明日面談できます!

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. これって左遷?部署異動のあれこれ

これって左遷?部署異動のあれこれ

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・左遷とは現在の役職や立場から降格することを意味する。広義に解釈すると希望部署以外への配属や都心から離れた事業所への配置転換を指すことも
    ・人事異動=左遷とは限らない。組織編成の方針や理由は企業によって異なるため、様々な観点から人事異動が発令される
    ・左遷かどうかを気にするのではなく、「自身の成長やキャリア形成に必要か」という視点で異動を受けるか判断すると良い

急な話で戸惑う人も少なくない人事異動。特に左遷か栄転か気になる人は多いようです。会社から内示が出た際に、受けるべきか悩む方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、人事異動にまつわる様々な疑問とあわせて、左遷や栄転の判断基準について解説します。

◆「左遷」と「栄転」の正しい意味とは

「左遷」とは、主に降格する形での人事異動を指しますが、仕事の少ない部署に異動すること、希望していない部署や都心から離れた事業所への配属など、広い意味で使われる言葉です。
一方、「栄転」とは、現職よりも昇格する、本人の希望が通る形での人事異動のことを指します。社内で花形部署と言われるような部署への異動は総じて栄転とされることが多いでしょう。

企業によっては、事業方針の転換に伴う組織再編成のため、人事異動が突発的に行われることも。そのようなケースで内示を受けた場合は驚く人も多いようです。

人事異動というと部署異動のイメージが強いですが、実は以下のような内容が挙げられます。

・採用
・昇格、昇進
・降格
・配置転換(職種転換)
・出向
・解雇
・退職(定年退職、勧奨退職)

新しく人を採用する場合や定年退職なども人事異動として扱われるのがポイント。組織編成のために社員の配置や勤務状態に変化があることは全て人事異動に含みます。

人事異動の発令は、年度末である3月が多いですが、会社の年度設定を国際基準に合わせている場合は9月であることも。企業の事業方針や組織運営によっては、年度末に限らず人事異動が発令される場合もあります。

上記の中で一般的に左遷として扱われるのは「降格」を伴う「配置転換(職種転換)」「出向」の2つ。左遷という言葉は辞令の中で正式に使われるものではないため、企業側から公式に左遷と通達される可能性はほぼありません。

しかし、そのようなことから降格が伴っていない配置転換や出向の場合も「左遷されたのでは」と心配する人がいるようです。企業側から言われないだけに、自分の異動内容が左遷に当てはまるのか悩む人もいるのではないでしょうか。

次の項目では「左遷された」と感じる例について詳しく解説します。

◆それって本当に左遷?実例と解説

前の項目でも触れましたが、人事異動の発令で「左遷」という言葉は使われないのが一般的。それだけに人事異動について強い不安を感じる人も多いようです。
そこで、ここでは左遷されたのではと不安になる例を3つ挙げ、解説します。

・自分が希望していない部署や職種への配置転換
・現在の居住地から遠い地域の事業所への異動
・在籍する社員数が少ない部署や事業所への異動

入社当初から希望する仕事をしてきたが、数年後に希望していない職種・部署への配置転換や規模の小さい部署への異動を命じられた…というのは人事異動でよくある例です。
特に年度末でもないのに、突発的に発令された人事異動だと、左遷の可能性を心配する人も少なくないのではないでしょうか。

「希望していない仕事への異動ということは肩たたき?」
「引越しを伴う長距離の異動をさせることで辞めさせたいのでは?」
「能力がないから規模の小さい部署へ異動になったのでは…」

自身の異動内容からこのようなイメージを持ってしまう方もいるようです。
しかし、基本的には降格を伴うものでなければ左遷とは判断できないでしょう。というのも、配置転換(職種転換)には企業なりの理由があるからです。
代表的なものを下記にいくつか挙げました。

・職種転換をすることで、自社の製品知識や顧客ニーズを更に理解してほしい
・現職の中で、異動先の仕事に対する高い適性を見出した
・現職で得た知識や技術をスペシャリストとして異動先で活かしてほしい
・会社の新規事業に関わる部署でパイオニア的な人材が必要

どれも事業方針の変更や組織体制の強化が伴う理由です。そのようなことから、人事異動とは「最も効率的に利益を生み出すために会社が行う手段」と前向きに捉えたほうが良いのではないでしょうか。

加えて、人事異動の際は上司との面談があることがほとんど。自分の異動内容について疑問がある、理由が知りたいということであればそこで詳しく聞いてみるのも良いでしょう。

◆人事異動を受け入れるかの判断基準とは

ここまで、左遷と栄転の意味や企業側が人事異動をする理由について解説しました。
人事異動=左遷とは限らないことが分かりましたが、最終的に人事異動を受け入れるかの判断はどのようにすべきなのでしょうか?

実は、その判断基準は至ってシンプル。
その人事異動によって「自分が成長できるのか」を判断基準に決めれば良いのです。

自身のキャリアプランにフィットした異動内容なら、職場環境や仕事内容が変わったとしても最終的なゴールは同じ。自身の成長やキャリア形成につながる人事異動であればメリットは大きいのではないでしょうか。

「キャリアプランを特に考えていなかった」という方は、これを機に自分のキャリアについて見直してみることをおすすめします。
5年後、10年後、具体的にどのような立場で仕事を楽しんでいたいのか考えることで今やるべきことも見えてきますし、人事異動を言い渡された時にもブレない判断ができるでしょう。

キャリアプランを考えるには以下のようなやり方がおすすめです。

・プライベート、仕事のそれぞれで達成したい理想の自分を洗い出す
・洗い出した理想の自分を、5年後、10年後などの時間軸に当てはめる
・描いた理想から、現在の自分は何をやるべきなのかリストアップする

一見、プライベートはキャリアプランに関係なさそうですが、どのような暮らしがしたいのかを考えることは、収入や勤務時間などの労働条件面とリンクしています。
理想像をより具体的にするために不可欠な要素といえるでしょう。

理想像が具体的になるほど、今の自分がやるべきことを明確にできるため、キャリアプランも立てやすくなります。

いざ自分が人事異動をするかもしれない立場になるとあれこれ悩みがちですが、まずはなりたい自分についてしっかりと考えてみるのが大事。
その上で自分のキャリアにつながる人事異動であれば受けても良いでしょうし、合わないのであれば他に選択肢がないのか上司に相談してみるのもおすすめです。

それでも、会社と自分の間で働き方の理想や方針にズレが生じる場合は、転職するという手もあります。
1つの企業で長く勤めるのはキャリア形成の上で大事なことですが、それは「理想とする自分につながる仕事」という前提があってこそ。
将来的なキャリアを考えると、今の職場で経験を積むよりも転職したほうがメリットが大きいという場合もあるでしょう。


今回は左遷を含む人事異動全般の知識について詳しくご紹介しました。
人事異動は自分のライフスタイルにも大きな影響を与えるインパクトの大きい出来事ですが、必要以上に怖がることはありません。
左遷かどうか気にするよりも、「自分の成長につながるのか」「理想の自分になるためのキャリアになり得るか」という視点を大事に、人事異動を受けるかどうかを判断しましょう。

キャリアプランの立て方が分からない、今とは違う会社で経験やスキルを磨きたい、転職を考えているが何から始めたらいいのか教えてほしい…という方は、就職・転職サービスのハタラクティブへご相談ください。

ハタラクティブは20代に特化したサービスを提供している就職・転職エージェント。適性に合わせた求人紹介のほか、最新の企業情報に沿った履歴書作成指導・面接対策など、きめ細やかな配慮が特徴です。
厳選された求人数は常時1,000件以上。結果に結びつくサービス内容の質の高さを内定率80.4%(2015年7月)という高い実績が物語っています。

高卒、第二新卒、大学中退、フリーターなど、就職や転職が未経験の方も安心してご利用いただけます。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 大槻智映

    (Translated by Google) Thank you …

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    (Translated by Google) I don't kn…

    2020/12/14

  • ka

    (Translated by Google) The person…

    2020/12/12

  • Dan

    (Translated by Google) Thanks to …

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    (Translated by Google) The counse…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    (Translated by Google) I think it…

    2020/11/10

  • みやみや

    (Translated by Google) I was worr…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    (Translated by Google) The counse…

    2020/09/29

  • Jun

    (Translated by Google) With the p…

    2020/09/18

  • 羽場健二

    (Translated by Google) Thanks to …

    2020/09/18

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

あなたに合った仕事がきっと見つかる!

ご紹介するお仕事の仕事内容から職場の雰囲気までお伝えするので安心!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

 

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?