本日面談できます!

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 既卒者の就活方法とは?活動のポイントや注意点をチェック!

既卒者の就活方法とは?活動のポイントや注意点をチェック!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・既卒が就活する方法は、既卒や未経験を歓迎している求人に申し込むのがポイント
    ・既卒の仕事探しは視野を広く持ち、中小企業にも目を向けることが大切
    ・自己分析と業界、企業研究を行ってミスマッチのない就職を目指す
    ・試験やグループディスカッションの対策をすれば内定に一歩近づける
    ・既卒の就活は第一印象が評価を左右するので、身だしなみやマナーに注意する

既卒者の就活方法とは?活動のポイントや注意点をチェック!の画像

これから就活に取り掛かる既卒者の中には、「就活の進め方がわからない」「既卒は就職が難しいって本当?」といった疑問をもつ人もいるのではないでしょうか。納得のいく就職をしたいのなら、事前の準備が重要です。
このコラムでは、既卒の概要や応募できる求人内容、就活に適した時期などについて詳しくまとめました。正社員になろうと考えているなら、早めの行動を心がけましょう。
 

監修者:佐藤真也

キャリアコンサルタント

やりたいことやできることを一緒に考えて、ライフスタイルやご希望にマッチする仕事探しをお手伝いします!

既卒とは?

既卒とは、内定がないまま学校を卒業し、その後正社員として就職していない人を指します。卒業後およそ3年以内が目安で、どこまでを既卒として扱うかは企業によっても差があるようです。
似た言葉に「第二新卒」がありますが、こちらは新卒で入社した会社を数年以内にやめた転職者のこと。社会人経験がある点で既卒とは異なります。

 

既卒になる理由の1つは、新卒時の就活での失敗。内定が1つももらえなかったという人もいれば、内定は出たが納得のいく企業ではなかったので就職しなかった人もいます。
また、休学や留学をしていたために新卒の就活スケジュールに乗り遅れたり、公務員試験に落ちてしまったりして既卒になる人もいるようです。

既卒の就活は厳しいといわれている実態

既卒の就活が厳しいといわれているのには、下記のような理由があります。

 

・既卒は就業意欲が低いと考えている企業もある
・中途枠では社会人経験のある人と競うため不利になる
・社会人経験がないのでビジネスマナーが身についていない

 

「就職は新卒が有利」というイメージがありますが、既卒だからとって就職できないわけではありません。
最近では売り手市場による採用難から既卒を積極募集する企業が増えており、就職のチャンスは大きいといえるでしょう。
既卒は若さや他社に染まっていない柔軟性が評価されます。卒業後フリーター生活をしている人は、年齢が武器になるうちに正社員を目指してみてはいかがでしょうか。

既卒が応募できる求人は?

既卒は「既卒歓迎」「未経験歓迎」「新卒」などの求人へ申し込むことが可能です。それぞれの特徴について理解を深めておきましょう。

 

既卒や未経験を歓迎している求人

「既卒歓迎」と記載している求人であれば、応募要件を満たしたうえで申し込みが可能です。
既卒歓迎の求人なら、既卒について特筆していないところよりも採用の可能性が高くなるでしょう。
なお、既卒の応募を受け付けているものの、求人には明記していないという企業もあります。
気になる求人があれば、既卒でも申し込めるか問い合わせてみましょう。

 

「未経験者歓迎」の記載がある求人は、知識や経験がなくても申し込めるところが多いです。
また、未経験を歓迎する企業は、人材を一から教育していく姿勢で採用活動をしていると考えられます。

 

新卒枠で応募できる場合もある

厚生労働省の通達により、卒業後3年以内は新卒として扱っている企業が増加傾向にあります。そのため、既卒でも新卒枠で応募できる場合があるようです。
既卒を新卒扱いしていないところもあれば、5年以内であれば既卒として扱っているところがあるなど、新卒枠の基準は企業によって異なります。また、基本的には新卒募集としながら、人材に魅力を感じれば既卒を採用するという企業も。
すべての新卒向け求人に申し込めるわけではないので、応募前によく確認しておきましょう。

 

大手企業に挑戦するのも1つの手

上記のような条件を満たしていれば、大手企業の求人に挑戦することも可能。大手企業では教育体制が整えられており、収入面や待遇面にも期待できます。
既卒だからといって諦めずに挑戦すれば、チャンスを掴める可能性も考えられるでしょう。中小企業の求人にも申し込みながら、大手企業にチャレンジするのも一つの手です。

既卒の就活に適した時期とは?

新卒時とは違い、既卒の就活は期間が定められていません。時期を問わず活動できるのは既卒のメリットといえるでしょう。
ただし既卒の場合、3月または8~10月に内定を獲得しやすい傾向にあるようです。

 

新年度に合わせて人材を募集する企業が増えるため、3月は採用活動のピークといえます。3月のピークに合わせるなら、1月には就職活動を開始しておくのがおすすめです。8~10月は新卒枠で特に内定率が上がります。新卒枠を狙うなら、エントリー開始時期の3月から活動しましょう。

 

とはいえ、既卒は空白期間が長いほど不利になる傾向があります。正社員を目指したいと考えているなら、今すぐ行動するのが就活成功の第一歩です。

既卒が就活するときの3つのポイント

既卒の場合は、以下の3つのポイントを押さえて就活に取り組みましょう。

 

1.空白期間に取り組んでいたことをアピールする

大抵の面接では「既卒になった理由」や「卒業後のブランク期間」について質問されます。
面接で既卒になった理由を聞かれたら、事実を素直に答えるのが良いでしょう。
「新卒時の就活のスタート時期が遅れ、内定がとれなかったから」といった理由を正直に話したうえで、その時の反省と今後どうしていきたいかを伝えます。

 

留学していないのに「留学していて在学中に就活ができなかった」というように、回答で嘘をついてはいけません。面接官から細かな質問をされたときに上手く答えられなかったり矛盾が生じたりすると、印象が悪くなってしまいます。

 

自分の行動を見つめ直し、反省の姿勢や今後の前向きな展望を示した方が評価は高くなるはずです。
挫折経験があったとしても、そこから得られた学びがあれば採用面接でプラスに働くこともあります。不自然に事実を偽るより、等身大の自分の姿を伝えましょう。

 

2.視野を狭めすぎない

既卒が仕事を探すには、「視野を狭め過ぎないこと」も大切です。
最初から「この業界のこの職種がいい」と的を絞りすぎると、なかなか求人が見つからず、応募できる企業が限られてしまう恐れもあります。
自分の可能性を狭めないためにも、最初は幅広い業界や職種をリサーチし、興味のある分野を複数探し出しましょう。

 

また、大手企業ばかりに目を向けていると、就職のタイミングを逃す場合もあるので注意が必要です。大手は倍率が高く、採用のハードルも比例して高くなります。
企業規模や知名度以外に自分が重視する条件はないかをよく考え、優先度の高い求人に申し込みましょう。

 

3.就活サイト・ハローワーク・エージェントを有効活用する

既卒の就活は、第三者のアドバイスを受けながら進めるのがおすすめです。ハローワークなどの公的機関や、民間の就職エージェントを利用し、効率的に仕事を探しましょう。

 
就活サイト

既卒の場合であっても、新卒向けの就活サイトを利用できます。ただし、新卒のみで募集を制限されている求人もあるので注意が必要です。
中途向けの就活サイトにも既卒を対象とした求人が掲載されている場合があるので、両方に登録して積極的に申し込みをしましょう。

 
ハローワーク

ハローワークでは既卒の応募の可否を担当者が問い合わせてくれるので、効率的な活動ができます。
わかものハローワークなど、若年層に特化したサービスも展開。
ハローワークでは、説明会や就活に関する講習を案内してもらえる可能性もあるので、積極的に就活イベントの情報を聞いてみましょう。

 
就職、転職エージェント

自分の適性に合った求人を紹介してもらえる「就職・転職エージェント」を利用するのも一つの手です。
エージェントにしかない企業情報や非公開求人を有しているのが特長。アドバイザーとすり合わせながら、希望条件にマッチした就職先を見つけられます。
最近では既卒に特化した就職エージェントも展開されているので、悩みや不安を解消しながら仕事探しを実現できるでしょう。

就活のために準備するもの

新卒時に就活をしていなかった人は、スーツや鞄などのアイテムを一から揃える必要があります。就活のために準備しておくべきアイテムのポイントを確認しましょう。

 

スーツ

就職活動の場では、黒・紺・暗めのグレーなどの落ち着いた色のスーツを用意します。柄のあるものや明るい色のスーツはカジュアルな印象を与えてしまうので、避けるようにしましょう。

 

スーツを購入する際は、自分の体型に合ったものが選べるよう必ず試着することが大切です。サイズの合わないスーツは、採用担当者へだらしない印象を与えてしまう可能性があります。
どのようなスーツを選べば良いかわからない場合は、店員にアドバイスをもらいながら選ぶのがおすすめです。

 

男性の場合は黒い革靴を選びます。
ビジネスシューズの定番といわれる「プレーントゥ」や「ストレートチップ」であれば、どのような企業の面接に行っても違和感がありません。

 

女性の場合はヒールの高さが3~5センチの黒のパンプスを選びます。ヒールが苦手という人は、ヒール部分が太いものにすると歩行時に安定感が出るでしょう。普段パンプスを履かない人は、ストラップつきのデザインを選ぶと歩きやすくなります。

 

男女ともに、A4サイズの書類が入る黒い鞄を選びましょう。男性は手提げタイプ、女性は肩からかけるタイプが一般的です。鞄は底鋲のついたものにすれば、面接で床に置くときに形が崩れず自立します。

 

鞄の使い勝手は個人の好みもあるので、自分が入れたい荷物に対してポケットの数がちょうどいいかなど、店頭で手にとって比較してください。
素材は合成皮革などの軽いものが持ち運びに疲れないので、鞄選びに迷ったら重量にも注目しましょう。

就活の第一歩は自己分析から!

自分に合った仕事を見つけるには、自己分析が必須です。
「〇〇という仕事に就きたい」「〇〇という条件を満たす職場に就職したい」というように、仕事選びの基準を明確にすれば、自分の希望条件に合った企業を見つけ出せます。

 

自己分析では過去の経験を振り返り、印象的なエピソードを書き出してみましょう。
過去に取り組んだ活動に興味を持った理由や課題に対する向き合い方などを振り返ることで、行動・思考パターンが浮き彫りになります。
自分の行動・思考パターンがわかれば、長所や短所、仕事への適性などを把握できるはずです。

 

やりたい仕事がわからない方は、「過去にどのような場面でモチベーションが上がったか」を振り返るのがおすすめ。
また、小さな頃の夢や憧れを思い出してみると、それが就職活動のヒントになることもあります。

 

自分で判断するのが難しい場合は、家族や友人などの第三者に意見を求めるのも一つの手です。
第三者の意見を聞くことで自分では気づけなかった長所や短所を指摘してもらえる可能性があります。

業界研究・企業研究に取り組む

ある程度自分の志望が見えてきたら、業界や仕事、企業に関するリサーチを進めましょう。
就活の初期段階では、複数の企業が集まる合同説明会に参加すると、1日で幅広い業界や企業の情報を収集できます。既卒を対象とした合同説明会も開催されているので、インターネットなどを使って調べてみましょう。

 

目指したい業界について詳しく知りたいときは、業界地図や業界についてまとめられた書籍を読むとより深い情報を得ることが可能です。
情報収集の段階では自分の知っている業界にばかり目がいきがちですが、知らなかった業界に気づければ、その中にあなたに合った仕事を見つけられる可能性もあります。
広い視野をもって今まで知らなかった業界について調べ、志望先を固めていきましょう。

 

入社前に企業や仕事内容について調べれば、「イメージと違った」というギャップから早期退職してしまうのを防げます。せっかく就職できても、入社後にミスマッチが判明しては意味がありません。
就活中はやるべきことが多いですが、企業研究には必ず時間を割きましょう。

 

企業研究では、以下の項目を調べていきます。
・企業理念
・代表取締役
・設立年
・資本金
・本社や事業所の所在地
・取り扱っている製品やサービス
・製品やサービスのターゲット
・業態
・業績
・将来性
・社風
・業界内での位置づけ、他社との違い
・人事、教育制度
・福利厚生
・採用情報

 

代表取締役については、氏名や経歴、代表メッセージを押さえます。
社風を理解するのに参考になるのは、男女比や社員の平均年齢、意思決定がボトムアップ型かトップダウン型かなどの情報。
将来性に関しては、事業の展望を調べて今後どの程度成長が見込めそうか予測しましょう。
採用情報には働く上で大切な条件が含まれるので、給与はもちろん、休日や各種手当、転勤の有無などを詳しく確認してください。

自己PRと志望動機の対策方法

採用面接で必ず聞かれるのが「自己PR」と「志望動機」です。この2つは応募者の入社意欲や人柄、能力を知るために重視する企業が多いので、必ず対策しておきましょう。
以下に回答のアドバイスをまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

自己PR

自己PRでは、「私の強みは〇〇です」というように最初に簡単な結論を述べ、強みの根拠となるエピソードを紹介。
盛り込むエピソードは、「なぜその活動に取り組んだのか」という動機を伝えます。そこで起こった問題・課題を解決するために取った行動・行動の結果を簡潔に説明するようにしましょう。
その経験から学んだ分野や身につけたことが入社後にどう活かせるのかを盛り込めば、説得力のある自己PRへつなげられます。

 

志望動機

志望動機では、「なぜその企業でなくてはいけないのか」を説明できるかが重要です。
他社でも使い回せる志望動機は、業界・企業研究がきちんとされていないと判断され、採用担当者に評価されません。
自分の強みと企業の特徴を照らし合わせ、応募先の企業だからこそ自分が活躍できる点、やりたいことが実現できる点を、第三者が納得できる根拠を示して説明します。
入社意欲や入社後のキャリアプランを具体的に伝え、長期活躍していける姿勢をアピールしましょう。

試験対策をしておくと安心

企業によっては書類先行や採用面接のほかに、筆記試験を実施する場合があります。
就活で行われる筆記試験の種類は、学力や一般常識を測る「能力検査」と、仕事への適性や人柄、価値観を測る「性格診断」の2つ。
主流なテスト形式には「SPI」と「玉手箱」があり、どちらも能力検査と性格検査がセットになった試験となっています。

 

能力検査

能力検査には国語的な力を問う言語分野と、数学的な力を問う非言語分野の2つがあり、仕事をする上で必要となる基礎的な能力が評価されるようです。
能力検査に関してはSPIや玉手箱の問題集が販売されているので、試験に慣れるためにも過去問に取り組んでおきましょう。
「苦手な分野を重点的に練習する」「本番と同様に時間を意識して問題を解く」の2点を押さえれば、効果的な試験対策を行えます。

 

性格診断

性格検査は人柄や適性、企業との相性などを調べるもので、数百の質問を通して結果を導きます。
性格検査には言い方を変えた似たような設問が紛れており、嘘をつくと回答を進めるうちに矛盾が生じるので注意が必要です。
性格診断で理想の自分をつくれたとしても、実際の自分と企業との相性が悪ければ、入社後のミスマッチにつながってしまいます。
性格検査は一貫性のある回答ができるよう、正直に答えていくのがおすすめです。

グループディスカッションに備えよう

新卒枠で応募すると、グループディスカッションを行う場合があります。
グループディスカッションとは、企業が出した課題を複数の応募者で話し合い、チームとしての結論を導き出すもの。
企業の新規事業を考えたり、「理想の社会人とは?」という問いかけへの回答を話し合ったりと、正解のない課題が与えられます。

 

企業がグループディスカッションを行う目的は、一度に複数人の応募者を見て効率よく選考するため。応募者がチーム内で果たす役割や協調性、コミュニケーション能力などを評価する意図もあります。

 

グループディスカッションはメンバー同士の自己紹介から始まり、ある程度意見が出たら情報を整理し、結論を出して発表の準備をするのが一般的な流れ。
進行役となる「司会・リーダー」、時間を管理する「タイムキーパー」、出された意見をまとめる「書記」などの役割を決めたうえで議論を進めます。

 

グループディスカッションで役割をもたなかったからといって不採用になるわけではありません。
活発な議論の進行を意識したり、意見していない人に気付いて話すきっかけをつくったりと、自分ができることを取り組みましょう。
リーダーに向いていない人が無理に司会になるよりも、自分に合った立場でディスカッションに参加した方が、良い評価になることもあります。
周囲の意見にしっかりと耳を傾けつつ、積極的に自分の考えを発信することが大切です。

身だしなみにおける3つの注意点

面接の限られた時間で採用担当者へより良い印象を持ってもらうには、清潔感のある格好が何より大切。採用面接へ向かう前に、以下にご紹介する注意点を意識してください。

 

1.スーツや靴の汚れがないか

スーツのシワや肩まわりの汚れは思っている以上に目立ちます。使ったスーツはハンガーにかけて定期的にクリーニングに出し、清潔な状態を保ちましょう。
できれば就活中のスーツは2着あると、好きな時にクリーニングに出せて便利です。

 

面接の前日にパンツの折れ目が消えていないか確認し、とれていたらアイロンをかけましょう。ほつれもその都度確認して、あればすぐに切るようにします。
面接官によっては足元まで目を光らせているので、帰宅したら革用のブラシなどで汚れを落とす癖をつけましょう。クリームを塗ったり防水スプレーをかけたりすると、靴を長持ちさせられます。

 

2.就活にふさわしい髪型であるか

就活中は男女ともに清潔感のある髪型にする必要があります。髪型のポイントをそれぞれチェックしておきましょう。

 
男性の場合

男性の髪型は、おでこと耳周りを出すと表情が見えやすくなります。
就活中は黒髪が適しているので、明るめに染めている人は戻すようにしましょう。なお、地毛が明るめの人は黒に染める必要はありません。きつめのパーマをかけている人も、落とした方が無難です。
ワックスは控えめに使用し、清潔感を演出しましょう。

 
女性の場合

女性の髪型は、眉や耳が見えるようにスタイリングすると、前向きな印象を与えられます。前髪は横に分けてピンで留めたり切り揃えたりすれば、お辞儀をしたときに形が崩れません。
髪が長い人はハーフアップやポニーテールにまとめると、すっきりとした印象になります。就活中は明るすぎる色や派手な色の髪は避けましょう。

 

3.爪や髭は清潔に整えられているか

書類の受け渡しをする際、意外と手元は見られています。男女ともに爪は適切な長さに整えておきましょう。
就活中にネイルをしていると、マイナス印象を与える可能性があるので避けるのが無難です。
どうしてもという場合は、透明感のあるピンクやベージュなどの自然な色を選びましょう。

 

男性は髭の剃り残しや、シェービングクリームの落とし忘れに気をつけます。出かける前に鏡で最終チェックすると見落としを防ぐことが可能です。

印象が良くなる入退室のマナー

入退室時の振る舞いも第一印象を大きく左右します。下記で入室から退室までの流れを確認しましょう。

 

入室

入室時はドアを3回ノックし、「お入りください」と声をかけられたら扉をあけます。返事がない場合はしばらく待って再度3回ノックをしましょう。
部屋に入る時は「失礼いたします」と言い、後ろ手にならないように扉を閉めます。扉を閉めたら面接官の方に向き直って「よろしくお願いいたします」と挨拶し、お辞儀をしましょう。

 

面接官とお辞儀をしたら椅子の横まで歩き、相手から合図されたら着席します。椅子が複数ある場合は、出入り口に最も近い下座を選ぶようにしてください。
着席するときは、鞄を椅子の横に置き、コートやマフラーは鞄の上にのせましょう。

 

椅子に座る姿勢

椅子には浅く腰掛け、背筋をまっすぐに伸ばして座ります。最初は良い姿勢を保っていても、面接が進むにつれて崩れていく人が多いので注意が必要です。猫背になると自信のない印象を与えてしまいます。
男性は手を軽く握りこぶしにし、女性は両手を重ねてひざの上に置いて面接に挑みましょう。

 

退室

面接が終わったら椅子から立ち上がり、「本日はお忙しい中お時間をいただきありがとうございました」と挨拶し、お辞儀をします。それから扉の方に歩き出し、ドアの前で面接官に向き直って「失礼いたします」と言い、最後に再度深いお辞儀をしましょう。部屋を出たらドアを静かに閉めます。

 

建物を出るまでは携帯電話をいじったりネクタイを緩めたりしないようにしましょう。面接当日は「どこで誰に見られているかわからない」という意識をもち、最後まで気を抜かないことが大切です。
コートやマフラーは建物を出てから、邪魔にならない場所で着用してください。

ブラック企業の見分け方

これから就活を始める人の中には、「ブラック企業に出会わないか不安…」と思っている方もいるのではないでしょうか。
以下のようなポイントはブラック企業を見分けるヒントになります。求人内容や面接の雰囲気をしっかりチェックし、ブラック企業への入社を回避しましょう。

 

求人の掲載期間が長い

いつまでも求人が掲載されている企業や、頻繁に求人を出しているところは、人材が定着しないことによる人手不足にあります。離職率が高い企業は、労働条件や待遇面が整備されていない可能性も。
たびたび求人を見かける企業には警戒心をもつようにしましょう。

 

募集人数が極端に多い

企業規模に対してあまりに募集人数が多いところは、人材を大量に使い捨てている場合があります。
早めに内定を手に入れたい場合であっても、大量募集で条件の緩い求人には注意が必要です。企業情報や口コミを都度確認し、ブラック企業への申込みを避けましょう。

 

質問への答えを曖昧にされる

待遇面や労働条件の質問をしたときに回答を曖昧にする企業は、応募者に知られると不都合な事実を隠している可能性があります。
月の労働時間の平均や休暇制度など、具体的な質問をしても満足な回答を得られない場合は、求人への応募を避けた方が無難です。

 

面接官の態度が悪い

面接官の態度が横柄だったり、威圧的であったりする企業にも警戒が必要です。このような企業は社員に対して同じように接していたり、顧客からの評判が低かったりする可能性が考えられるでしょう。
面接は自分が評価されるだけでなく、応募者側が会社をチェックする機会でもあります。
「自分が会社を評価する」という意識を持ち、企業の姿を冷静に見極めましょう。

こんなときどうする?既卒の就活に関するお悩みQ&A

既卒の就活の方法で悩んでいませんか?ここでは、想定される既卒の就活に関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。

 

既卒の概要を教えてください。

既卒とは、内定がないまま学校を卒業し、その後正社員として就職した経験がない人のことを指します。
目安としては、卒業から3年以内の人が既卒として扱われるようです。詳しくは、このコラムの「既卒とは?」をご覧ください。

既卒は就活に不利ですか?

新卒に比べると不利な部分もありますが、まったくチャンスがないわけではありません。
早めに就活を始めれば、就職できる可能性は十分にあります。企業によっては既卒を積極的に採用している場合もあるので、最初から諦めないことが大切です。

既卒が応募できる求人はありますか?

あります。
未経験者歓迎の求人や、既卒歓迎の求人を重点的に探してみましょう。また、ハローワークでは「3年以内既卒者トライアル雇用」に対応している求人も取り扱っています。根気よく探せば、既卒の方も自分に合った仕事を見つけられるでしょう。

既卒が就活を成功させるための方法を教えてください。

まずは自己分析から始めましょう。
自分の希望を明確にするには、自分自身のことを知っておくことが大切です。自己分析でやりたいことが分かってきたら、業界・企業研究で志望先を絞り込みましょう。また、筆記試験や面接の対策をしておくことも大切です。詳しくは、「既卒者の就活、正しいやり方とは?」をご覧ください。
また、若年者の就活・転職支援に力を入れているエージェントの利用もおすすめの方法です。
ハタラクティブでは、既卒の就活サポートに対応しています。正社員就職を目指している既卒の方は、お気軽にご相談ください。

就活をスムーズに進めるには

「就活のやり方がわからない…」「新卒で失敗しているので自信がない…」
そんな悩みをお持ちの方は、就職・転職エージェントのハタラクティブまで気軽にご相談ください。
ハタラクティブでは、専任のアドバイザーが、マンツーマンであなたの就職を親身に支援いたします。

 

当サービスではまずはカウンセリングを行い、希望条件をヒアリング。仕事に求める条件や適性を把握したうえで、納得がいくまで求人提案を行います。
また、応募先の企業に合わせた書類や面接対策の指導もするため、ハタラクティブなら1人で就活をするより安心です。

 

アドバイザーとはチャットツールで連絡がとれるため、就活の悩みや不安をいつでも相談できます。
就活をスムーズに進めたいと考えているなら、ハタラクティブの就職支援サービスを活用してみませんか。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 大槻智映

    (Translated by Google) Thank you …

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    (Translated by Google) I don't kn…

    2020/12/14

  • ka

    (Translated by Google) The person…

    2020/12/12

  • Dan

    (Translated by Google) Thanks to …

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    (Translated by Google) The counse…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    (Translated by Google) I think it…

    2020/11/10

  • みやみや

    (Translated by Google) I was worr…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    (Translated by Google) The counse…

    2020/09/29

  • Jun

    (Translated by Google) With the p…

    2020/09/18

  • 羽場健二

    (Translated by Google) Thanks to …

    2020/09/18

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

 

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?