就職するには準備がカギ?フリーターが正社員を目指す

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 就職するには準備がカギ?フリーターが正社員を目指す

2017/01/24

【このページのまとめ】

  •  

    ・就職を不安に思うのは、「フリーター経験しかないから」「ブラック企業が怖いから」

    ・正社員未経験者が応募できる求人はあるし、社員への待遇が手厚いホワイト企業も存在する

    ・正社員には、収入や雇用の安定、仕事を通して成長できるメリットがある

    ・自己分析は就職活動の第一段階。分析をもとに求人を探し、面接に挑む

フリーターとして働く人の中には、正社員への就職を考えたことのある人は少なくないでしょう。しかし就職活動というと「大変」「つらい」などネガティブなイメージがあり、なかなか勇気が出ない人もいるかもしれません。

そのまま二の足を踏んでいてはどんどん就職は遠のいてしまいますから、フリーターが就職するために必要なステップについて知っておきましょう。

◆働くことへの不安

 就職するにはさまざまなステップがあることはわかっているものの、そもそも求人が少ないのではと心配する人もいるでしょう。

新卒ではなく中途採用と同じ扱いになることが多いため、職歴がないことに不安を覚えるのも無理はありません。 

しかし求人広告を見るとわかりますが、「経験不問」あるいは「未経験歓迎」の企業は少なくありません。「フリーターだから」と先入観は持たず、積極的に求人を探してみましょう。

また、“正社員”に気後れしてしまう人もいるかもしれません。 

確かに正社員となると仕事がハードになることもありますし、責任も大きくなることが多い傾向にあります。
プレッシャーも増えるかもしれませんが、それに耐えられるかどうかはあなたの意欲次第と考えられます。 


始める前からネガティブな想像を膨らますのではなく、勇気を持って一歩踏み出すことが重要でしょう。

もし自信がないのなら、教育の体制や研修制度が整っている企業を探すのも1つの手段です。 

 

 

◆働くことへのマイナスイメージを変えよう!

「ブラック企業」「社畜」という言葉から、働くことへのネガティブなイメージを持っている人がいるかもしれません。

確かに世の中には劣悪な労働環境の職場や、社員を使い捨てるように働かせる悪質な企業も存在します。

 

一方で社員への待遇が手厚く、ワークライバランスがとりやすい「ホワイト企業」と呼ばれる職場も数多くあります。

就活時に応募先の企業を見極めることで、ブラックな職場を避けることは可能です。そのためには、興味のある業界全体の特徴を調べ、応募先の企業に関する情報収集を行います。また、自分自身の性格や価値観を改めて分析し、企業の仕事内容や風土と自分の性格、考え方が合っているかを確かめる作業も必要です。

入社前に入念なリサーチを重ねれば、自分の望まない就職先で働く事態にはならないでしょう。

 

 

◆就活への不安に悩まされたら・・・

また、就活自体が不安な人もいるでしょう。

就活がうまくいかない原因はいろいろ考えられますが、1つはスケジュールを立てずに次第に取り組んでしまうことが原因として挙げられます。 

せっかく選考が進んでいたのに、他の企業の面接日程と重なってしまった…といった事態を避けるためにも、じっくりと予定を立てて取り組みましょう。そして就活ではビジネスマナーを確認することも重要です。 

履歴書の書き方、面接での言葉遣い・服装など、就活ではさまざまな場面で社会人としてのマナーが求められます。
気付かずに失礼なことをしてしまっては採用が遠のいてしまうでしょうから、事前に確認しておきましょう。 

また自己分析、企業研究をおろそかにしていると失敗を招いてしまうことがあります。企業のニーズに合わなければマッチングは難しいですから、企業が求める人材、そして自分自身のスキルなどを確認しておき、需要と供給を一致させる努力が求められるでしょう。


このように、就活がうまくいかない原因はいろいろありますが、どれも自分の努力次第で変えられることばかりです。

「フリーターだからうまくいかない」といった先入観は捨て、自分のできることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

◆フリーターが正社員になるメリットは多い!

苦労して就活をしなくても、今の稼ぎで特に困ることはない。

 

そんな風に考えている方は、以下にご紹介する正社員のメリットを確認してみましょう。今は求人の選択肢が多くて仕事に困らなくても、フリーターのまま年を重ねると選べる求人は少なくなってきます。

同年代の人たちが昇進・昇給していく一方で、フリーターはほとんどの場合年収アップしないのが現実です。若いときは収入の差を感じにくいかもしれませんが、正社員とフリーターの生涯年収には大きなひらきがあります。

結婚や趣味の充実、老後の生活を考えたとき、本当に今のままで良いのでしょうか?

 

【正社員になるメリット】

・期間の定めがない無期雇用なので、生活が安定する

・万一リストラされても、正社員として充分なキャリアを積んでおけば好条件の職場に再就職できる

・月給のほかにボーナスがある、退職時に退職金が払われる

・福利厚生の適用範囲が広い

・仕事の責任はあるが、自己成長でやりがいを感じられる

 

正社員には時間的な自由度が低いといったデメリットがありますが、安定した収入基盤で余裕を持って生活し、自分の好きなことにお金を使えます。

「特に理由はないがなんとなくフリーターをしている」という人は、正社員を目指すのが今後のためになるのではないでしょうか?

 

 

◆採用までのステップ一覧

 就職活動をしたことがない方のために、就活の一連の流れをご説明していきます。

就活の全体像をつかんでおくと、次に何をしたら良いのかがわかるようになるでしょう。

 

・自己分析

自分の過去の経験や現在の状況を分析し、「自分はどんな人間なのか」を知る作業です。自分の性格や志向を知ることで企業選びに役立てたり、自分の強みを見つけたりすることができるでしょう。

自己分析で見つけた強みや価値観が、面接でのアピール材料にもなっていきます。

 

・求人探し

自己分析で自分のことがわかったら、それに合う求人を探します。ハローワークなど公的機関で求人を探すこともできますが、インターネットサイトを使うことも一般的です。

 

・履歴書の作成、および面接対策

そして応募する企業を決めたら、履歴書作成です。学歴などはテンプレート的な内容になりますが、自己PRは企業に合わせて変えていきます。学生時代やアルバイト経験のなかから、応募先の企業で活かせそうな実績をアピールしましょう。

書類と同様、面接も企業に合わせた対策が必要になるでしょう。採用の鍵は、企業のニーズに合わせて自分の能力をアピールできるかどうかです。

自己分析で見つけた強みのなかから、相手先の企業で活かせるものをピックアップして伝えましょう。

 

◆就活の不安はハタラクティブに相談を

就職の流れについてご説明しましたが、フリーターの方が1人で就職活動をするのは難易度が高く、どう動いて良いか戸惑っている方もいるのではないでしょうか?

 

「信頼できる企業の求人が見つけられるかわからない…」

「面接で話せる強みがない…」

「どうしてフリーターだったのか説明できない…」

 

そんな悩みや不安をお持ちの方は、お気軽にハタラクティブの就活アドバイザーまでご相談ください。


ハタラクティブは20代の若年層に特化した就職エージェントで、正社員経験がない方の就職を成功させてきた実績があります。

当サービスでは求人紹介のほか、書類・面接対策や自己分析のお手伝いをしているため、就職活動のやり方が全くわからないという方でも安心です。

まずはハタラクティブの登録から、就職への第一歩を踏み出しませんか?

 

 

 

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ