必読!あなたが面接に受からないワケ

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 必読!あなたが面接に受からないワケ

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・面接が上手くいかないのは、志望動機が曖昧になっている可能性がある

    ・どの企業にもいえる理由ではなく、その業界や職種、企業に勤めたい理由を明確にしよう

    ・中途採用では「入社後どのように活躍しそうか」という点も見られるので、自分が志望企業で活かせる経験やスキルをしっかり伝える

    ・会話のキャッチボールを意識して、適度なアイコンタクトをしよう

    ・TPOに合った身だしなみや言葉遣い、時間を守ることが大切

    ・模範解答であっても心がこもっていないと伝わりにくいので気をつける


自分が面接に受からない理由を、もう一度考え直してみませんか?回答は完璧なのに、シワだらけのスーツを着ていた、髪が乱れていたなど、思わぬところに選考に落ちてしまう原因があるかもしれません。
当コラムの内容を参考にして、面接の突破口を見出しましょう。

◆志望動機が曖昧になっていませんか?

具体的な根拠がなく、曖昧な志望動機に面接官は魅力を感じません。

志望動機が曖昧なのは、自己分析や今までのキャリアの見直し、企業や業界・職種への調査不足が原因である場合が多いようです。

 

「安定感がありそうだから…」「未経験でも受かりそうな職種だったから…」 

面接官は曖昧な志望動機から応募者のそんな気持ちを見破ります。

やりたい仕事や自分の能力を発揮できるという理由ではなく、職種や業界に対する華やかなイメージ、求人の条件が良いことに惹かれて職種や企業を選んでいませんか? 

志望動機の準備は、自分のスキルや経験を見直した上で、相手先の企業や仕事内容についてよく調べることが大切です。

 

面接に受からない状況が続くなら、志望する業種や企業の採用ニーズに合わないアピールをしている可能性も。

やる気や熱意ばかりで、根拠がない抽象的な志望動機、自分のやりたいことだけを一方的に述べる志望動機もマイナス評価に繋がります。

 

新卒の就活であれば熱意やポテンシャルを評価する傾向がありますが、転職者に対しては即戦力としての働きが期待されるため、熱意だけでなく自分の強みがどのように応募先企業へ貢献できるのかについて具体的にアピールすることが重要です。

今ある経験やスキルを活かしてその企業で何をしたいのか・何ができるのかを述べることで面接官を納得させることができるでしょう。

◆会話は成立していますか?

「あなたの短所は何ですか?」と質問されたのに、自己PRをしてしまった…という経験はありませんか?

 

応募者の中には面接という場を意識し過ぎるためなのか、求められていない回答をしてしまう人がいます。

面接は自分を売り込み、採用につなげる場。
会話のキャッチボールができるかは、面接官がチェックしているポイントです。会話が不自然だと、仕事でのコミュニケーション能力に疑問を持たれる可能性があります。

 

また、質問をされた時にだらだらと回答を述べてしまうのもよくある失敗例。

志望動機や自己PRはある程度まとまった内容になりますが、一方的に話続ける場ではありません。

面接官と"会話”をしているのだということを忘れず、相手の質問によく耳を傾け、筋の通った簡潔な回答を心がけましょう。

◆身だしなみやマナーの確認をしよう

面接は、企業にとって必要な人材かを見極めるところです。

社会人としての基本的なマナーができていないと、不採用になるケースもあります。

以下に面接で心がけるべきポイントをまとめました。

 

・時間

時間を守るのは社会人の基本。指定された時間に遅れないのはもちろん、早すぎる到着も良くありません。

1時間も前に会場に到着するのは、通常業務や面接の準備を行っている相手への配慮に欠けるので注意しましょう。

開始時間の5~10分前に会場に到着するようにし、電車遅延などで遅れる場合は必ず連絡を入れます。

 

・身だしなみ

髪型や服装といった身だしなみは、その人の清潔感を表し、第一印象に直結します。

スーツのシワ、ネクタイの曲がり、靴の汚れなどは事前に必ずチェックしましょう。

 

面接の受け答えが良くても見た目の清潔感がなければ不採用になる場合も。身だしなみも面接対策と考え、気を抜かないようにしましょう。 

 

また、身だしなみは、相手に不快感を与えないための思いやりでもあります

最終面接では面接官が役員や社長であることが多いので、失礼のないよう一層気を配りましょう。

 

・言葉遣い

友達と話すような言葉遣いや略語を使っていないか、ぼそぼそと話していないかなど、相手の聞き取りやすい口調になっているかどうか確認しましょう。

面接官の目を見て話すことを意識すると、より印象が良くなります。

◆心のこもった回答を心がけよう

志望動機や回答を完璧に答えていても面接に受からない時は、あなたの熱意や人柄が相手に伝わっていないのかもしれません。

 

面接官を納得させるような回答は大切ですが、準備を完璧にするあまり質問への受け答えが機械的になっていませんか?

面接は書類選考とは違い、面接官と応募者が顔を合わせて行うもの。

能力や経験だけでなく、雰囲気や人柄も評価の対象となります。

 

多くの面接官が採用基準にしているのは、「この人と一緒に働きたいか?」という点。質問への回答内容が良くても、働く仲間としての魅力がなければ内定には至りません。

無表情で淡々と自己PRや志望動機を語られても、相手はその人と働きたいとは思わないでしょう。

熱意を伝えるためには、ただ話すのではなく、想いをこめて話す必要があります。

会話を楽しむくらいの余裕をもって、原稿を読み上げているような印象を与えないようにしてください。 

 

また、同じ理由でマニュアルに沿ったような回答はNGです。自分の言葉と自然なコミュニケーションを大切に、面接に臨みましょう。 

 

面接に受からない理由をご紹介してきましたが、自分一人での面接対策は難しいもの。

若年層に向けた正社員求人を揃えるハタラクティブでは、書類選考や面接対策の指導を行い、就職・転職を手厚く支援しています。 

一次・二次面接は通るけど、最終面接に受からない… 

そんなお悩みについても、ハタラクティブの就活アドバイザーにお任せください。

ハタラクティブで就職、転職を考えている利用者の多くは、高卒や既卒、第二新卒やフリーターの方。未経験OKの正社員求人を多数用意し、充実のカウンセリングで内定率は80%を超えています(2015年7月時点)。

サービスは全て無料なので、ぜひお気軽にご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ