新卒で入社したばかり…転職できる?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 新卒で入社したばかり…転職できる?

公開日:

入社して3ヶ月、すでに辞めたいですがどうしたらいいでしょう

新卒で企業へ入社して3ヶ月です。思っていた会社と違い、もうすでに転職したいと感じています。まだ新卒で入社したばかりなので辞めないほうが良いのでしょうか?それとも今のうちに転職したほうが将来の自分のためになるのでしょうか?

新卒で入社したばかりということなので、少なくとも半年は辞めない方が良いでしょう。新卒採用と比べて転職は難しくなってきますので、それなりの覚悟も必要。それでもどうしようもない理由で辞めたい場合は、必ず次のお転職先を決めてから行動しましょう。

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

◆新卒入社後すぐに仕事を辞めたいと思う3つの理由

新卒で入社したばかり…転職できる?

1.人間関係がつらい…

「理不尽な上司や同期と上手くいかない」など職場でのトラブルや人間関係に問題を抱えている

2.激務についていけない…

「仕事が終わるのが21~23時で残業時間が多すぎる」「仕事量に対して賃金が少ない」などの不満がある

3.仕事に対する理想と現実のギャップ…

「入社前に想像していた仕事と違った」「地味な仕事ばかりでやりがいがない」「自分に合わない仕事だった」など、仕事に対する理想と現実のギャップを感じている

上記に挙げた3つが特に、新卒で入社して間もない方が仕事を辞めたいと思う理由として挙げられることが多いようです。ほかにも、内定に向かって就活を一生懸命頑張りすぎた方に多い「燃え尽き症候群」や入社した企業が「ブラック企業だった」など、辞めたいと感じる理由やきっかけは様々でしょう。また、新卒入社して早い段階で「会社を辞めたい!」と考える方の多くに共通して言えるのは、「生活の変化に対応できない」ということです。入社前に学生として過ごしてきた環境や築いてきた人間関係とは全く違う社会に出ることで、そのギャップを感じてしまうようですね。

◆仕事をすぐに辞めるデメリット

1.経歴書に転職歴がつく…

経歴書に短期間で転職したことが記載されると、転職活動の際不利になる
たとえ前向きに会社を辞めたとしても「忍耐力がない」などと判断されてしまうリスクがある

2.会社をすぐに辞める人と思われる…

今後転職活動を行う際、人事担当に「すぐに辞める人」と受け取られてしまう

3.新卒ではなくなる…

新卒一括採用制度を採用している日本では、「新卒」という肩書は就活にとても有利なのが現状
第二新卒の就職先は新卒に比べ少ない

短期間で仕事を辞めたり転職活動をしたりすると、たとえどんな理由があったとしても人事担当者の見方はどうしてもシビアになります。会社を短期間で辞めたり入社したりを繰り返す「ジョブホッパー」になってしまうと、転職活動は極めて困難なものになってしまいます。新卒採用に比べ、就職先として候補に挙げることができる求人の数が少なくなるということも充分に考慮した上で、転職を検討しましょう。

◆仕事をすぐに辞めるメリット

1.早く軌道修正できる…

未経験の仕事に正社員として就くのは25歳くらいまでが限度と言われており、早めに軌道修正した方が同世代とのキャリアの差が少ない

2.失敗を活かして就活できる…

企業選びに失敗した経験をを活かしてもう一度慎重に企業選びができるため、自分に合った仕事に挑戦しやすい

仕事を辞めるなら早いほうが転職先でのキャリアプランを立てやすいでしょう。自分に合った仕事や本当にやりたい仕事を見つけてすぐに再出発できれば、それに越したことはありませんね。しかしながら転職の際にしっかりと自分の「適性」を見極めて就職活動をしなければ、再び同じ道を辿ることになりかねないということも、覚えておきましょう。

◆それでも辞めたい場合はどうすればいい?

メリット・デメリットを知った上で、それでも今の仕事を辞めたいと考える方は、必ず転職先が決まってから行動するようにしましょう。正社員を目指すなら、仕事を辞めてからの空白期間があるとそれだけ就職は難しくなってしまいます。できるだけ仕事に就いている期間が長いほうが転職時の採用選考で話が通りやすい面もあり、辞めるタイミングも重要です。少なくとも半年、できれば1年間仕事を続けることをおすすめします。
ただし、どうしようもない理由がある場合…例えば精神的や肉体的に何か不具合の出るレベルにつらい場合には、すぐにでも辞めて転職活動をしましょう。
第二新卒の就職活動は新卒と比べて難しくなることが予想されるため、相当の覚悟を持って取り組む必要があります。


職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ