転職を手厚く支援しています。
一次・二次面接は通るけど、最終面接に受からない…そんなお悩みについても、ハタラクティブの就活アドバイザーにお任せください。
ハタラクティブで就職、転職を考えている利用者の多くは、高卒や既卒、第二新卒やフリーターの方。未経験OKの正社員求人を多数用意し、充実のカウンセリングも受けられます。サービスは全て無料なので、ぜひお気軽にご相談ください。

関連タグ