やりがい搾取とは?意味や企業の実態を解説!抜け出すための対策法も紹介

やりがい搾取とは?意味や企業の実態を解説!抜け出すための対策法も紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・やりがい搾取とは、やりがいを利用して長時間低賃金で働かせて利益を搾取する行為
  • ・ブラック企業ではやりがい搾取が常態化していて、ワーカホリックになる社員が多い
  • ・真面目で努力家の人ほどやりがい搾取の対象になりやすい
  • ・やりがい搾取が酷い場合は労働基準監督署などに相談しよう
  • ・やりがい搾取から抜け出すためには転職することもおすすめ

「どこまでがやりがい搾取なの?」「自分はやりがい搾取に遭っているのは?」などの疑問や不安を感じている方も多いのではないでしょうか?
やりがい搾取とは、やりがいを利用して社員に低賃金で長時間働かせることです。ここでは、やりがい搾取をしている企業の実態とそこから抜け出すための対策を解説します。
やりがい搾取の被害に遭いやすい人の特徴も紹介しているので、気になる方はぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

やりがい搾取とは

やりがい搾取とは、経営者が社員の「やりがい」を利用して、低賃金や不当な長時間労働を強いて利益を搾取する行為のことです。

仕事に対するやりがいというのは、業務を心から楽しむ気持ちや、与えられた役割を達成して充実感を感じたりすることです。
やりがいは仕事をするうえでのモチベーションを高め、個人の成長や継続力や企業の競争力も高める非常に大事な要素ですが、賃金や賞与などのように形にはなりません。

社員が自主的にやりがいを求めて働くのは良いとしても、やりがいを餌に雇用主が意図的に過剰労働をさせた場合は、ハラスメントとなり労働災害に発展することもあります。
無意識にやりがい搾取の状況下におかれて働き過ぎたり、ワーカホリックの状態に陥ったりしている社員もたくさんいるのが現状です。

やりがい搾取は社員の身も心もむしばむ

低賃金で長時間働かされた社員は、心身の健康を壊してしまうリスクが高くなります。
また、正当な対価を受けることができない状況が当たり前になってしまえば、対象になった業界全体の賃金相場を低下させることにもつながります。

やりがい搾取に遭うと社員は仕事に対する自信を失い、希望をもって就いた職業を嫌いになったり挫折したりすることもあるようです。
身も心もむしばむやりがい搾取に早く気づいて対策をすることは、自分を助けるだけでなく、業界全体の衰退を防ぐことにもなります。

どうしたら仕事にやりがいを持てるのかを知りたい方には、仕事へのやりがいについて詳しく書かれているコラム「人によって異なる仕事のやりがいとは?」がおすすめです。
また、仕事が面白くなくて苦痛を感じている方は、仕事が面白くなるコツなどを紹介しているコラム「仕事が面白くない…満足のいかない毎日をどうする?」をチェックしてみてください。

やりがい搾取が生まれる4つの理由

ここでは、やりがい搾取が生まれる4つの理由を紹介します。
やりがい搾取という言葉は2007年前後から使われるようになり、その後日本社会でも広く認知されるようになりました。

1.雇用主による人件費削減

雇用主による意図的な人件費削減が、やりがい搾取を生み出す一番の原因です。
ブラック企業と呼ばれる会社の多くがやりがい搾取をしています。ブラック企業で働く社員の多くが心身をむしばまれながら、使い捨ての駒のように働かされています。

ブラック企業ではやりがい搾取が常態化していて、ワーカホリックになる社員が多いのが現実で、給料以上にやりがいがあるといった言い分を振りかざし、低賃金のままできるだけ長く会社に留まるように画策するようです。
ブラック企業に明確な定義があるわけではありませんが、過酷な状況で長く勤務してもほとんど給料がアップしないという特徴があります。

2.上司による洗脳

やりがい搾取が生まれる理由として、上司による洗脳も挙げられます。
特に若手社員は、上司に言われたことに忠実に従い希望も抱きやすいため洗脳されやすいようです。上司は自分の評価を高めることだけを考え、部下の忠誠心を利用して結果的にやりがい搾取が生み出されます。また、社長自らが意図的に社員を洗脳しているケースもあります。
社員の小さなミスにつけ込むなど、いろいろな手口を使用した社長や上司の洗脳は、多くの企業で行われているようです。

3.ポストやステータスを与える

会社員にとって、ポストやステータスを与えられることは大きなやりがいにつながります。そのことを承知したうえで、あえて実績もあげていなければ能力もない社員に主任や課長などのポストを与えて、やりがい搾取をする経営者が存在しているのも現実です。

自分は他の社員よりも優れた特別な存在だと思わせれば、役職に見合わない低賃金で働かせても文句を言わず、むしろやりがいを持って働いてくれる可能性は高いです。能力がない社員ほどポストやステータスに捉われやすいことを、ブラック企業の経営者は熟知しています。

4.伝統的な業界構造

伝統的な業界構造が、やりがい搾取を生み出しているケースも少なくありません。
特に日本古来の伝統的な師弟関係が成り立つ職人などの世界では、一人前になるまでほとんど給与を受け取れないまま働かされることが当たり前になっています。また、伝統工芸職人などは時代が進むにつれ伝統工芸品の需要が減少していることもあって、現実的に弟子の収入の面倒をみられなくなってきているということもあるようです。
そのことを知ったうえで職人などの世界に足を踏み入れるなら良いとしても、そうでなければやりがい搾取をされたと感じてしまうのは、今の時代では当然のことでしょう。

これから就活をはじめる方で、仕事におけるやりがいについて知りたければ、やりがいの見つけ方などについて詳しく紹介しているコラム「仕事におけるやりがいとは?面接で聞かれる意味や探し方をご紹介!」をチェックしてみてください。

やりがい搾取されやすい人の4つの特徴

やりがい搾取に遭いやすい人には、以下のような4つの特徴があります。
「長く勤務しているけど給料が上がる気配がない」「時給換算してみたらアルバイトよりも収入が低かった」「残業をたくさんしても給与があまり変わらない」「有給休暇がなかなか取れない」「上司が自分の意見を全然聞いてくれない」などの不安や不満のある方は、やりがい搾取に遭っていることを疑ってみましょう。

1.真面目で努力家の人

前項でやりがい搾取が生まれる理由の一つに上司などの洗脳があると説明しましたが、真面目で努力家の人ほど洗脳されやすい傾向があります。ブラック企業の経営者などは、就活時の性格テストや面接時に、求職者の性格を見極めて取り込もうとすることもあるので注意が必要です。
真面目な人ほど仕事に対しての責任感も強いため、高いノルマを与えられてそれを達成できなければ、低賃金でも仕方がないと思うところがあります。
やりがい搾取をしている人はそこに付け込み、当人には気づかせないで長く過重労働をさせているケースもあるのが現実です。

2.社会経験が乏しい若手社員

新入社員をはじめとした、社会経験が少ない若手社員はやりがい搾取に遭いやすいです。
十分な知識が一般常識を持たない人ほど、社会経験豊富な経営者や上司の餌食になりやすく、やりがい搾取に気づくまで時間がかかってしまいます。

3.正社員の子育てママ

正社員の子育てママも、やりがい搾取に遭いやすいです。
アルバイトやパートであれば子育て世代のママたちでも仕事を探すことは難しくありませんが、正社員になるのは簡単ではありません。そこに付け込んで就職させて恩を着せて、低賃金で過重労働を強いる悪徳経営者も少なくありません。

4.異なる職種に転職した業界未経験者

今までと全く異なる職種に転職した業界未経験者は、若手社員と同様に業界の知識に乏しいためにやりがい搾取に遭いやすいです。
特に自分が憧れている仕事に就いた場合は、多少条件が悪くても我慢してしまう人が多く、やりがい搾取をもくろむ経営者に付け込まれやすくなっています。

仕事にやりがいを持てない理由を知りたい方には、やりがいを感じない原因や対処法などが書かれているコラム「仕事にやりがいを感じない時はどうする?原因や対処法を知ろう!」がおすすめです。

やりがい搾取に遭いやすい6つの職業

やりがい搾取に遭いやすい6つの職業を以下に紹介します。
「若手社員が多い」「営業時間が長い」「下積み時代が必要」「サービスを提供する」などの職場で、やりがい搾取が発生しやすいようです。

1.介護職

介護の仕事は、サービスを提供する人との距離が近く感謝されることも多いことから、やりがいを感じやすい特徴があります。
また、職業柄過酷な作業が多いことが当たり前になっていることから、労働に見合わない低賃金でも納得してしまいやすいようです。

2.保育士

保育士の仕事は人から感謝されやすく、やりがいを感じやすい特徴があります。
過酷な仕事にも関わらず、育児や家事の延長だと思われる面もあることから、本人も低賃金でも仕方がないと思ってしまう傾向にあるようです。

3.コンビニの店長

コンビニでの仕事は、接客だけではなく仕入れや在庫管理の他にもやることが多く、店長ともなれば社員教育や店舗経営にも関わらなくてはいけません。
アルバイトが多いことも特徴で、人材を確保できない場合は店長が代理出勤しなければいけないことも多く、過重労働になりがちです。

4.飲食店の店長

居酒屋やファミレスなどの飲食店の店長は、周りの多くがアルバイトであることから、残業がどうしても多くなります。サービス残業を強いられるケースも少なくありません。
目標売上に達成しなければ責任を負わされることも多く、やりがい搾取に遭いやすくなっています。

5.営業マン

ノルマが課される営業マンは、目標を達成できればやりがいを感じやすいことから、ワーカホリックになりやすい特徴があります。
一方で、ノルマを達成できなかった場合は自分のせいだと思い込みやすい傾向が。ノルマを達成するには残業をするしかないと考え、心も体も壊してしまうことが多いです。
ブラック企業の経営者は、きついノルマを社員に課して、それを達成できないうちは安い賃金のまま長く働かせることがあります。挙句に社員に自社の製品を購入させるケースも少なくありません。

6.アニメーター

アニメーターなど、趣味に関わる夢のある職業では、やりがい搾取が行われやすくなっています。
経営者が意図しなくても、予算や締め切り日などが設定されていることから、どうしても低賃金の長時間労働を強いられるケースが多いようです。

また、伝統工芸の職人のように、アニメーターは高い技術が必要な職業であるため、一人前にならないうちは安月給でも仕方がないと思っている方もたくさんいます。
文化庁が発表している「アニメーション制作者実態調査報告書2019」によると、アニメーターの平均年収は約440万円と全体的には全職業の平均年収と大きな違いはありませんが、年収200万円以下が全体の2割以上もいて、8.3%は100万円以下の低賃金で働いているのが現実です。

やりがいの持てる仕事を探したい方には、やりがいのある仕事に就くにはどうすればいいかが書かれているコラム「どうやって探す?やりがいのある仕事の見つけ方」をあわせてご覧ください。
また、仕事にやりがいを持てなくなって、何のために働いているのか不安になっている方は、人が何のために働くのかなどを紹介しているコラム「なんのために働くのか…分からなくなったときのヒントや面接の対策法を解説」がおすすめです。

やりがい搾取から抜け出すための3つの対策

やりがい搾取から抜け出したい方は、以下に紹介する3つの対策を試してみてください。

1.思い切って休みをとる

仕事よりも優先すべきことは、自分の健康を守ることです。
経営者や上司の言いなりになって無理をして働き過ぎると、心や体の病気になって仕事をすることができなくなってしまうこともあります。ブラック企業の経営者は、社員が苦しんでいても病気になっても助けてくれないので、本当に苦しいときは思い切って休みをとりましょう。

2.労働組合や労働基準監督署や弁護士などに相談する

休みたくても許可を出してくれない、理不尽な要求ばかりしてくるなら、労働組合や労働基準監督署などに相談しましょう。それでも何も改善されない場合は、弁護士に相談することをおすすめします。
やりがい搾取の中には法律違反に該当しているケースも少なくなく、その場合は法の専門家の力を借りることが得策です。
相談に行くときや裁判を行うときには、証拠を集めておくことで戦いを有利に進めることができます。

3.転職をする

やりがい搾取をするような会社に無理に留まるよりも、早めに見切りをつけて転職をするのも良い方法です。
若いうちに転職を決心した方が就活を有利にできる可能性が高く、ブラック企業から抜け出すためなら真っ当な転職理由として認められるでしょう。

自分では希望に合った転職先を見つけられないという方や、「自分はやりがい搾取に遭っているのは?」などの疑問を持っている方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
若年層の就職、転職をサポートしているハタラクティブでは、あなたの疑問に答えてベストな方法を提案させていただきます。
転職を希望される方には、経験豊富なキャリアドバイザーが求職者一人ひとりの適性を確認して最適な職場を紹介。履歴書の作成から面接対策まで、就活の全てを手取り足取りサポートして、転職を成功へと導きます。
サービスはすべて無料でご利用いただくことが可能です。まずはお気軽にハタラクティブまでお問い合わせください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION