なぜ就職しない?大卒ニートが仕事に就かない理由とは

2018/06/22

【このページのまとめ】

  • ・就職に有利とされている大卒者でも、就職しないでニートになる人はいる
    ・大卒ニートは勉強以外にやりたいことがない、コミュニケーションが苦手、プライドが高いといった理由から就職を避ける傾向が強い
    ・大卒資格を持っていても、年齢が高かったりニート歴が長かったりすれば、就職が難しくなることを覚えておこう
    ・就職したいと思ったら、自分に合った就職支援サービスを見つけることが大切

日本では新卒を採用することが一般的なため、多くの企業で募集条件に挙がっている大卒資格。
会社によっては大卒でなければ選考に進めなかったり、高卒で入社できたとしても給与額に違いが出ることもあるようです。

しかし、近年は大学を卒業しても就職しないでニートとなる人が増えている傾向にあります。
なぜ彼らは、就職しやすい大卒資格を持っていながらニートになるのでしょうか。

当コラムでは、なぜ大卒ニートが就職しないのかを解説しています。
就職しない理由からニートを続けるリスク、就活方法までをまとめているので参考にしてみてください。

◆大卒ニートはどうして就職しないの?

日本の就職事情では、大学卒業後すぐに企業で働き始める新卒採用が一般的です。
転職などでも大卒の資格は強く、ほかの学歴に比べて就職しやすいのが特徴と言えるでしょう。

しかし、中には大学を卒業しても就職をせずニートになる人もいるようです。
今はニートでも、大卒という就職に有利なカードを持っていれば就職しやすいと考えられますが、ニート歴が長い人は以下のような理由で就職を避ける傾向があります。

・やりたいことがない

大学入学を目標に勉強しかしてこなかったり、親の言う通りにしてきたりした人は、「自分が何をしたいか分からない」「やりたいことがない」という理由から就活に積極的になれないようです。

・自分の能力に見合う仕事がない(プライドが高い)

成績が良かったり難関と呼ばれる大学に入学したりすると、周囲から褒められることもあるでしょう。
それが続くと「自分は能力の高い人間だ」と考えるようになり、就活を始めても「この仕事は自分の能力に合わない」と嫌厭することも。
また、就職しても「自分はもっとできる、この仕事では物足りない」と考えて退職してしまうこともあるようです。

・コミュニケーションが苦手

先述したように、高学歴と言われる人は勉強ばかりしていた傾向が強め。
そのため、勉強はできても周囲とコミュニケーションを取ることを苦手としている人もいるようです。
さらに近年はコミュニケーション能力の高さを重視する企業が増えてきていることも、ニートから卒業できない理由の1つといえるでしょう。

・働かなくても生活できる

親がまだ現役で働いている、ある程度裕福であるなど、働かなくでも実家で生活できるのも、就職を避ける理由に挙げられます。

・就活がトラウマになっている

在学中に就活をし、新卒で入社した会社で上手くいかなかったり、そもそも就活に挫折していたりと、就職することに対してトラウマを持っている人もいるようです。

◆今後もニートを続けるべきか考えよう

働いていない、家事をしていない、通学していない」がニートの定義とされているため、ニートである以上は日々の生活を貯蓄や家族の収入で賄っていると考えられます。

今はそれで生活できているかもしれませんが、年数が経つほど貯蓄は減り、親も高齢になって定年になることが簡単に予想できるでしょう。

生活が苦しくなってから就職すればいい、と考える人もいると思いますが、年齢が高いと就職が厳しくなるのに加え、ニート歴が長ければ長いほど内定を獲得することは難しくなるでしょう。

後回しにせずに、年齢が若くゆとりのあるうちに、将来をどうしたいかよく考えて行動することが大切です。

◆就職したいと思ったら

自分の置かれている状況を再考した結果、就職に前向きになった大卒ニートの人もいると思います。
新卒ではない大卒者が就活するには、どのような方法があるのでしょうか。

【ハローワークを使う】

ハローワークは厚生労働省が管轄している職業安定所です。
誰でも無料で就職相談から求人紹介、各種セミナーなどを利用することが可能。
地域ごとに設置されているので地元の求人が集まりやすい、求人数が多いことなどがメリットとして挙げられる一方で、大手企業の求人は少ない、職員の対応に差があるといったデメリットがあります。

【求人サイトを使う】

民間企業が運営している、求人情報を一括で掲載しているWebサイトを使うのも1つの方法。
スマートフォンやパソコンからいつでも求人を検索することができます。
メリットは情報量が多いこと、気軽に応募できることなど。サポート体制が不十分で自分で企業とのやり取りをしなければいけないことをデメリットと捉える人もいるでしょう。

【転職エージェントを使う】

転職エージェントも、民間企業が運営する就職支援サービスです。
ハローワークと同様に、就職相談やセミナー開催、求人の紹介などを実施しており、無料で利用できることがほとんど。
エージェントのメリットは、企業に事前にヒアリングを行っている(情報が信頼できる)、専任の担当がつく、就職後のサポートが充実していることなど。
デメリットはハローワークなどと比べて求人量が多くないこと、オフィスまで面談に行かなければならないこと、全国に対応していないことなどです。

地元で働きたいならハローワーク、気軽に求人を探したいなら求人サイト、第三者にアドバイスを貰いたいなら転職エージェントなど、自分の性格や目的に合わせて活用してみると良いでしょう。

求人の探し方が分からない、自分に向いている職種が知りたいなど、就職に関する相談はハタラクティブまでお問い合わせください。
ハタラクティブは、フリーターや第二新卒などの若年層を対象としている転職エージェント。
転職のプロがあなた専任となって、相談から企業探し、書類作成など内定獲得に向けてサポートいたします!
1週間で就活を終える方もいるので、就活が長引くのが嫌…という方にもおすすめです。
登録、ご利用は全て無料です。首都圏で就職を考えている方はぜひご利用ください。



職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ