未経験の職種に挑戦したい!自己PRのポイントとは?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 未経験の職種に挑戦したい!自己PRのポイントとは?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・未経験の職種への転職は、企業側のメリットもあるため成功する例が多くある
    ・未経験者の自己PR のコツは「やる気」や「これまでの経験を転職先でどう活かすか」を的確に伝える事
    ・自己PRでは「受け身でいること」や「謙遜しすぎること」でネガティブな印象を残さないようにする

これまでの仕事とは違うことをしたい、未経験だけど希望する職種へ転職したい、と考える方は少なくないでしょう。企業側が未経験者を採用する利点もあり、未経験の方でも転職に成功する方は多いといわれています。初めての分野に挑戦するには、どのような点に気をつけて就活を進めていけばよいのでしょうか?
このコラムでは自己PRのコツを中心に、未経験の業種・職種への転職ポイントについてご紹介します。

◆未経験の業種・職種に就職したい!

「今の仕事が向いていない」「昔から憧れていた職種にやっぱり挑戦したい」と、入職後に気がつく場合があるかもしれません。その時には、思い切って転職を考えるのも一つの方法です。

【企業側にもメリットがある】

企業側にとっても、未経験者を採用するメリットがあります。たとえば「別の企業での経験があり、柔軟性が期待できる」「経験不足かもしれないが、その分伸びしろがある」といった点です。

【未経験だからという理由だけで諦めるのは早い】

企業側に十分な教育制度があれば、育成は入職後でも間に合うため、経験を問わずに募集している場合もあります。未経験だから、という理由だけで諦めてしまうのはもったいないといえるでしょう。

次の項目を参考に、企業側に効果的に自分をアピールできるよう、準備しておくことをおすすめします。

◆未経験者の自己PRのコツ

未経験の分野に転職する場合、以下の点に気をつけて自己PRすると良いでしょう。

【熱意とやる気】

仕事として働いた経験がなくても、資格を取得している、独学で勉強している、など転職に向けて努力している点をアピールしましょう。企業側に意欲を伝えられます。

【これまでのビジネス経験】

今まで働いてきた会社で、基本的なビジネススキルを身に着けてきたことをしっかりと伝えましょう。どんな業務経験があるのかを具体的にまとめておくことが大切です。

接客業で培ってきたマナーやお客様の苦情対応など、異なる職種でも活かせるスキルがあれば、大きなアピールポイントとなるでしょう。

【未経験から応募するに至った理由】

なぜ、未経験の職種に応募しようと思ったのか、その理由を伝えることも重要です。興味を持ったきっかけや、これまでの経験との共通点を挙げることで説得力を持たせ、わかりやすく説明しましょう。

◆やりがちなミスに注意!

この項目では、やってしまいがちなミスについてまとめました。ネガティブな印象を与えないよう、以下の点には注意していきましょう。

【受け身の姿勢でいる】

自分から努力する姿勢を示さず、ただ「教えてもらいたい」という受け身の態度を見せるだけでは、やる気を感じてもらうことはできないでしょう。「どのように自己啓発してきたか」「入社後どう活躍したいか」など、ポジティブな姿勢をアピールするのが効果的です。

【やる気だけのアピールは避けた方が良い】

やる気を見せることは大切ですが、それだけでは新卒との差をつけることはできません。コミュニケーション能力といった社会人としての基礎力に加え、これまでの経験を新しい職種でどのように活かすのかを伝えることが大切です。

【謙遜しすぎない】

謙遜は美徳という風潮があるため、つい「最初はついていけないと思いますが、努力します」「初めてなので、お役に立つことは難しいかもしれませんが、精一杯頑張ります」などと言いたくなるかもしれません。

しかし、面接ではへりくだりすぎる印象を与え、自信のなさが際立つことにもつながります。根拠のない自慢ばかりの自己PRもいけませんが、謙遜のしすぎにも気をつけましょう。

未経験からの転職は、やっぱり不安、という方はエージェントに相談してみるのもよいでしょう。
ハタラクティブでは、就活のプロが丁寧にアドバイス。求人数も豊富なので、あなたの希望や適性に合う職場をおすすめすることが可能です。ぜひ、一度ご相談を!

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ